社労士過去問 平成25年度 労働災害補償法 第3問 問題と解説

平成25年度 労働災害補償法 第3問 問題

労災保険に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか?
なお、本問において「二次健康診断」及び「特定保健指導」とは、労働保険法の二次健康診断等給付として行われるものである。

【A】同一の業務上の事由または通勤による負傷または疾病に関し、年金たる保険給付(遺族補償年金及び遺族年金を除く。以下「乙年金」と言う)を受ける権利を有する労働者が他の年金たる保険給付(遺族補償年金及び遺族年金を除く。以下「甲年金」と言う)を受ける権利を有することとなり、かつ、乙年金を受ける権利が消滅した場合において、その消滅した月の翌月以後の分として乙年金が支払われたときは、その支払われた乙年金は、甲年金の内金とみなす。

【B】二次健康診断の結果に基づき脳血管疾患及び心臓疾患の発生の予防を図るため面接により医師または保健師による特定保健指導は、二次健康診断ごとに2回までとされている。

【C】政府は、二次健康診断の結果その他の事情により既に脳血管疾患または心臓疾患の症状を有すると認められる労働者については、当該二次健康診断に係わる特定保健指導を行わないとされている。

【D】政府は、保険給付を受ける権利を有する者が、正当な理由がなくて、保険給付に関し必要な労災保険法施行規則で定める書類その他の物件を政府に提出しないときは、保険給付の支払いを一時差し止めることができる。

【E】労災保険法では、厚生労働大臣は、同法の施行に関し、関係行政機関または公私の団体に対し、資料の提出その他必要な協力を求めることができ、協力を求められた関係行政機関または公私の団体は、できるだけその求めに応じなければなららないと規定されている。

平成25年度 労働災害補償法 第3問 解説

【A】〇 正しい

【問】同一の業務上の事由または通勤による負傷または疾病に関し、年金たる保険給付(遺族補償年金及び遺族年金を除く。以下「乙年金」と言う)を受ける権利を有する労働者が他の年金たる保険給付(遺族補償年金及び遺族年金を除く。以下「甲年金」と言う)を受ける権利を有することとなり、かつ、乙年金を受ける権利が消滅した場合において、その消滅した月の翌月以後の分として乙年金が支払われたときは、その支払われた乙年金は、甲年金の内金とみなす。

【解説】
労災保険法12条2項
記述の通りです。

 

【B】× 間違い

【問】二次健康診断の結果に基づき脳血管疾患及び心臓疾患の発生の予防を図るため面接により医師または保健師による特定保健指導は、二次健康診断ごとに2回までとされている。

【解説】
労災保険法26条2項2号
二次健康診断等給付における特定保健指導の回数は「二次健康診断ごと
に2回まで」ではなく「二次健康診断ごとに1回」となります。

なお二次健康診断は、一年度に1回に限り行われます。

 

【C】〇 正しい

【問】政府は、二次健康診断の結果その他の事情により既に脳血管疾患または心臓疾患の症状を有すると認められる労働者については、当該二次健康診断に係わる特定保健指導を行わないとされている。

【解説】
労災保険法26条3項
記述の通りです。

 

【D】 〇 正しい

【問】政府は、保険給付を受ける権利を有する者が、正当な理由がなくて、保険給付に関し必要な労災保険法施行規則で定める書類その他の物件を政府に提出しないときは、保険給付の支払いを一時差し止めることができる。

【解説】
労災保険法47条の3
記述の通りです。

 

【E】 〇 正しい

【問】労災保険法では、厚生労働大臣は、同法の施行に関し、関係行政機関または公私の団体に対し、資料の提出その他必要な協力を求めることができ、協力を求められた関係行政機関または公私の団体は、できるだけその求めに応じなければなららないと規定されている。

【解説】
労災保険法49条の3
記述の通りです。

 

以上から、正解は【B】となります。

この問題も、肢E以外はよく見る論点ばかりでしたので
正解できたことと思います。

ただ肢Eは、雑則からの出題で、知らなかった方も
多かったと思います。

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成25年(2013年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 正解肢 難易度
˜問1 労働基準法 普通
問2 労働基準法
問3 労働基準法
問4 労働基準法 普通
問5 労働基準法
問6 労働基準法
問7 労働基準法 普通
問8 労働安全衛生法 普通
問9 労働安全衛生法
問10 労働安全衛生法
問1 労働災害補償法
問2 労働災害補償法 普通
問3 労働災害補償法 普通
問4 労働災害補償法
問5 労働災害補償法
問6 労働災害補償法
問7 労働災害補償法 普通
問8 労働保険徴収法 普通
問9 労働保険徴収法
問10 労働保険徴収法 やや難
問1 雇用保険法
問2 雇用保険法 普通
問3 雇用保険法 普通
問4 雇用保険法
問5 雇用保険法
問6 雇用保険法 普通
問7 雇用保険法
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法 やや難
問10 労働保険徴収法 普通
問1 労働保険に関する一般常識 普通
問2 労働保険に関する一般常識 普通
問3 労働保険に関する一般常識
問4 労働保険に関する一般常識
問5 労働保険に関する一般常識
問6 社会保険に関する一般常識
問7 社会保険に関する一般常識
問8 社会保険に関する一般常識 普通
問9 社会保険に関する一般常識 普通
問10 社会保険に関する一般常識 普通
問1 健康保険法 普通
問2 健康保険法 やや難
問3 健康保険法 普通
問4 健康保険法 やや難
問5 健康保険法 普通
問6 健康保険法 やや難
問7 健康保険法 やや難
問8 健康保険法 普通
問9 健康保険法
問10 健康保険法 普通
問1 厚生年金保険法
問2 厚生年金保険法 普通
問3 厚生年金保険法 普通
問4 厚生年金保険法 やや難
問5 厚生年金保険法
問6 厚生年金保険法
問7 厚生年金保険法
問8 厚生年金保険法 普通
問9 厚生年金保険法 普通
問10 厚生年金保険法
問1 国民年金法
問2 国民年金法
問3 国民年金法 普通
問4 国民年金法
問5 国民年金法
問6 国民年金法
問7 国民年金法
問8 国民年金法 やや難
問9 国民年金法 やや難
問10 国民年金法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す