社労士過去問 平成23年度 厚生年金保険法 第7問 問題と解説

平成23年度 厚生年金保険法 第7問 問題

次の記述のうち、厚生年金保険の障害等級3級にのみ該当する障害の状態として、正しいものはどれか。

A.そしゃく又は言語の機能に相当程度の障害を残すもの

B.両上肢の機能に著しい障害を有するもの

C.両上肢のすべての指を欠くもの

D.両下肢を足関節以上で欠くもの

E.体幹の機能に座っていることができない程度又は立ち上がることができない程度の障害を有するもの

 

 

 

平成23年度 厚生年金保険法 第7問 解説

A. 〇 正しい

【問】そしゃく又は言語の機能に相当程度の障害を残すもの

【解説】
厚生年金保険法施行令3条の8第,同法施行令別表1
障害等級3級に該当します。

 

B. × 誤り

【問】両上肢の機能に著しい障害を有するもの

【解説】
国民年金法施行令別表
障害等級1級に該当します。

 

C. × 誤り

【問】両上肢のすべての指を欠くもの

【解説】
国民年金法施行令別表
障害等級1級に該当します。

 

D. × 誤り

【問】両下肢を足関節以上で欠くもの

【解説】
国民年金法施行令別表
障害等級1級に該当します。

 

E. × 誤り

【問】体幹の機能に座っていることができない程度又は立ち上がることができない程度の障害を有するもの

【解説】
国民年金法施行令別表
障害等級1級に該当します。

 

以上より、正解はとなります。

これは、全く無理です。

医者の試験ではないのですから・・・

捨て問です!

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成23年(2011年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 回答 難易度
№1 労働基準法
№2 労働基準法
№3 労働基準法
№4 労働基準法 やや難
№5 労働基準法 普通
№6 労働基準法 普通
№7 労働基準法
№8 労働安全衛生法
№9 労働安全衛生法
№10 労働安全衛生法
№1 労働災害補償法 普通
№2 労働災害補償法 普通
№3 労働災害補償法
№4 労働災害補償法
№5 労働災害補償法
№6 労働災害補償法 やや難
№7 労働災害補償法 普通
№8 労働保険徴収法 CとE 普通
№9 労働保険徴収法 普通
№10 労働保険徴収法 やや難
№1 雇用保険法
№2 雇用保険法
№3 雇用保険法
№4 雇用保険法 普通
№5 雇用保険法 普通
№6 雇用保険法 やや難
№7 雇用保険法
№8 労働保険徴収法
№9 労働保険徴収法
№10 労働保険徴収法 やや難
№1 労働保険一般常識
№2 労働保険一般常識
№3 労働保険一般常識
№4 労働保険一般常識
№5 労働保険一般常識
№6 社会保険一般常識
№7 社会保険一般常識 普通
№8 社会保険一般常識 普通
№9 社会保険一般常識
№10 社会保険一般常識 やや難
№1 健康保険法
№2 健康保険法
№3 健康保険法
№4 健康保険法
№5 健康保険法
№6 健康保険法
№7 健康保険法
№8 健康保険法
№9 健康保険法
№10 健康保険法
№1 厚生年金保険法
№2 厚生年金保険法
№3 厚生年金保険法 普通
№4 厚生年金保険法
№5 厚生年金保険法 B
№6 厚生年金保険法 D 普通
№7 厚生年金保険法
№8 厚生年金保険法
№9 厚生年金保険法
№10 厚生年金保険法
№1 国民年金法
№2 国民年金法 普通
№3 国民年金法
№4 国民年金法
№5 国民年金法 普通
№6 国民年金法 やや難
№7 国民年金法 普通
№8 国民年金法 普通
№9 国民年金法
№10 国民年金法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す