社労士過去問 平成25年度 一般常識 第2問 問題と解説

平成25年度 一般常識 第2問 問題

労働組合等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか?

【A】日本の労働組合の最大の特徴は、労働組合が企業別に組織されているいわゆる企業別組合である点であり、使用者は、労働者の労働条件の変更を行う場合には、まず企業内の多数労働組合と団体交渉を行う義務を負う。

【B】プロ野球選手、プロサッカー選手等のスポーツ選手は、労働組合法上の労働者に当たらないため、これらのプロスポーツ選手が労働組合を作っても、団体交渉を行う権利は認められない。

【C】使用者が組合員の賃金から組合費を控除しそれを労働組合に引き渡す旨の、労働組合と使用者との間の協定(いわゆるチェック・オフ協定)は、それに反対する組合員にチェック・オフを受忍する義務を負わせるものではなく、組合員はいつでも使用者にチェック・オフの中止を申し入れることができるとするのが、最高裁判所の判例である。

【D】労働組合が、総選挙に際し特定の立候補者支援のためにその所属する政党に寄付する資金を集める目的で組合員にその費用を負担することを強制することは、労働組合の連帯の昴揚や存立基盤の確立のために必要不可欠なものであり、組合自治の原則に基づいて許されるとするのが、最高裁判所の判例である。

【E】労働組合の目的は、賃金等の労働条件を維持改善し労働者の経済的地位の向上を図ることにあるから、いわゆるセクシャル・ハラスメントやパワー・ハラスメントなどを予防するための職場環境の整備は、いわゆる義務的団体交渉事項に含まれない。

平成25年度 一般常識 第2問 解説

【A】× 間違い

【問】日本の労働組合の最大の特徴は、労働組合が企業別に組織されているいわゆる企業別組合である点であり、使用者は、労働者の労働条件の変更を行う場合には、まず企業内の多数労働組合と団体交渉を行う義務を負う。

【解説】
労働組合法6条及び同法7条及び最判昭60.4.23)
同一の企業内に複数の労働組合が併存する場合は、使用者はいずれの
組合に対しても誠実に団体交渉を行わなければなりませんが、
義務までは負わしていません。

 

【B】× 間違い

【問】プロ野球選手、プロサッカー選手等のスポーツ選手は、労働組合法上の労働者に当たらないため、これらのプロスポーツ選手が労働組合を作っても、団体交渉を行う権利は認められない。

【解説】
労働組合法3条及び昭23労発262号及び平23政発0725第1号)
行政解釈により、労働組合法上の労働者とは「他人との間に使用従属の
関係に立って労務に服し、報酬を受けて生活する者」とされています。

また、売り惜しみのきかない自らの労働力と言う特殊な財を提供して
対価を得て生活するがゆえに、相手方との個別の交渉において交渉力に
格差が生じ、契約自由の原則を貫徹しては不当な結果が生じるため、

労働組合を組織し集団的な交渉による保護が図られるべき者が
幅広く含まれると解されるので、スポーツ選手も労働組合法上の
労働者に該当しうるとなっています。

 

【C】〇 正しい

【問】使用者が組合員の賃金から組合費を控除しそれを労働組合に引き渡す旨の、労働組合と使用者との間の協定(いわゆるチェック・オフ協定)は、それに反対する組合員にチェック・オフを受忍する義務を負わせるものではなく、組合員はいつでも使用者にチェック・オフの中止を申し入れることができるとするのが、最高裁判所の判例である。

【解説】
労働組合法7条及び最判平5.3.25)
記述通りで正しいです。

 

【D】× 間違い

【問】労働組合が、総選挙に際し特定の立候補者支援のためにその所属する政党に寄付する資金を集める目的で組合員にその費用を負担することを強制することは、労働組合の連帯の昴揚や存立基盤の確立のために必要不可欠なものであり、組合自治の原則に基づいて許されるとするのが、最高裁判所の判例である。

【解説】
(最判昭50.11.28)
組合員に所属政党に寄付する資金の費用を負担することを
強制はすることは、許されないとするのが最高裁の判例の趣旨です。

 

【E】× 間違い

【問】労働組合の目的は、賃金等の労働条件を維持改善し労働者の経済的地位の向上を図ることにあるから、いわゆるセクシャル・ハラスメントやパワー・ハラスメントなどを予防するための職場環境の整備は、いわゆる義務的団体交渉事項に含まれない。

【解説】
労働組合法1条及び同法2条及び同法16条ほか)
義務的団体交渉事項(組合員その他の待遇、又は労働組合と使用者との
団体的労使関係の運営に関する事項)に職場環境の整備も含まれます。

 

以上から、正解は【C】となります。

正解肢Cは平成24年の過去問からの出題でしたので、
何とか1点ゲットできたと思います。

その他の肢は、ちょっと勉強しない箇所ですから
助かったと思った方は多かったのではないでしょうか?

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成25年(2013年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 正解肢 難易度
˜問1 労働基準法 普通
問2 労働基準法
問3 労働基準法
問4 労働基準法 普通
問5 労働基準法
問6 労働基準法
問7 労働基準法 普通
問8 労働安全衛生法 普通
問9 労働安全衛生法
問10 労働安全衛生法
問1 労働災害補償法
問2 労働災害補償法 普通
問3 労働災害補償法 普通
問4 労働災害補償法
問5 労働災害補償法
問6 労働災害補償法
問7 労働災害補償法 普通
問8 労働保険徴収法 普通
問9 労働保険徴収法
問10 労働保険徴収法 やや難
問1 雇用保険法
問2 雇用保険法 普通
問3 雇用保険法 普通
問4 雇用保険法
問5 雇用保険法
問6 雇用保険法 普通
問7 雇用保険法
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法 やや難
問10 労働保険徴収法 普通
問1 労働保険に関する一般常識 普通
問2 労働保険に関する一般常識 普通
問3 労働保険に関する一般常識
問4 労働保険に関する一般常識
問5 労働保険に関する一般常識
問6 社会保険に関する一般常識
問7 社会保険に関する一般常識
問8 社会保険に関する一般常識 普通
問9 社会保険に関する一般常識 普通
問10 社会保険に関する一般常識 普通
問1 健康保険法 普通
問2 健康保険法 やや難
問3 健康保険法 普通
問4 健康保険法 やや難
問5 健康保険法 普通
問6 健康保険法 やや難
問7 健康保険法 やや難
問8 健康保険法 普通
問9 健康保険法
問10 健康保険法 普通
問1 厚生年金保険法
問2 厚生年金保険法 普通
問3 厚生年金保険法 普通
問4 厚生年金保険法 やや難
問5 厚生年金保険法
問6 厚生年金保険法
問7 厚生年金保険法
問8 厚生年金保険法 普通
問9 厚生年金保険法 普通
問10 厚生年金保険法
問1 国民年金法
問2 国民年金法
問3 国民年金法 普通
問4 国民年金法
問5 国民年金法
問6 国民年金法
問7 国民年金法
問8 国民年金法 やや難
問9 国民年金法 やや難
問10 国民年金法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す