社労士過去問 平成24年度 健康保険法 第1問 問題と解説

平成24年度 健康保険法 第1問 問題

保険給付に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

【A】被保険者であった者が被保険者の資格を喪失した日後6か月以内に死亡したときは、被保険者であった者により生計を維持していた者であって、埋葬を行うものは、その被保険者の最後の保険者から埋葬料の支給を受けることができる。

【B】療養費を受ける権利は、療養に要した費用を支払った日から5年を経過したときは、時効によって消滅する。

【C】高額な薬剤費等がかかる患者の負担を軽減するため、同一医療機関での同一月の窓口負担が自己負担限度額を超える場合は、 患者が高額療養費を事後に申請して受給する手続きに代えて、保険者から医療機関に支給することで、窓口での支払を自己負担限度額までにとどめるという現物給付化の対象となっているのは、入院医療に限られている。

【D】被保険者が死亡した場合、家族療養費はその当日から支給されない。

【E】70歳以上で標準報酬月額が28万円以上の被保険者が、70歳以上の被扶養者の分もあわせて年収が520万円未満の場合、療養の給付に係る一部負担金は申請により2割負担(平成26年3月31日までは1割負担)となる。

 

 

平成24年度 健康保険法 第1問 解説

【A】 × 間違い

【問】被保険者であった者が被保険者の資格を喪失した日後6か月以内に死亡したときは、被保険者であった者により生計を維持していた者であって、埋葬を行うものは、その被保険者の最後の保険者から埋葬料の支給を受けることができる

【解説】
健保法105条の条文問題です。
問題文の「6か月以内」ではなく「3か月以内」が正しいです。

 

【B】 × 間違い

【問】療養費を受ける権利は、療養に要した費用を支払った日から5年を経過したときは、時効によって消滅する。

【解説】
これも健保法193条の条文問題です。

保険給付を受ける権利は、二年を経過したときは、
時効によって消滅すとなっており、問題文の「5年」は
間違いです。

 

【C】 × 間違い

【問】高額な薬剤費等がかかる患者の負担を軽減するため、同一医療機関での同一月の窓口負担が自己負担限度額を超える場合は、 患者が高額療養費を事後に申請して受給する手続きに代えて、保険者から医療機関に支給することで、窓口での支払を自己負担限度額までにとどめるという現物給付化の対象となっているのは、入院医療に限られている。

【解説】
高額医療費に係わる現物給付の対象になっているのは、
入院医療だけでなく、「外来医療」も平成24年4月1日から
加わっています。

なお問題にある高額な薬剤費等がかかる負担は、
外来医療に係る負担金として処理されます。

 

【D】 × 間違い

【問】被保険者が死亡した場合、家族療養費はその当日から支給されない。

【解説】
間違いやすいですが、家族療養費の支給を受けるのは
被保険者の家族ではなく、被保険者自身です。

よって被保険者が死亡した場合の資格喪失の時期は、
死亡した日の翌日となりますから、問題文の死亡した当日と言うのは
間違いとなります。

 

【E】 〇 正しい

【問】70歳以上で標準報酬月額が28万円以上の被保険者が、70歳以上の被扶養者の分もあわせて年収が520万円未満の場合、療養の給付に係る一部負担金は申請により2割負担(平成26年3月31日までは1割負担)となる。

【解説】
70歳以上のお年寄りでも、所得がある方は、療養の給付に係る一部負担金は、
申請により2割負担(平成26年3月31日までは特例措置により1割負担)となります。

具体的な所得は、被扶養者がいる場合は520万円、
被扶養者がいない場合は383万円となっています。

 

以上から、回答は【E】となります。

この問題は、保険給付の基本的な問題でしたので、
簡単だったと思います。

ポカミスに注意してくださいね^^

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成24年(2012年)社労士試験 回答一覧

科目 問題№ 正解肢 難易度
問1 労働基準法 普通
問2 労働基準法 普通
問3 労働基準法 普通
問4 労働基準法 普通
問5 労働基準法
問6 労働基準法
問7 労働基準法
問8 労働安全衛生法 普通
問9 労働安全衛生法
問10 労働安全衛生法
問1 労働災害補償法
問2 労働災害補償法
問3 労働災害補償法 普通
問4 労働災害補償法
問5 労働災害補償法 やや難
問6 労働災害補償法 普通
問7 労働災害補償法 やや難
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法 普通
問10 労働保険徴収法 普通
問1 雇用保険法
問2 雇用保険法
問3 雇用保険法
問4 雇用保険法 普通
問5 雇用保険法 普通
問6 雇用保険法
問7 雇用保険法 普通
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法
問10 労働保険徴収法 普通
問1 労働保険に関する一般常識 普通
問2 労働保険に関する一般常識 普通
問3 労働保険に関する一般常識
問4 労働保険に関する一般常識
問5 労働保険に関する一般常識
問6 社会保険に関する一般常識
問7 社会保険に関する一般常識
問8 社会保険に関する一般常識 普通
問9 社会保険に関する一般常識 普通
問10 社会保険に関する一般常識
問1 健康保険法
問2 健康保険法 普通
問3 健康保険法 普通
問4 健康保険法
問5 健康保険法 普通
問6 健康保険法
問7 健康保険法
問8 健康保険法
問9 健康保険法 やや難
問10 健康保険法
問1 厚生年金保険法
問2 厚生年金保険法
問3 厚生年金保険法 やや難
問4 厚生年金保険法 普通
問5 厚生年金保険法 やや難
問6 厚生年金保険法 普通
問7 厚生年金保険法
問8 厚生年金保険法 やや難
問9 厚生年金保険法 普通
問10 厚生年金保険法
問1 国民年金法
問2 国民年金法 普通
問3 国民年金法
問4 国民年金法
問5 国民年金法
問6 国民年金法
問7 国民年金法
問8 国民年金法 普通
問9 国民年金法
問10 国民年金法 やや難

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す