社労士超高速勉強術にようこそ♪

ようこそ!社労士超高速勉強術へ

WS000000左の合格証書がわたしが、平成14年に取ったものです。

実は、この平成14年に社労士以外に、行政書士、宅建とトリプル合格を果たした実績がございます。

この時の経験に立って、社労士超高速勉強術及び宅建超高速勉強術と言う

 

勉強法マニュアルを、平成9年から提供させていただいています。
おかげさまで、大変多くの合格者を生むことができ、満足しておりましたが、
まだまだ多くの方に、この勉強法を知っていただこうと考え、

完全無料の当ブログを立ち上げることに致しました。

当ブログは、社労士の勉強において何が大事かを、書いていきたいと思っています。

ただ購入者の方のみ閲覧可能なページもございますので、 ご了承ください。

当ブログの特徴

当ブログは社労士の出題傾向を分析すると共に、
最も大事な過去問を徹底解説していきます。

過去問を制覇なくして合格はあり得ませんので、
ぜひ、当ブログで勉強して行ってください。

ご質問などがございましたら、遠慮なくコメント欄に記入をお願いします。
精神誠意お答えしたいと思います。

社労受験の心構え

このブログを見ているあなたは、社労士受験に不安を覚えている方
だろうと推察します。

社労士に限らず、受験勉強は誰でも不安なものです。
勉強をやればやるだけ、不安が増大してくるのもわたしは知っています。

しかし、その不安を乗り越えて、やり切った者のみが、合格者となることを
どうぞ、肝に銘じて最後まで勉強をしてください。

合格率が7%,8%とか言う社労士の試験ですから、
中途半端な勉強を繰り返しても、合格するのはまず無理です。

一生に一度と思って、やれるところまで自分を追い込み、
これでもか、これでもかの精神で勉強して見てください。

がんばった人が、報われるのが社労士の試験です!

ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

社労士過去問 平成21年度 労働保険徴収法 第10問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 労働保険徴収法 第10問 問題

以下の派遣労働者に係る平成25年度分の労働保険料(確定保険料分)について、派遣元事業主及び当該派遣労働者に係る労働者派遣の役務の提供を受ける者(以下「派遣先事業主」という。)が納付するものとして、正しいものはどれか。なお、賃金総額及び派遣元事業主、派遣先事業主の事業内容等は、以下のとおりである。また、派遣元事業主は、下記派遣先にのみ労働者を派遣するものである。

派遣労働者 平成25年度において、派遣元事業主が雇用した満60歳以下の労働者であり、雇用保険の一般被保険者である。
派遣労働者の総数は30名である。
賃金総額 平成25年度において、上記派遣労働者に支払われた賃金総額は、1億円である。

 

派遣元事業主 派遣先事業主
事業内容 その他の各種事業
(労働者派遣事業)
自動車製造業
(参考)
保険率

(労災保険率)
・輸送用機械器具製造業(船舶製造又は修理業を除く。)

1000分の4.5

・その他の各種事業    1000分の3

(雇用保険率)
・一般の事業       1000分の13.5

 

  派遣元事業主 派遣先事業主
A なし 1億円×(1000分の4.5+1000分の13.5)
B 1億円×1000分の13.5 1億円×1000分の4.5
C 1億円×1000分の13.5 1億円×1000分の3
D 1億円×(1000分の3+1000分の13.5) なし
E 1億円×(1000分の4.5+1000分の13.5) なし

「社労士過去問 平成21年度 労働保険徴収法 第10問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成21年度 労働保険徴収法 第9問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 労働保険徴収法 第9問 問題

労働保険の保険料等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、以下において、「労働保険徴収法施行規則」とは「労働保険の保険料の徴収等に関する法律施行規則」のことである。

