社労士過去問 平成21年度 労働基準法 第1問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 労働基準法 第1問 問題

労働基準法の総則等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A.使用者は、労働協約、就業規則及び労働契約を遵守し、誠実にその義務を履行しなければならないが、使用者よりも経済的に弱い立場にある労働者についてはこのような義務を定めた規定はない。

B.労働基準法第3条が禁止する労働条件についての差別的取扱いには、雇入れにおける差別も含まれるとするのが最高裁判所の判例である。

C.労働基準法第4条が禁止する女性であることを理由とする賃金についての差別的取扱いには、女性を男性より有利に取扱う場合は含まれない。

D.労働基準法第5条が禁止する労働者の意思に反する強制労働については、労働基準法上最も重い罰則が定められている。

E.労働者が労働審判手続の労働審判員としての職務を行うことは、労働基準法第7条の「公の職務」には該当しないため、使用者は、労働審判員に任命された労働者が労働時間中にその職務を行うために必要な時間を請求した場合、これを拒むことができる。

 

 

 

社労士過去問 平成21年度 労働基準法 第1問 解説

A. × 誤り

【問】使用者は、労働協約、就業規則及び労働契約を遵守し、誠実にその義務を履行しなければならないが、使用者よりも経済的に弱い立場にある労働者についてはこのような義務を定めた規定はない。

【解説】
労働基準法2条2項
労働者及び使用者は、労働協約、就業規則及び労働契約を遵守し、
誠実に各々その義務を履行しなければなりません。

労働者にも使用者と同様の義務がございます。

 

B. × 誤り

【問】労働基準法第3条が禁止する労働条件についての差別的取扱いには、雇入れにおける差別も含まれるとするのが最高裁判所の判例である。

【解説】
労働基準法3条及び三菱樹脂事件)
法3条の均等待遇の原則における労働条件には、「性」に関するものと
「雇入れ」に関するものは含まれていません。

従って、その者の思想、信条を理由として採用を拒否することは、
3条の違反とはなりません。

 

C. × 誤り

【問】労働基準法第4条が禁止する女性であることを理由とする賃金についての差別的取扱いには、女性を男性より有利に取扱う場合は含まれない。

【解説】
労働基準法4条及び昭23基収4281号)
賃金に関する差別に関しては、女性を男性より有利に取扱う場合も含まれます。

なお、就業規則に労働者が女性であることを理由として、賃金について、
男性と差別的取扱いをする趣旨の規定はあるが、現実には行われておらず、
賃金の男女差別の事実がなければ、その規定は無効とはなりますが、
法4条の違反とはなりません。

 

D. 〇 正しい

【問】労働基準法第5条が禁止する労働者の意思に反する強制労働については、労働基準法上最も重い罰則が定められている。

【解説】
労働基準法5条,117条
記述の通りです。

なお、罰則は「1年以上10年以下の懲役又は20万円以上300万円以下の罰金」です。

 

E. × 誤り

【問】労働者が労働審判手続の労働審判員としての職務を行うことは、労働基準法第7条の「公の職務」には該当しないため、使用者は、労働審判員に任命された労働者が労働時間中にその職務を行うために必要な時間を請求した場合、これを拒むことができる。

【解説】
労働基準法7条及び平17基発930006号)
「労働審判の職務」は、公の職務に該当します。
従って、使用者は、労働者が労働時間中、その職務を行うため必要な
時間を請求した場合、これを拒否することはできません。

 

以上より、回答はとなります。

労働基準法を勉強する上で、ここはきっちりやる個所ですから
難なく、回答できたと思います。

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成21年(2009年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 回答 難易度
№1 労働基準法
№2 労働基準法
№3 労働基準法
№4 労働基準法 やや難
№5 労働基準法
№6 労働基準法
№7 労働基準法
№8 労働安全衛生法
№9 労働安全衛生法 普通
№10 労働安全衛生法
№1 労働者災害補償保険法
№2 労働者災害補償保険法 普通
№3 労働者災害補償保険法 普通
№4 労働者災害補償保険法 普通
№5 労働者災害補償保険法 普通
№6 労働者災害補償保険法 やや難
№7 労働者災害補償保険法 普通
№8 労働保険徴収法
№9 労働保険徴収法 普通
№10 労働保険徴収法 普通
№1 雇用保険法
№2 雇用保険法
№3 雇用保険法 普通
№4 雇用保険法 普通
№5 雇用保険法 普通
№6 雇用保険法
№7 雇用保険法
№8 労働保険徴収法 普通
№9 労働保険徴収法 普通
№10 労働保険徴収法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す