社労士過去問 平成21年度 労働基準法 第4問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 労働基準法 第4問 問題

労働基準法に定める賃金等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A.賃金は通貨で支払わなければならず、労働協約に定めがある場合であっても、小切手や自社製品などの通貨以外のもので支払うことはできない。

B.賃金は直接労働者に支払わなければならず、労働者の委任を受けた弁護士に賃金を支払うことは労働基準法第24条違反となる。

C.労働者が賃金債権を第三者に譲渡した場合、譲渡人である労働者が債務者である使用者に確定日付のある証書によって通知した場合に限り、賃金債権の譲受人は使用者にその支払を求めることが許されるとするのが最高裁判所の判例である。

D.労働基準法第24条第1項の定めるいわゆる賃金全額払の原則は、使用者が労働者に対して有する債権をもって労働者の賃金債権と相殺することを禁止する趣旨をも包含するものであり、使用者の責めに帰すべき事由によって解雇された労働者が解雇無効期間中に他の職に就いて得た利益を、使用者が支払うべき解雇無効期間中の賃金額から控除して支払うことはおよそ許されないとするのが最高裁判所の判例である。

E.いわゆる年俸制で賃金が支払われる労働者についても、労働基準法第24条第2項のいわゆる毎月1回以上一定期日払の原則は適用されるため、使用者は、例えば年俸額(通常の賃金の年額)が600万円の労働者に対しては、毎月一定の期日を定めて1月50万円ずつ賃金を支払わなければならない。

 

 

 

社労士過去問 平成21年度 労働基準法 第4問 解説

A. × 誤り

【問】賃金は通貨で支払わなければならず、労働協約に定めがある場合であっても、小切手や自社製品などの通貨以外のもので支払うことはできない。

【解説】
労働基準法24条1項
労働協約に別段の定めがある場合には、通貨以外のもので支払うことはできます。

 

B. 〇 正しい

【問】賃金は直接労働者に支払わなければならず、労働者の委任を受けた弁護士に賃金を支払うことは労働基準法第24条違反となる。

【解説】
労働基準法24条1項及び昭63基発150号)
記述の通りです。

労働者の親権者その他の法定代理人への支払いや、労働者の委任を受けた
任意代理人への賃金の支払いは、いずれも労働基準法第24条違反になります。

直接払いの原則の例外は、労働者からの命令や依頼を受けて行動する
「使者のみ」となっています。

 

C. × 誤り

【問】労働者が賃金債権を第三者に譲渡した場合、譲渡人である労働者が債務者である使用者に確定日付のある証書によって通知した場合に限り、賃金債権の譲受人は使用者にその支払を求めることが許されるとするのが最高裁判所の判例である。

【解説】
労働基準法24条及び最判昭43.3.12)
賃金債権を第三者に譲渡した場合であっても、譲渡人に対して賃金を
支払うことは、直接払いの原則に違反すると言うのが、最高裁の判例です。

 

D. × 誤り

【問】労働基準法第24条第1項の定めるいわゆる賃金全額払の原則は、使用者が労働者に対して有する債権をもって労働者の賃金債権と相殺することを禁止する趣旨をも包含するものであり、使用者の責めに帰すべき事由によって解雇された労働者が解雇無効期間中に他の職に就いて得た利益を、使用者が支払うべき解雇無効期間中の賃金額から控除して支払うことはおよそ許されないとするのが最高裁判所の判例である。

【解説】
労働基準法24条1項及び最判昭37.7.20)
使用者の責めに帰すべき事由によって解雇された労働者が、解雇無効期間中に
他の職に就き、収入を得た場合には、使用者は、その収入の額と同額の金額を
解雇無効期間中の労働者に支払うべき賃金額から控除することができるが、

その限度は、平均賃金の4割以内にとどめるとするのが、最高裁の判例です。

 

E. × 誤り

【問】いわゆる年俸制で賃金が支払われる労働者についても、労働基準法第24条第2項のいわゆる毎月1回以上一定期日払の原則は適用されるため、使用者は、例えば年俸額(通常の賃金の年額)が600万円の労働者に対しては、毎月一定の期日を定めて1月50万円ずつ賃金を支払わなければならない。

【解説】
労働基準法24条2項
年俸制であっても、いわゆる毎月1回以上一定期日払の原則は適用されます。

但し、年俸の金額を必ず12で分割する必要はありません。
例えば、14で分割して、2回は賞与として支給しても何の問題もありません。

 

以上より、回答はとなります。

この問題、いかがだったでしょうか?

肢AとEについては、問題なかったかと思いますが、
BCDは、かなり迷われたと思います。

身近な賃金支払の原則の話でしたが、
この問題は、難しかったと思います。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成21年(2009年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 回答 難易度
№1 労働基準法
№2 労働基準法
№3 労働基準法
№4 労働基準法 やや難
№5 労働基準法
№6 労働基準法
№7 労働基準法
№8 労働安全衛生法
№9 労働安全衛生法 普通
№10 労働安全衛生法
№1 労働者災害補償保険法
№2 労働者災害補償保険法 普通
№3 労働者災害補償保険法 普通
№4 労働者災害補償保険法 普通
№5 労働者災害補償保険法 普通
№6 労働者災害補償保険法 やや難
№7 労働者災害補償保険法 普通
№8 労働保険徴収法
№9 労働保険徴収法 普通
№10 労働保険徴収法 普通
№1 雇用保険法
№2 雇用保険法
№3 雇用保険法 普通
№4 雇用保険法 普通
№5 雇用保険法 普通
№6 雇用保険法
№7 雇用保険法
№8 労働保険徴収法 普通
№9 労働保険徴収法 普通
№10 労働保険徴収法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す