A.雇用保険に係る一般保険料の額の免除の対象となる高年齢労働者とは、保険年度の4月1日において65歳以上である労働者をいう。

B.事業主は、賃金総額の見込額が増加し、増加後の見込額が増加前の見込額の1.5倍を超え、かつ、増加後の見込額に基づき算定した概算保険料の額と既に納付した概算保険料の額との差額が150,000円以上であると見込まれた場合には、その日の翌日から起算して30日以内に、増加後の見込額に基づく労働保険料の額と納付した労働保険料の額との差額を納付しなければならない。

C.事業主が労働保険徴収法第19条第5項の規定による労働保険料又はその不足額を納付しなければならない場合には、天災その他やむを得ない理由により労働保険料又はその不足額を納付しなければならなくなったとき及び労働保険料又はその不足額が1,000円未満であるときを除き、事業主は納付すべき額のほかに納付すべき額(その額に1,000円未満の端数があるときは、その端数は切り捨てる。)に100分の10を乗じて得た額の追徴金を納付しなければならない。

D.賃金の日額が11,300円以上である日雇労働被保険者に係る印紙保険料の額は、その労働者に支払う賃金の日額に雇用保険率を乗じて得た額である。

E.水産動植物の採捕又は養殖の事業であって、賃金総額を正確に算定することが困難なものの一般保険料の額は、その事業の種類に従い、漁業生産額に労働保険徴収法施行規則別表第2に掲げる率を乗じて得た額に労働保険徴収法第12条の規定による一般保険料に係る保険料率を乗じて得た額である。

 

「社労士過去問 平成21年度 労働保険徴収法 第9問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成21年度 労働保険徴収法 第8問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 労働保険徴収法 第8問 問題

労働保険の保険料の徴収等に関する法律の適用に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、以下において、「労働保険徴収法」とは「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」のことであり、この問において、「労災保険」とは「労働者災害補償保険」のこと、「継続事業の一括の認可」とは労働保険徴収法第9条の規定による認可のこと、「指定事業」とは同条で定める厚生労働大臣が指定する事業のことである。

A.継続事業の一括の認可を受けようとする事業主は、継続事業一括申請書を指定事業として指定を受けることを希望する事業に係る所轄都道府県労働局長に提出しなければならない。

B.継続事業の一括の認可については、労災保険率表による事業の種類を同じくすることがその要件とされているが、雇用保険に係る保険関係が成立している二元適用事業の場合は、労災保険率表による事業の種類を同じくする必要はない。

C.継続事業の一括の認可を受けた指定事業の事業主は、その指定事業の名称又は当該事業の行われる場所に変更があったときは、遅滞なく、継続被一括事業名称・所在地変更届を指定事業に係る所轄都道府県労働局長に提出しなければならない。

D.継続事業の一括の認可を受けた指定事業の事業主は、労災保険及び雇用保険の受給に関する事務並びに雇用保険の被保険者に関する事務について、当該指定事業の所在地を管轄する労働基準監督署長又は公共職業安定所長に対して一括して行うことができる。

E.継続事業の一括の認可があったときは、当該二以上の事業に使用されるすべての労働者が指定事業に使用される労働者とみなされ、指定事業以外の事業の保険関係は消滅する。この場合、保険関係消滅申請書を提出することにより、労働保険料の確定精算の手続はすべて終了する。

 

「社労士過去問 平成21年度 労働保険徴収法 第8問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第4問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第4問 問題

失業の認定に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A.受給資格者が基本手当を受給するためには、当該受給資格に係る離職の日の翌日から起算して28日以内に管轄公共職業安定所に出頭し、求職の申込みをした上で、最初の失業の認定を受けなければならない。

B.公共職業安定所長の指示した公共職業訓練等を受ける受給資格者に係る失業の認定は、1月に1回、直前の月に属する各日(既に失業の認定の対象となった日を除く。)について行われる。

C.管轄公共職業安定所の長は、失業の認定に当たり、受給資格者が提出した失業認定申告書に記載された求職活動の内容を確認するとともに、受給資格者に対し、職業紹介又は職業指導を行うものとされている。

D.受給資格者が病気のために公共職業安定所に出頭することができなかった場合、その期間が継続して20日であるときは、公共職業安定所に出頭することができなかった理由を記載した証明書を提出することによって、失業の認定を受けることはできない。

