社労士過去問 平成21年度 労働安全衛生法 第9問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 労働安全衛生法 第9問 問題

労働安全衛生法第66条の8に定める「医師による面接指導」等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A.事業者は、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1月当たり100時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められる労働者に対しては、本人の申出の有無にかかわらず、面接指導を実施しなければならない。

B.産業医の選任義務のない常時50人未満の労働者を使用する事業場の事業者であっても労働安全衛生法第66条の8の適用があり、同条に定める措置を講ずる必要があるので、国が労働安全衛生法第19条の3に規定する援助として行う労働者の健康管理等に係る業務についての相談その他の必要な援助の事業を利用して、面接指導を実施することができる。(一部改正)

C.労働安全衛生法が定める衛生委員会の調査審議事項には、長時間にわたる労働による労働者の健康障害の防止を図るための対策の樹立に関する事項が含まれている。

D.事業者は、面接指導の結果に基づき、当該労働者の健康を保持するために必要な措置について、医師の意見を聴かなければならない。

E.事業者は、面接指導の結果に基づき、当該面接指導の結果の記録を作成して、これを5年間保存しなければならない。また、当該記録は、労働安全衛生規則第52条の5に定める事項のほか、当該労働者の健康を保持するために必要な措置についての医師の意見を記載したものでなければならない。

 


 

 

社労士過去問 平成21年度 労働安全衛生法 第9問 解説

A. × 誤り


【問】事業者は、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1月当たり100時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められる労働者に対しては、本人の申出の有無にかかわらず、面接指導を実施しなければならない。 

【解説】
労働安全衛生法施行規則52条の3
面接指導は本人の申し出により行うものとされています。

 

B. 〇 正しい


【問】産業医の選任義務のない常時50人未満の労働者を使用する事業場の事業者であっても労働安全衛生法第66条の8の適用があり、同条に定める措置を講ずる必要があるので、国が労働安全衛生法第19条の3に規定する援助として行う労働者の健康管理等に係る業務についての相談その他の必要な援助の事業を利用して、面接指導を実施することができる。(一部改正) 

【解説】
労働安全衛生法平17附則2条
記述の通りです。

平成20年4月1日以降、全ての事業者が面接指導の実施義務がございます。

 

C. 〇 正しい


【問】労働安全衛生法が定める衛生委員会の調査審議事項には、長時間にわたる労働による労働者の健康障害の防止を図るための対策の樹立に関する事項が含まれている。 

【解説】
労働安全衛生法施行規則22条9号
記述の通りです。

なお、付議事項として、定期に行われる健康診断、臨時の健康診断、自ら受けた健康診断及び他の医師の診断、診療又は処置の結果並びにその結果に対する対策の樹立に関すること等があります。

 

D. 〇 正しい


【問】事業者は、面接指導の結果に基づき、当該労働者の健康を保持するために必要な措置について、医師の意見を聴かなければならない。

【解説】
労働安全衛生法66条の8第4項
記述の通りです。

なお、面接指導の結果に基づく医師からの意見聴取は、面接指導が行われた後、遅滞なく行わなければなりません。

 

E. 〇 正しい


【問】事業者は、面接指導の結果に基づき、当該面接指導の結果の記録を作成して、これを5年間保存しなければならない。また、当該記録は、労働安全衛生規則第52条の5に定める事項のほか、当該労働者の健康を保持するために必要な措置についての医師の意見を記載したものでなければならない。 

【解説】
労働安全衛生法66条の8第3項及び同法施行規則52条の6第1項,2項
記述の通りです。

なお、健康診断個人票の保存期間も5年と定められています。

 

以上より、回答はとなります。

これもよく目にするテーマで、簡単だったのではないでしょうか?

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成21年(2009年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 回答 難易度
№1 労働基準法
№2 労働基準法
№3 労働基準法
№4 労働基準法 やや難
№5 労働基準法
№6 労働基準法
№7 労働基準法
№8 労働安全衛生法
№9 労働安全衛生法 普通
№10 労働安全衛生法
№1 労働者災害補償保険法
№2 労働者災害補償保険法 普通
№3 労働者災害補償保険法 普通
№4 労働者災害補償保険法 普通
№5 労働者災害補償保険法 普通
№6 労働者災害補償保険法 やや難
№7 労働者災害補償保険法 普通
№8 労働保険徴収法
№9 労働保険徴収法 普通
№10 労働保険徴収法 普通
№1 雇用保険法
№2 雇用保険法
№3 雇用保険法 普通
№4 雇用保険法 普通
№5 雇用保険法 普通
№6 雇用保険法
№7 雇用保険法
№8 労働保険徴収法 普通
№9 労働保険徴収法 普通
№10 労働保険徴収法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す