社労士過去問 平成24年度 労働者災害補償保険法 第6問 問題と解説

平成24年度 労働者災害補償保険法 第6問 問題

労働者災害補償保険特別支給金に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

【A】休業特別支給金の額は、1日につき休業給付基礎日額の100分の30に相当する額とされる。

【B】休業特別支給金の支給の対象となる日について休業補償給付又は休業給付を受けることができる者は、当該休業特別支給金の支給の申請を、当該休業補償給付又は休業給付の請求と同時に行わなければならない。

【C】既に身体障害のあった者が、業務上の事由又は通勤による負傷又は疾病により同一の部位について障害の程度を加重した場合における当該事由に係る障害特別支給金の額は、現在の身体障害の該当する障害等級に応ずる障害特別支給金の額とされる。

【D】遺族特別支給金の額は、300万円とされ、遺族特別支給金の支給を受ける遺族が2人以上ある場合には、それぞれに300万円が支給される。

【E】遺族特別支給金の支給の申請は、労働者の死亡の日の翌日から起算して2年以内に行わなければならない。

平成24年度 労働者災害補償保険法 第6問 解説

【A】 × 間違い

労災保険特別支給金支給規則3条に、休業給付基礎日額の100分の20に相当する額となっていますので、問題文は間違いとなります。

 

【B】 〇 正しい

労災保険特別支給金支給規則3条5項に、休業特別支給金の支給の申請を、当該休業補償給付又は休業給付の請求と同時に行わなければならないと規定しているため、問題文は正しいとなります。

なお、同じ支給事由による保険給付の支給請求書と特別支給金の支給請求書は、
同じ用紙のため、必然的に同時に請求を行うことになります。

 

【C】 × 間違い

労災保険特別支給金支給規則4条2項に、現在の身体障害の該当する障害等級に応ずる障害特別支給金の額から、既にあつた身体障害の該当する障害等級に応ずる障害特別支給金の額を差し引いた額によるとされているため、

問題文は間違いとなります。

 

【D】 × 間違い

労災保険特別支給金支給規則5条3項に、支給を受ける遺族が二人以上ある場合には、三百万円をその人数で除して得た額とするとなっているため、

問題文は間違いとなります。

 

【E】 × 間違い

労災保険特別支給金支給規則5条8項に、遺族特別支給金の支給の申請は、労働者の死亡の日の翌日から起算して五年以内に行わなければならないとなっており

問題文は間違いとなります。

なお、特別支給金に関して、申請期限が「2年以内」となっているのは、
『休業特別支給金』だけになっています。

その他の特別支給金の申請期限は「5年以内」です。

 

以上から、正解は【B】となります。

特別支給金支給規則からの出題でしたが、
これは、勉強している方が多かったと思います。

単純な問題ばかりでしたので、
簡単だったと思います。

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す