社労士過去問 平成25年度 労働保険徴収法(労災) 第8問 問題と解説

平成25年度 労働保険徴収法(労災) 第8問 問題

労働保険徴収法の規定による処分についての不服申立てに関する次の記述のうち、正しいものはどれか?

【A】労働保険徴収法第19条第6項の規定による納付済概算保険料の額が確定保険料の額を超える場合の充当の決定の処分について不服があるときは、当該決定処分の処分庁たる都道府県労働局歳入徴収官に対して異議申立てをすることができる。

【B】労働保険徴収法第28条第1項の規定による延滞金の徴収の決定の処分について不服があるときは、当該決定処分の処分庁たる都道府県労働局歳入徴収官に対して異議申立てをすることができる。

【C】労働保険徴収法第25条第1項の規定による印紙保険料の額の認定決定の処分について不服があるときは、当該決定処分の処分庁たる都道府県労働局歳入徴収官に対して審査請求をすることができる。

【D】労働保険徴収法第15条第3項の規定による概算保険料の額の認定決定の処分について不服があるときは、当該決定処分の処分庁たる都道府県労働局歳入徴収官に対して異議申立てをすることができ、その決定に不服があるときは、厚生労働大臣に対して審査請求することができる。

【E】労働保険徴収法第19条第4項の規定による確定保険料の額の認定決定の処分について不服があるときは、当該決定処分の処分庁たる都道府県労働局歳入徴収官に対して審査請求をすることができ、その裁決に不服があるときは、厚生労働大臣に対して再審査請求することができる。

平成25年度 労働保険徴収法(労災) 第8問 解説

【A】× 間違い

【問】労働保険徴収法第19条第6項の規定による納付済概算保険料の額が確定保険料の額を超える場合の充当の決定の処分について不服があるときは、当該決定処分の処分庁たる都道府県労働局歳入徴収官に対して異議申立てをすることができる。

【解説】
労働保険法37条及び行政不服審査法4~6条
都道府県労働局歳入徴収官に対して異議申立てをすることができる事項は、
「概算保険料額又は確定保険料額についての認定決定の処分」
に対して不服がある場合のみになります。

よって、充当の決定の処分について不服があるときは、厚生労働大臣に
審査請求をすることになります。

 

【B】× 間違い

【問】労働保険徴収法第28条第1項の規定による延滞金の徴収の決定の処分について不服があるときは、当該決定処分の処分庁たる都道府県労働局歳入徴収官に対して異議申立てをすることができる。

【解説】
労働保険法37条及び行政不服審査法4~6条
肢Aの解説と同じく、都道府県労働局歳入徴収官に対して
異議申立てをすることはできません。

延滞金の徴収の決定の処分について不服があるときは、
厚生労働大臣に審査請求をすることになります。

 

【C】× 間違い

【問】労働保険徴収法第25条第1項の規定による印紙保険料の額の認定決定の処分について不服があるときは、当該決定処分の処分庁たる都道府県労働局歳入徴収官に対して審査請求をすることができる。

【解説】
労働保険法37条及び行政不服審査法4~6条
肢Aの解説と同じく、都道府県労働局歳入徴収官に対して
異議申立てをすることはできません。

印紙保険料の額の認定決定の処分について不服があるときは、
厚生労働大臣に審査請求をすることになります。

 

【D】〇 正しい

【問】労働保険徴収法第15条第3項の規定による概算保険料の額の認定決定の処分について不服があるときは、当該決定処分の処分庁たる都道府県労働局歳入徴収官に対して異議申立てをすることができ、その決定に不服があるときは、厚生労働大臣に対して審査請求することができる。

【解説】
労働保険法37条及び行政不服審査法4~6条
肢Aで解説した通り、概算保険料の額の認定決定の処分について
不服があるときは、都道府県労働局歳入徴収官に対して異議申立てを
することができ、

その決定に不服があるときは、厚生労働大臣に対して
審査請求することができます。

 

【E】× 間違い

【問】労働保険徴収法第19条第4項の規定による確定保険料の額の認定決定の処分について不服があるときは、当該決定処分の処分庁たる都道府県労働局歳入徴収官に対して審査請求をすることができ、その裁決に不服があるときは、厚生労働大臣に対して再審査請求することができる。

【解説】
労働保険法37条及び行政不服審査法4~6条
肢Aで解説した通り、確定保険料の額の認定決定の処分について
不服があるときは、都道府県労働局歳入徴収官に対して異議申立てを
することができ、

その決定に不服があるときは、厚生労働大臣に対して
審査請求することができます。

 

以上から、正解は【D】となります。

この問題は、過去問で何回も聞かれている
箇所ですから、そんなに難しくなかったと思います。

ぜひ、取っておきたい問題でした。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成25年(2013年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 正解肢 難易度
˜問1 労働基準法 普通
問2 労働基準法
問3 労働基準法
問4 労働基準法 普通
問5 労働基準法
問6 労働基準法
問7 労働基準法 普通
問8 労働安全衛生法 普通
問9 労働安全衛生法
問10 労働安全衛生法
問1 労働災害補償法
問2 労働災害補償法 普通
問3 労働災害補償法 普通
問4 労働災害補償法
問5 労働災害補償法
問6 労働災害補償法
問7 労働災害補償法 普通
問8 労働保険徴収法 普通
問9 労働保険徴収法
問10 労働保険徴収法 やや難
問1 雇用保険法
問2 雇用保険法 普通
問3 雇用保険法 普通
問4 雇用保険法
問5 雇用保険法
問6 雇用保険法 普通
問7 雇用保険法
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法 やや難
問10 労働保険徴収法 普通
問1 労働保険に関する一般常識 普通
問2 労働保険に関する一般常識 普通
問3 労働保険に関する一般常識
問4 労働保険に関する一般常識
問5 労働保険に関する一般常識
問6 社会保険に関する一般常識
問7 社会保険に関する一般常識
問8 社会保険に関する一般常識 普通
問9 社会保険に関する一般常識 普通
問10 社会保険に関する一般常識 普通
問1 健康保険法 普通
問2 健康保険法 やや難
問3 健康保険法 普通
問4 健康保険法 やや難
問5 健康保険法 普通
問6 健康保険法 やや難
問7 健康保険法 やや難
問8 健康保険法 普通
問9 健康保険法
問10 健康保険法 普通
問1 厚生年金保険法
問2 厚生年金保険法 普通
問3 厚生年金保険法 普通
問4 厚生年金保険法 やや難
問5 厚生年金保険法
問6 厚生年金保険法
問7 厚生年金保険法
問8 厚生年金保険法 普通
問9 厚生年金保険法 普通
問10 厚生年金保険法
問1 国民年金法
問2 国民年金法
問3 国民年金法 普通
問4 国民年金法
問5 国民年金法
問6 国民年金法
問7 国民年金法
問8 国民年金法 やや難
問9 国民年金法 やや難
問10 国民年金法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す