社労士過去問 平成24年度 雇用保険法 第1問 問題と解説

平成24年度 雇用保険法 第1問 問題

雇用保険の適用事業及び被保険者に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

【A】適用事業の事業主との間に雇用関係が存続していても、労働者が長期にわたり欠勤していることにより賃金の支払を受けていない場合には、当該労働者は被保険者とならない。

【B】株式会社の代表取締役が被保険者になることはない。

【C】都道府県の長が、当該都道府県の事業に雇用される者について、雇用保険法を適用しないことについて厚生労働大臣による承認の申請を行い、その承認を受けたときは、その承認の申請に係る被保険者については、その承認の申請がなされた日の翌日から雇用保険法は適用されない。

【D】適用事業で雇用される被保険者が、事業主の命を受けて取引先である中国企業の北京支店に出向した場合、当該出向元事業主との雇用関係が継続している場合であっても、当該出向期間が4年を超えると、被保険者たる資格を失う。

【E】適用事業に雇用された者であって、雇用保険法第6条のいわゆる適用除外に該当しない者は、雇用関係に入った最初の日ではなく、雇用契約の成立の日から被保険者となる。

 

 

 

平成24年度 雇用保険法 第1問 解説

【A】 × 間違い

【問】適用事業の事業主との間に雇用関係が存続していても、労働者が長期にわたり欠勤していることにより賃金の支払を受けていない場合には、当該労働者は被保険者とならない。

【解説】
雇用関係が継続している限り、賃金の支払を受けていると否とを問わず被保険者にります。(行政手引20352)

よって問題文は誤りとなります。

 

【B】 〇 正しい

【問】株式会社の代表取締役が被保険者になることはない。

【解説】
代表取締役は被保険者になることはありません。

よって問題文は正しいとなります。

親会社の社員として子会社へ代表取締役として出向する場合がありますが、
この場合は、親会社の被保険者として扱われます。

また代表取締役部長や本部長と言った肩書の方は、
報酬の支払いなどを見て、労働者的性格の強い者であって、
雇用関係があると認められるものに限っては被保険者となり得ますので
注意しておいてください。

 

【C】 × 間違い

【問】都道府県の長が、当該都道府県の事業に雇用される者について、雇用保険法を適用しないことについて厚生労働大臣による承認の申請を行い、その承認を受けたときは、その承認の申請に係る被保険者については、その承認の申請がなされた日の翌日から雇用保険法は適用されない。

【解説】
雇用保険法施行規則4条2項に「その承認の申請がなされた日から法を適用しない」となっており、問題文は間違いとなります。

 

【D】 × 間違い

【問】適用事業で雇用される被保険者が、事業主の命を受けて取引先である中国企業の北京支店に出向した場合、当該出向元事業主との雇用関係が継続している場合であっても、当該出向期間が4年を超えると、被保険者たる資格を失う。

【解説】
国内の出向元事業主との雇用関係が継続している限り、出向期間に関係なく
被保険者の身分を失うことはありません。

よって問題文は間違いとなります。

なお、海外の現地で採用されたというような場合は、
労働者の国籍を問わず、被保険者の身分を失うことになります。

 

【E】 × 間違い

【問】適用事業に雇用された者であって、雇用保険法第6条のいわゆる適用除外に該当しない者は、雇用関係に入った最初の日ではなく、雇用契約の成立の日から被保険者となる。

【解説】
この問題は、日本語の言い回しで難しいのですが、

一般的に、「雇用関係の成立した日」とは、採用が決定した日を
指すとされています。

また、「雇用関係に入った最初の日」とは最初に出社した日
つまり現実に労働を提供した日を指します。

雇用保険では、「雇用関係に入った最初の日」から被保険者となるとされているため、問題文は間違えとなります。

実際に労働を提供し報酬が発生する日から雇用保険が適用すると言うことです。

 

以上から回答は、【B】となります。

雇用保険では、いつから適用になるか?
と言う問題が多いいですので、

しっかり押さえるようにしてください。

また細かな数字も問われますので
数字の暗記も必ずやっておいてください。

問題自体は、毎年同じような問題ばかりですから
満点をねらっていきましょう。

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成24年(2012年)社労士試験 回答一覧

科目 問題№ 正解肢 難易度
問1 労働基準法 普通
問2 労働基準法 普通
問3 労働基準法 普通
問4 労働基準法 普通
問5 労働基準法
問6 労働基準法
問7 労働基準法
問8 労働安全衛生法 普通
問9 労働安全衛生法
問10 労働安全衛生法
問1 労働災害補償法
問2 労働災害補償法
問3 労働災害補償法 普通
問4 労働災害補償法
問5 労働災害補償法 やや難
問6 労働災害補償法 普通
問7 労働災害補償法 やや難
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法 普通
問10 労働保険徴収法 普通
問1 雇用保険法
問2 雇用保険法
問3 雇用保険法
問4 雇用保険法 普通
問5 雇用保険法 普通
問6 雇用保険法
問7 雇用保険法 普通
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法
問10 労働保険徴収法 普通
問1 労働保険に関する一般常識 普通
問2 労働保険に関する一般常識 普通
問3 労働保険に関する一般常識
問4 労働保険に関する一般常識
問5 労働保険に関する一般常識
問6 社会保険に関する一般常識
問7 社会保険に関する一般常識
問8 社会保険に関する一般常識 普通
問9 社会保険に関する一般常識 普通
問10 社会保険に関する一般常識
問1 健康保険法
問2 健康保険法 普通
問3 健康保険法 普通
問4 健康保険法
問5 健康保険法 普通
問6 健康保険法
問7 健康保険法
問8 健康保険法
問9 健康保険法 やや難
問10 健康保険法
問1 厚生年金保険法
問2 厚生年金保険法
問3 厚生年金保険法 やや難
問4 厚生年金保険法 普通
問5 厚生年金保険法 やや難
問6 厚生年金保険法 普通
問7 厚生年金保険法
問8 厚生年金保険法 やや難
問9 厚生年金保険法 普通
問10 厚生年金保険法
問1 国民年金法
問2 国民年金法 普通
問3 国民年金法
問4 国民年金法
問5 国民年金法
問6 国民年金法
問7 国民年金法
問8 国民年金法 普通
問9 国民年金法
問10 国民年金法 やや難

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す