E.特例受給資格者が失業の認定を受ける場合、認定日に管轄公共職業安定所に出頭し、特例受給資格者失業認定申告書に特例受給資格者証を添えて提出した上で、職業の紹介を求めなければならない。

 

「社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第4問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第7問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第7問 問題

雇用保険制度に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A.一般被保険者の求職者給付は、基本手当、技能習得手当、寄宿手当、傷病手当の4つである。

B.公共職業安定所長が行った失業等給付に関する処分に不服のある者は、当該処分があったことを知った日の翌日から起算して60日以内に、労働保険審査会に対して審査請求をすることができる。

C.労働者が雇用保険法第8条に基づき公共職業安定所長に被保険者となったことの確認の請求をした場合、事業主がそれを理由に労働者を解雇することは禁止されており、当該解雇は無効となるが、事業主に対する罰則はない。

D.雇用保険法における「賃金」とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称のいかんを問わず、労働の対償として事業主が労働者に支払うものをいうが、通貨で支払われるものに限られる。

E.事業主が、雇用安定事業により支給される助成金について、偽りその他不正の行為により支給を受けた場合、政府は、支給した助成金の全部又は一部の返還を命ずるとともに、当該偽りその他不正の行為により支給を受けた助成金の額の2倍に相当する額以下の金額を納付することを命ずることができる。

 

「社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第7問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第6問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第6問 問題

教育訓練給付に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において「教育訓練」とは雇用保険法第60条の2第1項の規定に基づき厚生労働大臣が指定する教育訓練とし、「教育訓練の受講のために支払った費用」とは雇用保険法第60条の2第4項に規定する厚生労働省令で定める範囲内のものとする。

A.教育訓練給付対象者が初めて教育訓練給付金の支給を受ける場合については、当分の間、支給要件期間が1年以上あれば、受給が可能とされている。

B.支給要件期間15年の者が教育訓練の受講のために支払った費用が30万円である場合、受給できる教育訓練給付金の額は6万円である。

C.受講開始時に適用事業Aで一般被保険者として雇用されている者が、その前に適用事業Bで一般被保険者として雇用されていた場合、Bの離職後に基本手当を受給したことがあれば、教育訓練給付金の支給要件期間の算定に当たって、Bにおける雇用期間は通算されない。

D.一般被保険者であった者が教育訓練給付金を受給する場合、当該教育訓練の開始日は、原則として、その直前の一般被保険者でなくなった日から1年以内でなければならない。

E.教育訓練給付金の算定の基礎となる、教育訓練の受講のために支払った費用として認められるのは、入学料及び最大1年分の受講料のみである。

 

「社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第6問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第5問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第5問 問題

就職促進給付に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A.受給資格者が安定した職業に就いた日前3年以内の就職について常用就職支度手当を受給したことがある場合であっても、所定の要件を満たせば、再就職手当を受給することが可能である。

B.受給資格者が基本手当について離職理由に基づく給付制限を受け、その制限の期間内に広域求職活動を開始した場合には、広域求職活動費を受給することはできない。

C.就業手当の額は、現に職業に就いている日について、基本手当の日額に10分の4を乗じて得た額である。

D.再就職手当の額の算定に当たっては、当該受給資格者の本来の基本手当日額ではなく、基準日における年齢に応じて一律に定められた標準基本手当日額が用いられる。

E.特例受給資格者及び日雇受給資格者は、公共職業安定所の紹介した職業に就くために住所を変更する場合であっても、移転費を受給することはできない。

 

「社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第5問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第3問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第3問 問題

基本手当に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A.受給資格者が、当該受給資格に係る離職をした事業主Aのところで雇用される3か月前まで、他の事業主Bに被保険者として雇用されていた場合、Bでの離職により基本手当又は特例一時金の受給資格を得ていたならば、現実にそれらの支給を受けていなくても、Bで被保険者であった期間は、今回の基本手当の算定基礎期間として通算されない。

