社労士の勉強を始める前に、

WS000000何か資格を取ろうとするときは、必ず目的があって
その資格を取ろうと考えるはずですが、

それは、仕事の為ですか?
自慢する為ですか?
スキルUPの為ですか?

人それぞれだと思います。

 

その資格を取ったらこんなことがしたい
あんなことがしたいと思って
資格を目指す方がほとんどだと思います。

 

しかし中には、ただ漠然とこの資格が取れたら
何とかなるんじゃないかと言う思いだけで、
受験勉強を始められる方が、意外と多いのも事実です。

あなたはどうでしょうか?

 

わたしは、数日勉強したら合格してしまうような
資格であれば、深く考えずに受験したらいいと思いますが、

社労士のような、資格はよ~く考えて
受験を決めた方がいいと思っています。

なぜなら、犠牲にする時間が、社労士の場合
あまりにもでかいからです。

ですから、できるだけはっきりと社労士になった時の展望を見据えて、
試験に臨んだ方が、高い確率で合格できると思います。

逆に展望が見えていない方は、ほとんが
試験以前に受験勉強中に脱落していきます。

理由を考えると簡単で、前者は高いモチベーションを保ったまま
勉強をやり抜くことが出来るため、高い確率で合格できると 思っています。

 

ただ、こんなことを言っていますが実は、わたしは後者でした。
社労士になった時の展望などなく、社労士を目指した方です。

ではなぜ、わたしは合格できたのでしょうか?

それは、自分が持っている勉強法を試したかったからです。
わたしのやり方で勉強すれば必ず合格できると言う
根拠のない自信がありました。

それとプラスαとして、箔(ハク)を付けたかったと言う
思いもありました。

わたしは、行政書士を既に、合格していましたので、
行政書士と社労士を持っていれば、それだけで信用力が
違うと考えていたのも事実です。

しかし、実際に社労士の勉強を始めて見ると
はっきり言って、こんなのほんと大丈夫かと
不安不安の毎日でした。

幸いにしてわたしの場合は、半年と言う比較的短い期間の
勉強で合格できましたので、

モチベーションも波はありましたが、なんとか
維持することができました。

ただこれまで、社労士の受験生に携わってきて
たくさんの方を見て感じたのは、
わたしのような人間は、珍しい部類に
分類されるんだと気が付いたからなのです。

ですから、あなたにはわたしのようなイケイケの考えでなく
社労士受験を始める前に社労士になったら、

どうしたい
何ができると、

今一度、真剣に考えてから
社労士を目指していただきたいのです。

社労士になったら

・社労士として独立する自信がある。

・社労士事務所に就職ができる。

・勤務社労士になる。

などなどある程度、展望をもって
受験を始めた方が、それだけモチベーションを 高く保って、
受験生活を乗り切れることだと思います。

今さら言うまでもありませんが、
社労士の試験は難しいです。

難しいから挑戦したい!
その気持ちも理解できますが、

貴重な時間を犠牲にして、勉強に当てなくてはならないのですから
それなりの心構えと覚悟、準備は必要だと思います。

もしあなたが、資格学校などに踊らされて、
簡単に社労士になれると考えているのなら
それは間違いです。

厳しい受験生活が待っています。

どんなに優れた勉強法を駆使しても、
勉強することに変わりはありません。

 

苦しいとか、厳しいとか言う表現を使ってしまいましたが、
中には、勉強が楽しいと言う方もいるかも知れません。

しかし最低限わたしは、社労士の受験を経験して
楽しいなど思ったことがなかったため、このような表現を使いました。

ここまで読んでいただいた上であなたが、やると決めたのなら、
絶対に諦めずに受験日まで、徹底的に勉強してくださいね^^

応援しています。
がんばってください。

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す