社労士過去問 平成25年度 労働基準法 第4問 問題と解説

平成25年度 労働基準法 第4問 問題

労働基準法に定める妊婦等に関する次のアからオの記述のうち、正しいもの組み合わせは、後記AからEまでのうちどれか?

【ア】派遣中の派遣労働者が、労働基準法67条1項の規定に基づく育児時間を請求する場合は、派遣元事業主に対してではなく、派遣先の事業主に対して行わなければならない。

【イ】使用者は、妊娠100日目の女性が流産した場合については、労働基準法65条に規定する産後休業を与える必要はない。

【ウ】労働基準法では、「妊産婦」は、「妊娠中の女性及び産後6か月を経過しない女性」とされている。

【エ】労働基準法65条3項においては、「使用者は妊娠中の女性が請求した場合においては、他の軽易な業務に転換させなければならない。」と規定されているが、派遣中の派遣労働者が同項の規定に基づく請求を行う場合は、派遣元事業主に対して行わなければならない。

【オ】使用者は、労働基準法66条2項の規定に基づき、妊産婦が請求した場合においては、同法33条1項及び3項並びに36条1項の規定に係わらず、または休日に労働させてはならない。

【A】ア-イ

【B】ア-オ

【C】イ-ウ

【D】ウ-エ

【E】エ-オ

平成25年度 労働基準法 第4問 解説

【ア】〇 正しい

【問】派遣中の派遣労働者が、労働基準法67条1項の規定に基づく育児時間を請求する場合は、派遣元事業主に対してではなく、派遣先の事業主に対して行わなければならない。

【解説】
労基法67条及び労働者派遣法44条2項
記述の通りです。

派遣労働者の育児時間の請求は派遣先の事業主にすることになります。

 

【イ】× 間違い

【問】使用者は、妊娠100日目の女性が流産した場合については、労働基準法65条に規定する産後休業を与える必要はない。

【解説】
労基法65条及び昭和63基発1885号)
出産の範囲は、妊娠85日以上の分娩で死後も含まれます。
よって、問題文にある妊娠100日目の女性が流産した場合も含まれます。

 

【ウ】× 間違い

【問】労働基準法では、「妊産婦」は、「妊娠中の女性及び産後6か月を経過しない女性」とされている。

【解説】
労基法64条の3第1項
「妊娠中の女性及び産後6か月を経過しない女性」は
「妊娠中の女性及び産後1年を経過しない女性」の間違いです。

 

【エ】× 間違い

【問】労働基準法65条3項においては、「使用者は妊娠中の女性が請求した場合においては、他の軽易な業務に転換させなければならない。」と規定されているが、派遣中の派遣労働者が同項の規定に基づく請求を行う場合は、派遣元事業主に対して行わなければならない。

【解説】
労基法65条及び労働者派遣法44条)
派遣労働者は、軽易な業務への転換を希望する場合は、
派遣元の事業主に対して請求を行います。

 

【オ】〇 正しい

【問】使用者は、労働基準法66条2項の規定に基づき、妊産婦が請求した場合においては、同法33条1項及び3項並びに36条1項の規定に係わらず、または休日に労働させてはならない。

【解説】
労基法66条2項
記述の通りです。

問題文以外にも、妊産婦が請求すれば、フレックスタイム制以外の
変形労働時間の法定労働時間を超える時間は労働をさせてはいけませんし、
深夜業もさせてはならないことになっています。

 

以上から、正しいもの組み合わせはアオとなり
正解は【B】となります。

この問題は、過去問をやっていれば、
すんなり正解を出せたことだと思います。

肢エが、少し迷ったかも知れませんが、
間違えた方は、ここでしっかり確認しておいてください。

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成25年(2013年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 正解肢 難易度
˜問1 労働基準法 普通
問2 労働基準法
問3 労働基準法
問4 労働基準法 普通
問5 労働基準法
問6 労働基準法
問7 労働基準法 普通
問8 労働安全衛生法 普通
問9 労働安全衛生法
問10 労働安全衛生法
問1 労働災害補償法
問2 労働災害補償法 普通
問3 労働災害補償法 普通
問4 労働災害補償法
問5 労働災害補償法
問6 労働災害補償法
問7 労働災害補償法 普通
問8 労働保険徴収法 普通
問9 労働保険徴収法
問10 労働保険徴収法 やや難
問1 雇用保険法
問2 雇用保険法 普通
問3 雇用保険法 普通
問4 雇用保険法
問5 雇用保険法
問6 雇用保険法 普通
問7 雇用保険法
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法 やや難
問10 労働保険徴収法 普通
問1 労働保険に関する一般常識 普通
問2 労働保険に関する一般常識 普通
問3 労働保険に関する一般常識
問4 労働保険に関する一般常識
問5 労働保険に関する一般常識
問6 社会保険に関する一般常識
問7 社会保険に関する一般常識
問8 社会保険に関する一般常識 普通
問9 社会保険に関する一般常識 普通
問10 社会保険に関する一般常識 普通
問1 健康保険法 普通
問2 健康保険法 やや難
問3 健康保険法 普通
問4 健康保険法 やや難
問5 健康保険法 普通
問6 健康保険法 やや難
問7 健康保険法 やや難
問8 健康保険法 普通
問9 健康保険法
問10 健康保険法 普通
問1 厚生年金保険法
問2 厚生年金保険法 普通
問3 厚生年金保険法 普通
問4 厚生年金保険法 やや難
問5 厚生年金保険法
問6 厚生年金保険法
問7 厚生年金保険法
問8 厚生年金保険法 普通
問9 厚生年金保険法 普通
問10 厚生年金保険法
問1 国民年金法
問2 国民年金法
問3 国民年金法 普通
問4 国民年金法
問5 国民年金法
問6 国民年金法
問7 国民年金法
問8 国民年金法 やや難
問9 国民年金法 やや難
問10 国民年金法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す