B.受給資格に係る離職日に満28歳である受給資格者の基本手当の日額は、原則として、その者について計算される賃金日額に、100分の80から100分の60までの範囲で厚生労働省令により定める率を乗じて得た金額である。

C.雇用保険法第22条第2項の「厚生労働省令で定める理由により就職が困難なもの」に該当する受給資格者の場合、その者が当該受給資格に係る離職日において満40歳であれば、算定基礎期間の長さや離職理由にかかわらず、基本手当の所定給付日数は300日となる。

D.受給資格者がその受給期間内に再就職して再び離職した場合に、当該再離職によって高年齢受給資格を取得したときは、前の受給資格に係る受給期間内であっても、その受給資格に係る基本手当の残日数分を受給することはできない。

E.受給資格者が、失業の認定に係る期間中に自己の労働による収入を得た場合、その収入の1日分に相当する額が賃金日額の100分の80に相当する額に達しなければ、当該収入の基礎になった日数分の基本手当の支給に当たり、支給額は減額されない。

 

「社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第3問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第2問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第2問 問題

雇用保険事務に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A.雇用保険の適用を受ける事業所を新たに設置した事業主は、その設置の日の翌日から起算して10日以内に、所定の事項を記載した届書を、事業所の所在地を管轄する公共職業安定所の長に提出しなければならない。

B.事業主は、その雇用する一般被保険者が離職したため雇用保険被保険者資格喪失届を提出するに当たり、当該被保険者が雇用保険被保険者離職票の交付を希望するならば、その者の離職時点における年齢にかかわりなく、雇用保険被保険者離職証明書を添付しなければならない。

C.公共職業安定所長は、雇用保険法第9条の規定により被保険者となったことの確認をした場合、その確認に係る者に雇用保険被保険者証を交付しなければならないが、この被保険者証の交付は、当該被保険者を雇用する事業主を通じて行うことができる。

D.事業主は、その雇用する一般被保険者のうち小学校就学前の子を養育する者に関して所定労働時間の短縮を行っていたときに当該被保険者が離職した場合、その離職理由のいかんにかかわらず、雇用保険被保険者休業・所定労働時間短縮開始時賃金証明書を、当該離職により被保険者でなくなった日の翌日から起算して10日以内に、事業所の所在地を管轄する公共職業安定所の長に提出しなければならない。(一部改正)

E.雇用保険被保険者離職証明書に当該被保険者の賃金額を記載するに当たっては、年2回、6月と12月に業績に応じて支給される賞与は除外しなければならない。

 

「社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第2問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第1問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第1問 問題

雇用保険の被保険者に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、以下において「一般被保険者」とは高年齢継続被保険者、短期雇用特例被保険者及び日雇労働被保険者を除いた被保険者をいうものとする。

A.同居の親族のみを使用する事業は原則として適用事業から除外されるが、事業主が当該事業に使用される親族の2分の1以上の同意に基づき都道府県労働局長に任意加入の申請を行って認可を受けた場合には、それらの全員が被保険者となる。

B.日本に在住する外国人が、いわゆる常用型の派遣労働者として特定労働者派遣事業者である適用事業に週に40時間雇用されている場合には、外国公務員又は外国の失業補償制度の適用を受けていることが立証された者を除き、国籍(無国籍を含む。)のいかんを問わず被保険者となる。

C.通常の労働者の1週間の所定労働時間が40時間である適用事業で、1週間の所定労働時間を25時間、雇用契約の期間を2年間と定めて雇用された満62歳の労働者は、一般被保険者となることはできない。

D.満30歳の短期雇用特例被保険者が同一の事業主に引き続き6か月以上雇用されるに至った場合、その6か月以上雇用されるに至った日以後は、短期雇用特例被保険者ではなく一般被保険者となる。

E.適用区域外の地域に居住する日雇労働者が、適用区域内にある適用事業に雇用される場合、公共職業安定所長に任意加入の申請をして認可を受ければ、日雇労働被保険者となる。

 

「社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第1問 問題と解説」の続きを読む…