社労士過去問 平成25年度 労働災害補償法 第1問 問題と解説

平成25年度 労働災害補償法 第1問 問題

労災保険法の保険給付に関する次の記述のうち、正しいものはどれか?

【A】遺族補償給付を受ける権利を有する遺族が妻であり、かつ、当該妻と生計を同じくしている遺族補償年金を受けることができる遺族がない場合において、当該妻が55歳に達したとき(労災保険法別表第一の厚生労働省令で定める障害の状態にあるときを除く)は、その達した月から遺族補償年金の額を改定する。

【B】労働者が業務災害により死亡した場合、その祖父母は、当該労働者の死亡当時その収入により生計を維持していなかった場合でも、遺族補償一時金の受給者となることがある。

【C】労働者の死亡前に、当該労働者の死亡により遺族補償年金を受けることができる遺族となるべき者を故意または過失によって死亡させた者は、遺族補償年金を受けべき遺族としない。

【D】傷病補償年金を受ける者には、介護補償給付は行わない。

【E】年金たる保険給付を受ける権利を有する者が死亡したためその支給を受ける権利が消滅したにもかかわらず、その死亡の日の属する月の翌月以後の分として当該年金たる保険給付の過誤払が行われた場合において、当該過誤払による返還金に係わる債権に係わる債務の弁済をすべき者に支払うべき保険給付があるときであっても、当該保険給付の支払金の金額を当該過誤払による返還金に係わる債権の金額に充当することはできない。

平成25年度 労働災害補償法 第1問 解説

【A】× 間違い

【問】遺族補償給付を受ける権利を有する遺族が妻であり、かつ、当該妻と生計を同じくしている遺族補償年金を受けることができる遺族がない場合において、当該妻が55歳に達したとき(労災保険法別表第一の厚生労働省令で定める障害の状態にあるときを除く)は、その達した月から遺族補償年金の額を改定する。

【解説】
労災保険法16条の3第4項
問題文の遺族が妻1人である場合の遺族補償年金の額の改定は、この妻が55歳に
達した月からではなくて、55歳に達した月の翌月からとなります。

 

【B】〇 正しい

【問】労働者が業務災害により死亡した場合、その祖父母は、当該労働者の死亡当時その収入により生計を維持していなかった場合でも、遺族補償一時金の受給者となることがある。

【解説】
労災保険法16条の7
記述の通りです。

なお、子、父母、孫又は祖父母については優先順位が、生計を維持していた者の
方が、生計を維持していなかった者よりも高いです。

 

【C】× 間違い

【問】労働者の死亡前に、当該労働者の死亡により遺族補償年金を受けることができる遺族となるべき者を故意または過失によって死亡させた者は、遺族補償年金を受けべき遺族としない。

【解説】
労災保険法16条の9第2項
問題文の遺族となるべき者を故意に死亡させた場合は、問題文の記述の通りと
なりますが、過失によって死亡させた場合の規定はなくて、
遺族補償年金を受けることができる遺族となり得ます。

 

【D】× 間違い

【問】傷病補償年金を受ける者には、介護補償給付は行わない。

【解説】
労災保険法12条の8第3・4項及び同法18条及び同法19条の2など)
傷病補償年金は傷病により労働できないための逸失利益の補填が目的
で、介護補償給付は労働者の介護にかかる費用を補填することが
目的ですから、併給しても過剰補填と言うことはないため併給されます。

また両給付に関する併給調整の規定もありません。

 

【E】× 間違い

【問】年金たる保険給付を受ける権利を有する者が死亡したためその支給を受ける権利が消滅したにもかかわらず、その死亡の日の属する月の翌月以後の分として当該年金たる保険給付の過誤払が行われた場合において、当該過誤払による返還金に係わる債権に係わる債務の弁済をすべき者に支払うべき保険給付があるときであっても、当該保険給付の支払金の金額を当該過誤払による返還金に係わる債権の金額に充当することはできない。

【解説】
労災保険法12条の2
充当することができます。

 

以上から、正解は【B】となります。

過去問を行っていれば、十分正解が出せる
問題でした。

正解するべき問題です。

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成25年(2013年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 正解肢 難易度
˜問1 労働基準法 普通
問2 労働基準法
問3 労働基準法
問4 労働基準法 普通
問5 労働基準法
問6 労働基準法
問7 労働基準法 普通
問8 労働安全衛生法 普通
問9 労働安全衛生法
問10 労働安全衛生法
問1 労働災害補償法
問2 労働災害補償法 普通
問3 労働災害補償法 普通
問4 労働災害補償法
問5 労働災害補償法
問6 労働災害補償法
問7 労働災害補償法 普通
問8 労働保険徴収法 普通
問9 労働保険徴収法
問10 労働保険徴収法 やや難
問1 雇用保険法
問2 雇用保険法 普通
問3 雇用保険法 普通
問4 雇用保険法
問5 雇用保険法
問6 雇用保険法 普通
問7 雇用保険法
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法 やや難
問10 労働保険徴収法 普通
問1 労働保険に関する一般常識 普通
問2 労働保険に関する一般常識 普通
問3 労働保険に関する一般常識
問4 労働保険に関する一般常識
問5 労働保険に関する一般常識
問6 社会保険に関する一般常識
問7 社会保険に関する一般常識
問8 社会保険に関する一般常識 普通
問9 社会保険に関する一般常識 普通
問10 社会保険に関する一般常識 普通
問1 健康保険法 普通
問2 健康保険法 やや難
問3 健康保険法 普通
問4 健康保険法 やや難
問5 健康保険法 普通
問6 健康保険法 やや難
問7 健康保険法 やや難
問8 健康保険法 普通
問9 健康保険法
問10 健康保険法 普通
問1 厚生年金保険法
問2 厚生年金保険法 普通
問3 厚生年金保険法 普通
問4 厚生年金保険法 やや難
問5 厚生年金保険法
問6 厚生年金保険法
問7 厚生年金保険法
問8 厚生年金保険法 普通
問9 厚生年金保険法 普通
問10 厚生年金保険法
問1 国民年金法
問2 国民年金法
問3 国民年金法 普通
問4 国民年金法
問5 国民年金法
問6 国民年金法
問7 国民年金法
問8 国民年金法 やや難
問9 国民年金法 やや難
問10 国民年金法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す