社労士過去問 平成25年度 雇用保険法 第1問 問題と解説

平成25年度 雇用保険法 第1問 問題

雇用保険の適当事業及び被保険者に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか?

【A】常時5人未満の労働者を雇用する農林の事業は、法人である事業主の事業を除き、当分の間、任意適用事業とされている。

【B】学校法人法第1条、第124条又は134条第1項の学校の学生又は生徒であっても、卒業を予定している者であって、適用事業に雇用され、卒業した後も引き続き当該事業に雇用されることとなっているものは、雇用保険法が適用される。

【C】同時に2以上の雇用関係について被保険者となることはない。

【D】日本国に在住する外国人が、期間の定めのない雇用として、適用事業に週に30時間雇用されている場合には、外国公務員又は外国の失業補償制度の適用を受けていることが立証された者を除き、国籍(無国籍を含む)のいかんを問わず被保険者となる。

【E】船員法第1条に規定する船員であって、漁船に乗り組むため雇用される者であっても、雇用保険法が適用される場合がある。

平成25年度 雇用保険法 第1問 解説

【A】× 間違い

【問】常時5人未満の労働者を雇用する農林の事業は、法人である事業主の事業を除き、当分の間、任意適用事業とされている。

【解説】
(雇用保険法附則2条及び同法施行令附則第2条
法人である事業主の事業以外に、国、都道府県、市町村その他これに準ずる
ものの事業も任意適用事業とはなりません。

なお、農林の事業以外に同じ条件で、水産の事業(船員が雇用される事業を
除く)は、任意適用事業となります。

 

【B】〇 正しい

【問】学校法人法第1条、第124条又は134条第1項の学校の学生又は生徒であっても、卒業を予定している者であって、適用事業に雇用され、卒業した後も引き続き当該事業に雇用されることとなっているものは、雇用保険法が適用される。

【解説】
雇用保険法6条5号及び同法3条の2
記述の通りです。

問題文の学生のうち、休学中の者や定時制の課程に在学する者及び
職業安定局長が定めた者も雇用保険法が適用されます。

 

【C】〇 正しい

【問】同時に2以上の雇用関係について被保険者となることはない。

【解説】
同時に2以上の雇用関係について被保険者となることはありません。
原則として、その者が生計を維持するのに必要な主たる賃金を
受ける雇用関係についてのみ被保険者となります。

 

【D】〇 正しい

【問】日本国に在住する外国人が、期間の定めのない雇用として、適用事業に週に30時間雇用されている場合には、外国公務員又は外国の失業補償制度の適用を受けていることが立証された者を除き、国籍(無国籍を含む)のいかんを問わず被保険者となる。

【解説】
記述の通りです。

なお、適用基準は、1週間の所定労働時間が20時間以上及び
継続して31日以上の雇用が見込まれることを満たす必要があります。

 

【E】〇 正しい

【問】船員法第1条に規定する船員であって、漁船に乗り組むため雇用される者であっても、雇用保険法が適用される場合がある。

【解説】
雇用保険法6条6号
記述の通りです。

漁船に乗り組む者のうち、政令で定める漁船に乗り組むために
雇用される者(1年を通じて船員として適用事業に雇用される場合を除く)
が除外者となります。

ですから、1年を通じて船員として適用事業に雇用される場合が
問題文に当たります。

 

以上から、正解は【A】となります。

雇用保険の適用関係は毎年出題さている
箇所ですし、この問題も過去問を少しアレンジしたもの
でしたので、確実に1点を取っておきたい問題でした。

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成25年(2013年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 正解肢 難易度
˜問1 労働基準法 普通
問2 労働基準法
問3 労働基準法
問4 労働基準法 普通
問5 労働基準法
問6 労働基準法
問7 労働基準法 普通
問8 労働安全衛生法 普通
問9 労働安全衛生法
問10 労働安全衛生法
問1 労働災害補償法
問2 労働災害補償法 普通
問3 労働災害補償法 普通
問4 労働災害補償法
問5 労働災害補償法
問6 労働災害補償法
問7 労働災害補償法 普通
問8 労働保険徴収法 普通
問9 労働保険徴収法
問10 労働保険徴収法 やや難
問1 雇用保険法
問2 雇用保険法 普通
問3 雇用保険法 普通
問4 雇用保険法
問5 雇用保険法
問6 雇用保険法 普通
問7 雇用保険法
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法 やや難
問10 労働保険徴収法 普通
問1 労働保険に関する一般常識 普通
問2 労働保険に関する一般常識 普通
問3 労働保険に関する一般常識
問4 労働保険に関する一般常識
問5 労働保険に関する一般常識
問6 社会保険に関する一般常識
問7 社会保険に関する一般常識
問8 社会保険に関する一般常識 普通
問9 社会保険に関する一般常識 普通
問10 社会保険に関する一般常識 普通
問1 健康保険法 普通
問2 健康保険法 やや難
問3 健康保険法 普通
問4 健康保険法 やや難
問5 健康保険法 普通
問6 健康保険法 やや難
問7 健康保険法 やや難
問8 健康保険法 普通
問9 健康保険法
問10 健康保険法 普通
問1 厚生年金保険法
問2 厚生年金保険法 普通
問3 厚生年金保険法 普通
問4 厚生年金保険法 やや難
問5 厚生年金保険法
問6 厚生年金保険法
問7 厚生年金保険法
問8 厚生年金保険法 普通
問9 厚生年金保険法 普通
問10 厚生年金保険法
問1 国民年金法
問2 国民年金法
問3 国民年金法 普通
問4 国民年金法
問5 国民年金法
問6 国民年金法
問7 国民年金法
問8 国民年金法 やや難
問9 国民年金法 やや難
問10 国民年金法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す