社労士過去問 平成24年度 厚生年金保険法 第3問 問題と解説

平成24年度 厚生年金保険法 第3問 問題

65歳に達している受給権者に係る平成18年4月1日以後に支給される厚生年金保険法による年金たる保険給付と、国民年金法による年金たる給付の併給に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

【A】老齢厚生年金は、老齢基礎年金及び付加年金並びに障害基礎年金と併給できるが、遺族基礎年金とは併給できない。

【B】旧厚生年金保険法による年金たる保険給付のうち老齢年金、通算老齢年金及び特例老齢年金は、その受給権者が遺族厚生年金若しくは厚生年金保険法による特例遺族年金又は遺族共済年金の支給を受けるときは、当該老齢年金、通算老齢年金及び特例老齢年金の額の2分の1に相当する部分の支給の停止を行わない。

【C】遺族厚生年金は、老齢基礎年金及び付加年金又は障害基礎年金と併給できる。

【D】老齢厚生年金と障害基礎年金の併給について、受給権者に子がある場合であって、障害基礎年金の子に対する加算額が加算されるとき(当該子について加算する額に相当する部分の全額につき支給を停止されているときを除く。)は、老齢厚生年金の当該子に対する加給年金額に相当する部分を支給停止する。

【E】遺族厚生年金(基本となる年金額の3分の2に相当する額)と老齢厚生年金(基本となる年金額の2分の1に相当する額)を同時に受給する場合には、基礎年金については老齢基礎年金を選択することができるが、障害基礎年金を選択することはできない。

 

 

 

平成24年度 厚生年金保険法 第3問 解説

【A】 〇 正しい

【問】老齢厚生年金は、老齢基礎年金及び付加年金並びに障害基礎年金と併給できるが、遺族基礎年金とは併給できない。

【解説】
厚生年金法38条1項
老齢厚生年金は、遺族基礎年金とは併給できません。
また、老齢厚生年金は、老齢基礎年金及び付加年金並びに障害基礎年金と
併給は可能です。

よって問題文は正しいとなります。

 

【B】 〇 正しい

【問】旧厚生年金保険法による年金たる保険給付のうち老齢年金、通算老齢年金及び特例老齢年金は、その受給権者が遺族厚生年金若しくは厚生年金保険法による特例遺族年金又は遺族共済年金の支給を受けるときは、当該老齢年金、通算老齢年金及び特例老齢年金の額の2分の1に相当する部分の支給の停止を行わない。

【解説】
厚生年金法附則56条6項
旧厚生年金保険法による年金たる保険給付のうち老齢年金、
通算老齢年金及び特例老齢年金は、その受給権者(六十五歳に
達している者に限る。)が遺族厚生年金若しくは厚生年金保険法による
特例遺族年金又は遺族共済年金の支給を受けるときは、当該老齢年金、
通算老齢年金及び特例老齢年金の額の二分の一に相当する部分の
支給の停止を行わない。

よって問題文は正しいとなります。

 

【C】 〇 正しい

【問】遺族厚生年金は、老齢基礎年金及び付加年金又は障害基礎年金と併給できる。

【解説】
厚生年金法38条1項
老齢基礎年金及び付加年金、障害基礎年金並びに遺族厚生年金と
同一の支給事由に基づいて支給される遺族基礎年金は、併給可能です。

よって問題文は正しいです。

 

【D】 〇 正しい

【問】老齢厚生年金と障害基礎年金の併給について、受給権者に子がある場合であって、障害基礎年金の子に対する加算額が加算されるとき(当該子について加算する額に相当する部分の全額につき支給を停止されているときを除く。)は、老齢厚生年金の当該子に対する加給年金額に相当する部分を支給停止する。

【解説】
厚生年金法44条1項
65歳以降、老齢厚生年金と障害基礎年金の併給は可能です。
但し、子に対する加算額が重複する場合は、
老齢厚生年金の子に対する加給年金額に
相当する部分が支給停止となります。

 

【E】 × 間違い

【問】遺族厚生年金(基本となる年金額の3分の2に相当する額)と老齢厚生年金(基本となる年金額の2分の1に相当する額)を同時に受給する場合には、基礎年金については老齢基礎年金を選択することができるが、障害基礎年金を選択することはできない。

【解説】
厚生年金法38条及び60条
通常は、老齢厚生年金が遺族厚生年金より優先して支払われますが、
遺族厚生年金の額が多い場合は、その差額が遺族厚生年金として支払われます。

この場合、老齢基礎年金もしくは、障害基礎年金は併給されることになり
問題文は、間違いとなります。

 

以上から、正解は【E】となります。

Eの肢がかなり難しい問題でしたが、
どうだったでしょうか?

Bもひょっとしたらキツイ問題だったかも知れません。

合格者と差が出るとしたら
この問題ぐらいの難易度だと思います。

合格のためには、取っておきたい問題でした。

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成24年(2012年)社労士試験 回答一覧

科目 問題№ 正解肢 難易度
問1 労働基準法 普通
問2 労働基準法 普通
問3 労働基準法 普通
問4 労働基準法 普通
問5 労働基準法
問6 労働基準法
問7 労働基準法
問8 労働安全衛生法 普通
問9 労働安全衛生法
問10 労働安全衛生法
問1 労働災害補償法
問2 労働災害補償法
問3 労働災害補償法 普通
問4 労働災害補償法
問5 労働災害補償法 やや難
問6 労働災害補償法 普通
問7 労働災害補償法 やや難
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法 普通
問10 労働保険徴収法 普通
問1 雇用保険法
問2 雇用保険法
問3 雇用保険法
問4 雇用保険法 普通
問5 雇用保険法 普通
問6 雇用保険法
問7 雇用保険法 普通
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法
問10 労働保険徴収法 普通
問1 労働保険に関する一般常識 普通
問2 労働保険に関する一般常識 普通
問3 労働保険に関する一般常識
問4 労働保険に関する一般常識
問5 労働保険に関する一般常識
問6 社会保険に関する一般常識
問7 社会保険に関する一般常識
問8 社会保険に関する一般常識 普通
問9 社会保険に関する一般常識 普通
問10 社会保険に関する一般常識
問1 健康保険法
問2 健康保険法 普通
問3 健康保険法 普通
問4 健康保険法
問5 健康保険法 普通
問6 健康保険法
問7 健康保険法
問8 健康保険法
問9 健康保険法 やや難
問10 健康保険法
問1 厚生年金保険法
問2 厚生年金保険法
問3 厚生年金保険法 やや難
問4 厚生年金保険法 普通
問5 厚生年金保険法 やや難
問6 厚生年金保険法 普通
問7 厚生年金保険法
問8 厚生年金保険法 やや難
問9 厚生年金保険法 普通
問10 厚生年金保険法
問1 国民年金法
問2 国民年金法 普通
問3 国民年金法
問4 国民年金法
問5 国民年金法
問6 国民年金法
問7 国民年金法
問8 国民年金法 普通
問9 国民年金法
問10 国民年金法 やや難

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す