社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第7問 問題と解説

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第7問 問題

被保険者資格の取得及び喪失に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A.日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の在外邦人は、申出をした日に任意加入被保険者の資格を取得する。

B.日本国内に住所を有しない20歳以上60歳未満の在外邦人で任意加入していない者が第2号被保険者の被扶養配偶者になったときは、その日に第3号被保険者の資格を取得する。

C.日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の在外邦人で任意加入している者が保険料を滞納したとき、保険料を納付することなく2年経過した日に被保険者資格を喪失する。

D.日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の在外邦人で任意加入している者が日本国籍を失ったとき、その翌日に被保険者資格を喪失する。

E.日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の任意加入被保険者が、日本国内に住所を有しなくなった日に第2号被保険者に該当するに至ったときは、その日に第1号被保険者の資格を喪失し、その日に第2号被保険者の資格を取得する。

 

 

 

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第7問 解説

A. 〇 正しい

【問】日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の在外邦人は、申出をした日に任意加入被保険者の資格を取得する。

【解説】
国民年金法附則5条3項
記述の通りです。

申出をした日に、任意加入被保険者の資格を取得します。

 

B. 〇 正しい

【問】日本国内に住所を有しない20歳以上60歳未満の在外邦人で任意加入していない者が第2号被保険者の被扶養配偶者になったときは、その日に第3号被保険者の資格を取得する。

【解説】
国民年金法8条5号
記述の通りです。

被扶養者に該当したその日に被保険者資格を取得します。

 

C. × 誤り

【問】日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の在外邦人で任意加入している者が保険料を滞納したとき、保険料を納付することなく2年経過した日に被保険者資格を喪失する。

【解説】
国民年金法附則5条9項
在外邦人で任意加入している者が保険料を滞納したときは、2年を経過した日
ではなくて、2年が経過した日の翌日に被保険者資格が喪失します。

 

D. 〇 正しい

【問】日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の在外邦人で任意加入している者が日本国籍を失ったとき、その翌日に被保険者資格を喪失する。

【解説】
国民年金法附則5条9項
記述の通りです。

在外邦人の場合は、日本国籍を有することが任意加入被保険者の要件と
なります。

 

E. × 誤り

【問】日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の任意加入被保険者が、日本国内に住所を有しなくなった日に第2号被保険者に該当するに至ったときは、その日に第1号被保険者の資格を喪失し、その日に第2号被保険者の資格を取得する。

【解説】
国民年金法附則5条7項ほか)
問題文のケースでは、その日に任意加入被保険者の資格を喪失し、その日に
第2号被保険者の資格を取得します。

 

以上より、回答はC,Eとなります。

選択肢Eの問題は任意加入被保険者が第1号被保険者の誤記と思われます。
その為、本来回答とされる肢Cの他肢Eも誤りの記述となっており、
複数回答となっています。

この年はこれで何問目の出題ミスでしょうか?

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成22年(2010年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 回答 難易度
№1 労働基準法
№2 労働基準法
№3 労働基準法
№4 労働基準法 普通
№5 労働基準法
№6 労働基準法
№7 労働基準法
№8 労働安全衛生法 普通
№9 労働安全衛生法
№10 労働安全衛生法 やや難
№1 労働者災害補償保険法
№2 労働者災害補償保険法
№3 労働者災害補償保険法
№4 労働者災害補償保険法
№5 労働者災害補償保険法
№6 労働者災害補償保険法
№7 労働者災害補償保険法
№8 労働保険徴収法
№9 労働保険徴収法
№10 労働保険徴収法
№1 雇用保険法
№2 雇用保険法 普通
№3 雇用保険法
№4 雇用保険法
№5 雇用保険法
№6 雇用保険法
№7 雇用保険法
№8 労働保険徴収法
№9 労働保険徴収法
№10 労働保険徴収法 普通
№1 労働一般
№2 労働一般 やや難
№3 労働一般
№4 労働一般 普通
№5 労働一般
№6 社会保険一般
№7 社会保険一般 なし
№8 社会保険一般
№9 社会保険一般
№10 社会保険一般 普通
№1 健康保険法
№2 健康保険法 なし やや難
№3 健康保険法
№4 健康保険法
№5 健康保険法 普通
№6 健康保険法
№7 健康保険法
№8 健康保険法
№9 健康保険法 普通
№10 健康保険法
№1 厚生年金保険法
№2 厚生年金保険法
№3 厚生年金保険法
№4 厚生年金保険法
№5 厚生年金保険法
№6 厚生年金保険法
№7 厚生年金保険法
№8 厚生年金保険法 やや難
№9 厚生年金保険法
№10 厚生年金保険法 A,B やや難
№1 国民年金法
№2 国民年金法 普通
№3 国民年金法
№4 国民年金法
№5 国民年金法 D
№6 国民年金法 C やや難
№7 国民年金法 C,E 普通
№8 国民年金法
№9 国民年金法
№10 国民年金法 なし 普通

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す