社労士過去問 平成25年度 労働保険徴収法(雇用) 第8問 問題と解説

平成25年度 労働保険徴収法(雇用) 第8問 問題

労働保険事務組合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか?
なお、本問において「委託事業主」とは、労働保険事務組合に労働保険事務の処理を委託した事業主をいう。

【A】労働保険事務組合は、概算保険料の納期限が到来しているにもかかわらず、委託事業主が概算保険料の納付のための金銭を労働保険事務組合に交付しない場合、当該概算保険料を立て替えて納付しなければならない。

【B】公共職業安定所長が雇用保険法第9条第1項の規定による労働者が被保険者となったこと又は被保険者でなくなったことの確認をしたときの、委託事業主に対してする通知が、労働保険事務組合に対してなされたときは、当該通知は当該委託事業主に対してなされたものとみなされる。

【C】労働保険料の納付義務者である委託事業主に係る催促状を労働保険事務組合が受けたが、当該労働保険事務組合が当該委託事業主に対して催促があった旨の通知をしないため、当該委託事業主が催促状の指定期限までに納付できず延滞金を徴収される場合、当該委託事業主のみが延滞金の納付の責任を負う。

【D】労働保険徴収法第19条第4項の規定により委託事業主に対してする認定決定の通知が労働保険事務組合に対してなされた場合、その通知の効果については、当該労働保険事務組合と当該委託事業主との間の委託契約の内容によっては当該委託事業主に及ばないことがある。

【E】政府は、委託事業主に使用されている者又は使用されていた者が、雇用保険の失業等給付を不正に受給した場合に、それが労働保険事務組合の虚偽の届出、報告又は証明によるものであっても、当該委託事業主に対し、不正に受給した者と当該委託事業主が連帯して、失業等給付の返還又は納付を命ぜられた金額の納付をすることを命ずることとなり、当該労働保険事務組合に対してはその返還を命ずることはできない。

平成25年度 労働保険徴収法(雇用) 第8問 解説

【A】× 間違い

【問】労働保険事務組合は、概算保険料の納期限が到来しているにもかかわらず、委託事業主が概算保険料の納付のための金銭を労働保険事務組合に交付しない場合、当該概算保険料を立て替えて納付しなければならない。

【解説】
労働保険徴収法35条
このような規定はありません。
労働保険事務組合は、委託事業主が労働保険料その他の徴収金の
納付のため、金銭を労働保険組合に交付したときは、
その金額を限度に、政府に対して当該徴収金の納付の責めに任ずるだけです。

 

【B】〇 正しい

【問】公共職業安定所長が雇用保険法第9条第1項の規定による労働者が被保険者となったこと又は被保険者でなくなったことの確認をしたときの、委託事業主に対してする通知が、労働保険事務組合に対してなされたときは、当該通知は当該委託事業主に対してなされたものとみなされる。

【解説】
労働保険徴収法34条
記述通りで正しいです。

 

【C】× 間違い

【問】労働保険料の納付義務者である委託事業主に係る催促状を労働保険事務組合が受けたが、当該労働保険事務組合が当該委託事業主に対して催促があった旨の通知をしないため、当該委託事業主が催促状の指定期限までに納付できず延滞金を徴収される場合、当該委託事業主のみが延滞金の納付の責任を負う。

【解説】
労働保険徴収法35条2項
問題文の場合は、労働保険事務組合の責任は明白ですから
労働保険事務組合に延滞金の納付責任があります。

 

【D】× 間違い

【問】労働保険徴収法第19条第4項の規定により委託事業主に対してする認定決定の通知が労働保険事務組合に対してなされた場合、その通知の効果については、当該労働保険事務組合と当該委託事業主との間の委託契約の内容によっては当該委託事業主に及ばないことがある。

【解説】
労働保険徴収法34条
及ばないとする例外規定は、存在しません。
労働保険事務組合になされた通知は、委託事業者に対してしたものと
みなされます。

 

【E】× 間違い

【問】政府は、委託事業主に使用されている者又は使用されていた者が、雇用保険の失業等給付を不正に受給した場合に、それが労働保険事務組合の虚偽の届出、報告又は証明によるものであっても、当該委託事業主に対し、不正に受給した者と当該委託事業主が連帯して、失業等給付の返還又は納付を命ぜられた金額の納付をすることを命ずることとなり、当該労働保険事務組合に対してはその返還を命ずることはできない。

【解説】
労働保険徴収法35条4項及び雇用保険法10条の4
政府は、雇用保険の失業等給付の不正受給に対する返還命令等において、
問題文の労働保険事務組合は、事業主とみなして、不正受給した者と
連帯して返還等を命じることができます。

 

以上から、正解は【B】となります。

労働保険事務組合に関する問題でしたが、
いずれも通常勉強する箇所ばかりですので、

問題なく1点ゲットできたものと思います。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成25年(2013年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 正解肢 難易度
˜問1 労働基準法 普通
問2 労働基準法
問3 労働基準法
問4 労働基準法 普通
問5 労働基準法
問6 労働基準法
問7 労働基準法 普通
問8 労働安全衛生法 普通
問9 労働安全衛生法
問10 労働安全衛生法
問1 労働災害補償法
問2 労働災害補償法 普通
問3 労働災害補償法 普通
問4 労働災害補償法
問5 労働災害補償法
問6 労働災害補償法
問7 労働災害補償法 普通
問8 労働保険徴収法 普通
問9 労働保険徴収法
問10 労働保険徴収法 やや難
問1 雇用保険法
問2 雇用保険法 普通
問3 雇用保険法 普通
問4 雇用保険法
問5 雇用保険法
問6 雇用保険法 普通
問7 雇用保険法
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法 やや難
問10 労働保険徴収法 普通
問1 労働保険に関する一般常識 普通
問2 労働保険に関する一般常識 普通
問3 労働保険に関する一般常識
問4 労働保険に関する一般常識
問5 労働保険に関する一般常識
問6 社会保険に関する一般常識
問7 社会保険に関する一般常識
問8 社会保険に関する一般常識 普通
問9 社会保険に関する一般常識 普通
問10 社会保険に関する一般常識 普通
問1 健康保険法 普通
問2 健康保険法 やや難
問3 健康保険法 普通
問4 健康保険法 やや難
問5 健康保険法 普通
問6 健康保険法 やや難
問7 健康保険法 やや難
問8 健康保険法 普通
問9 健康保険法
問10 健康保険法 普通
問1 厚生年金保険法
問2 厚生年金保険法 普通
問3 厚生年金保険法 普通
問4 厚生年金保険法 やや難
問5 厚生年金保険法
問6 厚生年金保険法
問7 厚生年金保険法
問8 厚生年金保険法 普通
問9 厚生年金保険法 普通
問10 厚生年金保険法
問1 国民年金法
問2 国民年金法
問3 国民年金法 普通
問4 国民年金法
問5 国民年金法
問6 国民年金法
問7 国民年金法
問8 国民年金法 やや難
問9 国民年金法 やや難
問10 国民年金法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す