社労士過去問 平成21年度 労働者災害補償保険法 第6問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 労働者災害補償保険法 第6問 問題

障害補償給付に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A.障害補償給付を支給すべき障害は、厚生労働省令で定める障害等級表に掲げる障害等級第1級から第14級までの障害であるが、同表に掲げるもの以外の障害は、その障害の程度に応じ、同表に掲げる障害に準じて障害等級が認定される。

B.既に業務災害による障害の障害等級に応じて障害補償年金を受ける者が新たな業務災害により障害の程度を加重された場合には、その加重された障害の該当する障害等級に応ずる新たな障害補償年金が支給され、その後は、既存の障害に係る従前の障害補償年金は支給されない。

C.障害等級表に該当する障害が2以上あって厚生労働省令の定める要件を満たす場合には、その障害等級は、厚生労働省令の定めるところに従い繰り上げた障害等級による。繰り上げた障害等級の具体例を挙げれば、次のとおりである。
①第8級、第11級及び第13級の3障害がある場合     第7級
②第4級、第5級、第9級及び第12級の4障害がある場合  第1級
③第6級及び第8級の2障害がある場合          第4級

D.既に業務災害による障害の障害等級に応じて障害補償一時金を支給されていた者が新たな業務災害により同一の部位について障害の程度が加重され、それに応ずる障害補償年金を支給される場合には、その額は、原則として、既存の障害に係る障害補償一時金の額の25分の1を差し引いた額による。

E.障害補償年金を受ける者の障害の程度について自然的経過により変更があった場合には、新たに該当することとなった障害等級に応ずる障害補償給付が支給され、その後は、従前の障害補償年金は支給されない。

 

 

 

社労士過去問 平成21年度 労働者災害補償保険法 第6問 解説

A. 〇 正しい

【問】障害補償給付を支給すべき障害は、厚生労働省令で定める障害等級表に掲げる障害等級第1級から第14級までの障害であるが、同表に掲げるもの以外の障害は、その障害の程度に応じ、同表に掲げる障害に準じて障害等級が認定される。

【解説】
労働者災害補償保険法施行規則14条4項
記述の通りです。

障害等級表に規定されていない障害に関しては、障害等級に規定された
障害に準じて障害等級を定めることとなっています。

例えば、「耳の平衡機能障害」や「味覚脱失」等があります。

 

B. × 誤り

【問】既に業務災害による障害の障害等級に応じて障害補償年金を受ける者が新たな業務災害により障害の程度を加重された場合には、その加重された障害の該当する障害等級に応ずる新たな障害補償年金が支給され、その後は、既存の障害に係る従前の障害補償年金は支給されない。 

【解説】
労働者災害補償保険法施行規則14条5項
問題文の場合、既存の障害に係る従前の障害補償年金はそのまま支給され、
新たに「加重分の障害補償年金」が支給されることになります。

 

C. 〇 正しい

【問】障害等級表に該当する障害が2以上あって厚生労働省令の定める要件を満たす場合には、その障害等級は、厚生労働省令の定めるところに従い繰り上げた障害等級による。繰り上げた障害等級の具体例を挙げれば、次のとおりである。
①第8級、第11級及び第13級の3障害がある場合     第7級
②第4級、第5級、第9級及び第12級の4障害がある場合  第1級
③第6級及び第8級の2障害がある場合   第4級 

【解説】
労働者災害補償保険法施行規則14条3項
記述の通りです。

障害補償給付を支給すべき障害が2以上あるときは、重い方の障害を
1級から3級の範囲で繰上げた等級となります。

 

D. 〇 正しい

【問】既に業務災害による障害の障害等級に応じて障害補償一時金を支給されていた者が新たな業務災害により同一の部位について障害の程度が加重され、それに応ずる障害補償年金を支給される場合には、その額は、原則として、既存の障害に係る障害補償一時金の額の25分の1を差し引いた額による。

【解説】
労働者災害補償保険法施行規則14条5項
記述の通りです。

 

E. 〇 正しい

【問】障害補償年金を受ける者の障害の程度について自然的経過により変更があった場合には、新たに該当することとなった障害等級に応ずる障害補償給付が支給され、その後は、従前の障害補償年金は支給されない。 

【解説】
労働者災害補償保険法15条の2
記述の通りです。

なお、障害補償一時金の支給を受けた者の障害の程度が、自然経過的に
増悪又は軽減した場合でも、改定の取扱いは行いません。

 

以上より、回答はとなります。

 

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成21年(2009年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 回答 難易度
№1 労働基準法
№2 労働基準法
№3 労働基準法
№4 労働基準法 やや難
№5 労働基準法
№6 労働基準法
№7 労働基準法
№8 労働安全衛生法
№9 労働安全衛生法 普通
№10 労働安全衛生法
№1 労働者災害補償保険法
№2 労働者災害補償保険法 普通
№3 労働者災害補償保険法 普通
№4 労働者災害補償保険法 普通
№5 労働者災害補償保険法 普通
№6 労働者災害補償保険法 やや難
№7 労働者災害補償保険法 普通
№8 労働保険徴収法
№9 労働保険徴収法 普通
№10 労働保険徴収法 普通
№1 雇用保険法
№2 雇用保険法
№3 雇用保険法 普通
№4 雇用保険法 普通
№5 雇用保険法 普通
№6 雇用保険法
№7 雇用保険法
№8 労働保険徴収法 普通
№9 労働保険徴収法 普通
№10 労働保険徴収法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す