社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第5問 問題と解説

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第5問 問題

国民年金法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A.保険料納付確認団体は、当該団体の構成員その他これに類する者である被保険者からの委託により、当該被保険者に係る保険料滞納事実の有無について確認し、その結果を当該被保険者に通知する業務を行うものとする。

B.日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者で、第2号被保険者及び第3号被保険者のいずれにも該当しない外国人は、被用者年金各法に基づく老齢給付等を受けることができない場合、原則として第1号被保険者となる。

C.被保険者は、厚生労働大臣に対し、被保険者の保険料を立て替えて納付する事務を適正かつ確実に実施できると認められる者であって、指定代理納付者から納付される番号、記号、その他の符号を通知することにより、その指定代理納付者をして当該被保険者の保険料を立て替えて納付することを希望する旨の申出をすることができる。

D.障害厚生年金の支給を停止し、老齢基礎年金を支給すべき場合に、支給を停止すべき月の翌月以降の分として障害厚生年金が支払われた場合であっても、両年金は、異なる制度の年金であるので、障害厚生年金を老齢基礎年金の内払とみなすことはできない。

E.第3号被保険者の資格取得の届出をしなかった期間(平成17年4月1日以後の期間に限る。)は、原則として、届出をした日の属する月の前々月までの2年間を除いて、保険料納付済期間に算入しない。

 

 

 

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第5問 解説

A. 〇 正しい

【問】保険料納付確認団体は、当該団体の構成員その他これに類する者である被保険者からの委託により、当該被保険者に係る保険料滞納事実の有無について確認し、その結果を当該被保険者に通知する業務を行うものとする。

【解説】
国民年金法109条3項
記述の通りです。

なお、保険料納付確認団体とは、同種の事業又は業務に従事する被保険者を
構成員とする団体その他これに類する団体で政令で定めるものであって、
厚生労働大臣がこれらの団体からの申請に基づき、保険料滞納事実の有無に
ついて確認をし、その結果を被保険者に通知する業務を適正かつ確実に
行うことができると認めらるものとして指定するものを言います。

 

B. 〇 正しい

【問】日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者で、第2号被保険者及び第3号被保険者のいずれにも該当しない外国人は、被用者年金各法に基づく老齢給付等を受けることができない場合、原則として第1号被保険者となる。

【解説】
国民年金法7条1項1号
記述の通りです。

国民年金の被保険者資格に国籍要件はないため、問題文の者は原則として
第1号被保険者となります。

 

C. 〇 正しい

【問】被保険者は、厚生労働大臣に対し、被保険者の保険料を立て替えて納付する事務を適正かつ確実に実施できると認められる者であって、指定代理納付者から納付される番号、記号、その他の符号を通知することにより、その指定代理納付者をして当該被保険者の保険料を立て替えて納付することを希望する旨の申出をすることができる。

【解説】
国民年金法92条の2の2第1項
いわゆるクレジットカードによる保険料納付についての
正しい記述となります。

 

D. × 誤り

【問】障害厚生年金の支給を停止し、老齢基礎年金を支給すべき場合に、支給を停止すべき月の翌月以降の分として障害厚生年金が支払われた場合であっても、両年金は、異なる制度の年金であるので、障害厚生年金を老齢基礎年金の内払とみなすことはできない。

【解説】
国民年金法21条3項
国民年金による年金給付と厚生年金保険法による年金たる保険給付の間では
内払の調整を行うことができるとなっていますので、問題文の障害厚生年金
を老齢基礎年金の内払とみなすことができます。

 

E. 〇 正しい

【問】第3号被保険者の資格取得の届出をしなかった期間(平成17年4月1日以後の期間に限る。)は、原則として、届出をした日の属する月の前々月までの2年間を除いて、保険料納付済期間に算入しない。

【解説】
国民年金法附則7条の3第2項
記述の通りです。

但し、平成17年4月1日以後の期間に係る保険料納付済期間に算入されなかった
期間であっても、届出遅滞についてやむを得ない事由があると認められるときは、
厚生労働大臣に届出をすることによって、その届出に係る期間は保険料納付済
期間に算入されます。

 

以上より、回答はとなります。

どの肢も特に細かい引っ掛けもなく
簡単だったと思います。

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成22年(2010年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 回答 難易度
№1 労働基準法
№2 労働基準法
№3 労働基準法
№4 労働基準法 普通
№5 労働基準法
№6 労働基準法
№7 労働基準法
№8 労働安全衛生法 普通
№9 労働安全衛生法
№10 労働安全衛生法 やや難
№1 労働者災害補償保険法
№2 労働者災害補償保険法
№3 労働者災害補償保険法
№4 労働者災害補償保険法
№5 労働者災害補償保険法
№6 労働者災害補償保険法
№7 労働者災害補償保険法
№8 労働保険徴収法
№9 労働保険徴収法
№10 労働保険徴収法
№1 雇用保険法
№2 雇用保険法 普通
№3 雇用保険法
№4 雇用保険法
№5 雇用保険法
№6 雇用保険法
№7 雇用保険法
№8 労働保険徴収法
№9 労働保険徴収法
№10 労働保険徴収法 普通
№1 労働一般
№2 労働一般 やや難
№3 労働一般
№4 労働一般 普通
№5 労働一般
№6 社会保険一般
№7 社会保険一般 なし
№8 社会保険一般
№9 社会保険一般
№10 社会保険一般 普通
№1 健康保険法
№2 健康保険法 なし やや難
№3 健康保険法
№4 健康保険法
№5 健康保険法 普通
№6 健康保険法
№7 健康保険法
№8 健康保険法
№9 健康保険法 普通
№10 健康保険法
№1 厚生年金保険法
№2 厚生年金保険法
№3 厚生年金保険法
№4 厚生年金保険法
№5 厚生年金保険法
№6 厚生年金保険法
№7 厚生年金保険法
№8 厚生年金保険法 やや難
№9 厚生年金保険法
№10 厚生年金保険法 A,B やや難
№1 国民年金法
№2 国民年金法 普通
№3 国民年金法
№4 国民年金法
№5 国民年金法 D
№6 国民年金法 C やや難
№7 国民年金法 C,E 普通
№8 国民年金法
№9 国民年金法
№10 国民年金法 なし 普通

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す