社労士過去問 平成21年度 労働安全衛生法 第8問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 労働安全衛生法 第8問 問題

労働安全衛生法に定める安全委員会、衛生委員会及び安全衛生委員会に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A.安全委員会を設けなければならない事業場においては、衛生委員会を設けなければならない。

B.安全衛生委員会の構成員には、事業者が指名した産業医を加えなければならない。

C.安全衛生委員会の構成員の総数については、事業場の規模、作業の実態等に応じ定められていて、事業者が適宜に決めることはできない。

D.衛生委員会を設けなければならない事業者は、衛生委員会を毎月1回以上開催するようにしなければならない。

E.事業者は、安全委員会を開催したときは、遅滞なく、当該安全委員会の議事の概要を所定の方法によって労働者に周知させなければならない。

 


 

 

社労士過去問 平成21年度 労働安全衛生法 第8問 解説

A. 〇 正しい


【問】安全委員会を設けなければならない事業場においては、衛生委員会を設けなければならない。 

【解説】
労働安全衛生法17条1項,18条1項及び同法施行令8条,9条
記述の通りです。

安全委員会は常時50人以上または常時100人以上の労働者を使用する事業場において設置が義務付けられています。

衛生管理者に関しては常時50人以上の労働者を使用する事業場において設置が義務付けられています。

 

B. 〇 正しい


【問】安全衛生委員会の構成員には、事業者が指名した産業医を加えなければならない。 

【解説】
労働安全衛生法19条2項3号
記述の通りです。

安全衛生委員会とは、安全委員会及び衛生委員会を設けなければならないとき、それぞれの委員会の設置に代えて設置できるものです。

 

C. × 誤り


【問】安全衛生委員会の構成員の総数については、事業場の規模、作業の実態等に応じ定められていて、事業者が適宜に決めることはできない。 

【解説】
(昭41基発46号)
安全衛生委員会の構成員の総数については、事業規模、作業の実態等に応じ定められていて、事業者が適宜に決めることができます。

 

D. 〇 正しい


【問】衛生委員会を設けなければならない事業者は、衛生委員会を毎月1回以上開催するようにしなければならない。 

【解説】
労働安全衛生法18条及び同法施行規則23条1項
記述の通りです。

なお、委員会における議事で重要なものに係る記録を作成して、これを3年間保存しなければなりません。

 

E. 〇 正しい


【問】事業者は、安全委員会を開催したときは、遅滞なく、当該安全委員会の議事の概要を所定の方法によって労働者に周知させなければならない。 

【解説】
労働安全衛生法17条及び同法施行規則23条3項
記述の通りです。

所定の方法とは、①常時各作業場の見やすい場所に掲示し、又はそなえつけること②書面を労働者に交付すること③磁気テープ、磁気ディスクその他これらに準ずる物に記録し、かつ、各作業場に労働者が当該記録の内容を常時確認できる機器を設置すること等があります。

 

以上より、回答はとなります。

安全衛生法にしては、簡単な問題だったと思います。

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成21年(2009年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 回答 難易度
№1 労働基準法
№2 労働基準法
№3 労働基準法
№4 労働基準法 やや難
№5 労働基準法
№6 労働基準法
№7 労働基準法
№8 労働安全衛生法
№9 労働安全衛生法 普通
№10 労働安全衛生法
№1 労働者災害補償保険法
№2 労働者災害補償保険法 普通
№3 労働者災害補償保険法 普通
№4 労働者災害補償保険法 普通
№5 労働者災害補償保険法 普通
№6 労働者災害補償保険法 やや難
№7 労働者災害補償保険法 普通
№8 労働保険徴収法
№9 労働保険徴収法 普通
№10 労働保険徴収法 普通
№1 雇用保険法
№2 雇用保険法
№3 雇用保険法 普通
№4 雇用保険法 普通
№5 雇用保険法 普通
№6 雇用保険法
№7 雇用保険法
№8 労働保険徴収法 普通
№9 労働保険徴収法 普通
№10 労働保険徴収法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す