社労士過去問 平成21年度 労働保険徴収法 第10問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 労働保険徴収法 第10問 問題

以下の派遣労働者に係る平成25年度分の労働保険料(確定保険料分)について、派遣元事業主及び当該派遣労働者に係る労働者派遣の役務の提供を受ける者(以下「派遣先事業主」という。)が納付するものとして、正しいものはどれか。なお、賃金総額及び派遣元事業主、派遣先事業主の事業内容等は、以下のとおりである。また、派遣元事業主は、下記派遣先にのみ労働者を派遣するものである。

派遣労働者 平成25年度において、派遣元事業主が雇用した満60歳以下の労働者であり、雇用保険の一般被保険者である。
派遣労働者の総数は30名である。
賃金総額 平成25年度において、上記派遣労働者に支払われた賃金総額は、1億円である。

 

派遣元事業主 派遣先事業主
事業内容 その他の各種事業
(労働者派遣事業)
自動車製造業
(参考)
保険率

(労災保険率)
・輸送用機械器具製造業(船舶製造又は修理業を除く。)

1000分の4.5

・その他の各種事業    1000分の3

(雇用保険率)
・一般の事業       1000分の13.5

 

  派遣元事業主 派遣先事業主
A なし 1億円×(1000分の4.5+1000分の13.5)
B 1億円×1000分の13.5 1億円×1000分の4.5
C 1億円×1000分の13.5 1億円×1000分の3
D 1億円×(1000分の3+1000分の13.5) なし
E 1億円×(1000分の4.5+1000分の13.5) なし

 

社労士過去問 平成21年度 労働保険徴収法 第10問 解説

派遣労働者にかかる労働保険料は、派遣元事業主が支払います。
また、適用される労災保険率は、派遣先での就労の実態に基づくため、
設問の場合、労災保険率は1000分の4.5を適用して計算します。

従って、1億円×(1000分の4.5+1000分の13.5)となり
解答は、となります。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成21年(2009年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 回答 難易度
№1 労働基準法
№2 労働基準法
№3 労働基準法
№4 労働基準法 やや難
№5 労働基準法
№6 労働基準法
№7 労働基準法
№8 労働安全衛生法
№9 労働安全衛生法 普通
№10 労働安全衛生法
№1 労働者災害補償保険法
№2 労働者災害補償保険法 普通
№3 労働者災害補償保険法 普通
№4 労働者災害補償保険法 普通
№5 労働者災害補償保険法 普通
№6 労働者災害補償保険法 やや難
№7 労働者災害補償保険法 普通
№8 労働保険徴収法
№9 労働保険徴収法 普通
№10 労働保険徴収法 普通
№1 雇用保険法
№2 雇用保険法
№3 雇用保険法 普通
№4 雇用保険法 普通
№5 雇用保険法 普通
№6 雇用保険法
№7 雇用保険法
№8 労働保険徴収法 普通
№9 労働保険徴収法 普通
№10 労働保険徴収法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す