社労士過去問 平成25年度 労働安全衛生法 第9問 問題と解説

平成25年度 労働安全衛生法 第9問 問題

労働安全衛生法に基づく監督等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか?

【A】事業者は、労働安全衛生法第88条第3項の規定に基づき、建設業に属する事業の仕事のうち重大な労働災害を生ずる恐れがある特に大規模な仕事で、厚生労働省令で定めるものを開始しようとするとき、その計画を当該仕事の開始の日の30日前までに厚生労働大臣に届出なければならず、厚生労働大臣は届出のあった当該仕事の計画のうち、高度の技術的検討を要するものについて審査をし、審査の結果必要があると認めるときは、当該届出をした事業者に対し、労働災害の防止に関する事項について必要な勧告をすることができる。

【B】都道府県労働局長は、労働衛生指導医を労働安全衛生法第65条第5項の規定による作業環境測定の実施等の指示または同法第66条第4項の規定による臨時の健康診断の実施等の指示に関する事務その他労働者の衛生に関する事務に参画させるため必要があると認めるときは、労働衛生指導医をして事業場に立ち入り、関係者に質問させることができる。

【C】厚生労働大臣は、労働安全衛生法第93条第2項または第3項の規定による労働災害の原因の調査が行われる場合に、当該労働災害の規模その他の状況から判断して必要があると認めるときは、独立行政法人労働安全衛生総合研究所に当該調査を行わせることができる。

【D】労働者が事業場内における負傷により休業の日数が2日の休業をしたときは、事業者は、遅滞なく、所定の様式による報告書を所轄の労働基準監督署長に提出しなければならない。

【E】労働安全衛生法施行令第1条第3項で定めるボイラー(同条4号の小型ボイラーを除く。)の破裂が発生したときは、事業者は、遅滞なく、所定の様式による報告書を所轄労働基準監督署長に提出しなければならない。

平成25年度 労働安全衛生法 第9問 解説

【A】〇 正しい

【問】事業者は、労働安全衛生法第88条第3項の規定に基づき、建設業に属する事業の仕事のうち重大な労働災害を生ずる恐れがある特に大規模な仕事で、厚生労働省令で定めるものを開始しようとするとき、その計画を当該仕事の開始の日の30日前までに厚生労働大臣に届出なければならず、厚生労働大臣は届出のあった当該仕事の計画のうち、高度の技術的検討を要するものについて審査をし、審査の結果必要があると認めるときは、当該届出をした事業者に対し、労働災害の防止に関する事項について必要な勧告をすることができる。

【解説】
労働安全衛生法88条3項及び同法89条
記述の通りです。

なお、問題文の厚生労働省令で定めるものは、労働安全衛生規則89条の2で、
高さが300メートル以上の塔の建設の仕事等が定められています。

 

【B】〇 正しい

【問】都道府県労働局長は、労働衛生指導医を労働安全衛生法第65条第5項の規定による作業環境測定の実施等の指示または同法第66条第4項の規定による臨時の健康診断の実施等の指示に関する事務その他労働者の衛生に関する事務に参画させるため必要があると認めるときは、労働衛生指導医をして事業場に立ち入り、関係者に質問させることができる。

【解説】
労働安全衛生法96条4項
記述の通りです。

問題文以外に都道府県労働局長は、労働衛生指導医をして事業場に立ち入り、
作業環境若しくは健康診断の結果の記録その他の物件を検査
させることができます。

 

【C】〇 正しい

【問】厚生労働大臣は、労働安全衛生法第93条第2項または第3項の規定による労働災害の原因の調査が行われる場合に、当該労働災害の規模その他の状況から判断して必要があると認めるときは、独立行政法人労働安全衛生総合研究所に当該調査を行わせることができる。

【解説】
労働安全衛生法96条の2第1項
記述の通りです。

 

【D】× 間違い

【問】労働者が事業場内における負傷により休業の日数が2日の休業をしたときは、事業者は、遅滞なく、所定の様式による報告書を所轄の労働基準監督署長に提出しなければならない。

【解説】
労働安全衛生規則97条2項
事業場内における負傷等により休業の日数が4日未満である
労働者私傷病報告(様式24号)の提出期限は「遅滞なく」ではなく
「1月から3月まで、4月から6月まで、7月から9月まで及び10月から12月まで
の期間における当該事実について、それぞれの期間における最後の月の
末日まで」となっています。

なお、労働者の死亡または休業日数4日以上の負傷の場合は、遅滞なく、
労働者私傷病報告(様式23号)を提出することになります。

 

【E】〇 正しい

【問】労働安全衛生法施行令第1条第3項で定めるボイラー(同条4号の小型ボイラーを除く。)の破裂が発生したときは、事業者は、遅滞なく、所定の様式による報告書を所轄労働基準監督署長に提出しなければならない。

【解説】
労働安全衛生規則96条2項
記述の通りです。

問題文のボイラーについては、破裂以外に、煙道ガスの爆発またはこれらに
準ずる事故が発生したときも事故報告をしなければなりません。

また、同条同項3号により、小型ボイラーの破裂の事故が発生したときも
事故報告をしなければならない。

 

以上から、正解は【D】となります。

正解肢C以外は、めちゃくちゃ細かい個所からの
出題で、びっくりしましたが、

正解肢Cが、過去問からの出題でしたので
何とか正解できたと思います。

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成25年(2013年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 正解肢 難易度
˜問1 労働基準法 普通
問2 労働基準法
問3 労働基準法
問4 労働基準法 普通
問5 労働基準法
問6 労働基準法
問7 労働基準法 普通
問8 労働安全衛生法 普通
問9 労働安全衛生法
問10 労働安全衛生法
問1 労働災害補償法
問2 労働災害補償法 普通
問3 労働災害補償法 普通
問4 労働災害補償法
問5 労働災害補償法
問6 労働災害補償法
問7 労働災害補償法 普通
問8 労働保険徴収法 普通
問9 労働保険徴収法
問10 労働保険徴収法 やや難
問1 雇用保険法
問2 雇用保険法 普通
問3 雇用保険法 普通
問4 雇用保険法
問5 雇用保険法
問6 雇用保険法 普通
問7 雇用保険法
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法 やや難
問10 労働保険徴収法 普通
問1 労働保険に関する一般常識 普通
問2 労働保険に関する一般常識 普通
問3 労働保険に関する一般常識
問4 労働保険に関する一般常識
問5 労働保険に関する一般常識
問6 社会保険に関する一般常識
問7 社会保険に関する一般常識
問8 社会保険に関する一般常識 普通
問9 社会保険に関する一般常識 普通
問10 社会保険に関する一般常識 普通
問1 健康保険法 普通
問2 健康保険法 やや難
問3 健康保険法 普通
問4 健康保険法 やや難
問5 健康保険法 普通
問6 健康保険法 やや難
問7 健康保険法 やや難
問8 健康保険法 普通
問9 健康保険法
問10 健康保険法 普通
問1 厚生年金保険法
問2 厚生年金保険法 普通
問3 厚生年金保険法 普通
問4 厚生年金保険法 やや難
問5 厚生年金保険法
問6 厚生年金保険法
問7 厚生年金保険法
問8 厚生年金保険法 普通
問9 厚生年金保険法 普通
問10 厚生年金保険法
問1 国民年金法
問2 国民年金法
問3 国民年金法 普通
問4 国民年金法
問5 国民年金法
問6 国民年金法
問7 国民年金法
問8 国民年金法 やや難
問9 国民年金法 やや難
問10 国民年金法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す