社労士過去問 平成25年度 労働基準法 第1問 問題と解説

平成25年度 労働基準法 第1問 問題

労働基準法に定める就業規則に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか?

【A】労働基準法第91条に規定する減給の制裁に関し、平均賃金を算定すべき事由の発生した日は、減給制裁の事由が発生した日ではなく、減給の制裁が決定された日をもってこれを算定すべき事由の発生した日とされている。

【B】臨時の賃金等を除く賃金の決定、計算及び支払の方法に関する事項は、労働基準法第89条において、就業規則のいわゆる絶対的必要記載事項となっている。

【C】派遣労働者に関して、労働基準法第89条により就業規則の作成義務を負うのは、派遣中の労働者とそれ以外の労働者とを合わせた常時10人以上の労働者を使用している派遣元の使用者である。

【D】労働基準法第89条の規定により、常時10人以上の労働者を使用するに至った使用者は、同条に規定する事項について就業規則を作成し、所轄労働基準監督署長に届け出なければならないが、従来の慣習が当該事業所の労働者の全てに適用されるものである場合、当該事項については就業規則に規定しなければならない。

【E】行政官庁は、就業規則が当該事業場について適用される労働協約に抵触する場合には、当該就業規則の変更を命ずることができる。

平成25年度 労働基準法 第1問 解説

【A】× 間違い

【問】労働基準法第91条に規定する減給の制裁に関し、平均賃金を算定すべき事由の発生した日は、減給制裁の事由が発生した日ではなく、減給の制裁が決定された日をもってこれを算定すべき事由の発生した日とされている。

【解説】
労基法91条及び昭和30基収5875号)
減給の制裁に関する平均賃金を算定すべき事由の発生した日には、
問題文のいずれでもなく「減給の制裁の意思表示が相手方に到達した日」
になります。

 

【B】〇 正しい

【問】臨時の賃金等を除く賃金の決定、計算及び支払の方法に関する事項は、労働基準法第89条において、就業規則のいわゆる絶対的必要記載事項となっている。

【解説】
労基法89条
記述の通りです。

なお、問題文の臨時の賃金等は、相対的必要記載事項となります。

 

【C】〇 正しい

【問】派遣労働者に関して、労働基準法第89条により就業規則の作成義務を負うのは、派遣中の労働者とそれ以外の労働者とを合わせた常時10人以上の労働者を使用している派遣元の使用者である。

【解説】
労基法89条及び労働派遣法44条及び昭和61基発333号)
記述の通りです。

労基法89条に関しては、労働派遣法44条の労働基準法に関する特例は
適用されないので、派遣労働者に関して就業規則の作成義務を負うのは、
派遣中の労働者とそれ以外の労働者とを合わせて常時10人以上の労働者を
使用する「派遣元」の使用者となります。

 

【D】〇 正しい

【問】労働基準法第89条の規定により、常時10人以上の労働者を使用するに至った使用者は、同条に規定する事項について就業規則を作成し、所轄労働基準監督署長に届け出なければならないが、従来の慣習が当該事業所の労働者の全てに適用されるものである場合、当該事項については就業規則に規定しなければならない。

【解説】
労基法89条及び昭和23基発1575号)
記述の通りです。

事業者の労働者のすべてに適用される従来の慣習は、
相対的必要事項となります。

 

【E】〇 正しい

【問】行政官庁は、就業規則が当該事業場について適用される労働協約に抵触する場合には、当該就業規則の変更を命ずることができる。

【解説】
労基法92条2項
記述の通りです。

就業規則が法令に抵触した場合も、問題文のような変更命令を
することができます。

 

以上から、正解は【A】となります。

この問題は、さほど難しくない問題だったと思います。
正解肢Aは、若干細かい個所では、ありましたが
ここは、おさえてもらいたい論点ではありました。

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成25年(2013年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 正解肢 難易度
˜問1 労働基準法 普通
問2 労働基準法
問3 労働基準法
問4 労働基準法 普通
問5 労働基準法
問6 労働基準法
問7 労働基準法 普通
問8 労働安全衛生法 普通
問9 労働安全衛生法
問10 労働安全衛生法
問1 労働災害補償法
問2 労働災害補償法 普通
問3 労働災害補償法 普通
問4 労働災害補償法
問5 労働災害補償法
問6 労働災害補償法
問7 労働災害補償法 普通
問8 労働保険徴収法 普通
問9 労働保険徴収法
問10 労働保険徴収法 やや難
問1 雇用保険法
問2 雇用保険法 普通
問3 雇用保険法 普通
問4 雇用保険法
問5 雇用保険法
問6 雇用保険法 普通
問7 雇用保険法
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法 やや難
問10 労働保険徴収法 普通
問1 労働保険に関する一般常識 普通
問2 労働保険に関する一般常識 普通
問3 労働保険に関する一般常識
問4 労働保険に関する一般常識
問5 労働保険に関する一般常識
問6 社会保険に関する一般常識
問7 社会保険に関する一般常識
問8 社会保険に関する一般常識 普通
問9 社会保険に関する一般常識 普通
問10 社会保険に関する一般常識 普通
問1 健康保険法 普通
問2 健康保険法 やや難
問3 健康保険法 普通
問4 健康保険法 やや難
問5 健康保険法 普通
問6 健康保険法 やや難
問7 健康保険法 やや難
問8 健康保険法 普通
問9 健康保険法
問10 健康保険法 普通
問1 厚生年金保険法
問2 厚生年金保険法 普通
問3 厚生年金保険法 普通
問4 厚生年金保険法 やや難
問5 厚生年金保険法
問6 厚生年金保険法
問7 厚生年金保険法
問8 厚生年金保険法 普通
問9 厚生年金保険法 普通
問10 厚生年金保険法
問1 国民年金法
問2 国民年金法
問3 国民年金法 普通
問4 国民年金法
問5 国民年金法
問6 国民年金法
問7 国民年金法
問8 国民年金法 やや難
問9 国民年金法 やや難
問10 国民年金法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す