社労士過去問 平成25年度 一般常識 第3問 問題と解説

平成25年度 一般常識 第3問 問題

わが国の女性の雇用に関する次の記述のうち、正しいものはどれか?
なお、本問は、「平成24年版男女共同参画白書(内閣府)を参照しており、当該白書または当該白書が引用している調査による用語及び統計等を利用している。

【A】2010年の女性の25~54歳層就業率は、OECD諸国の中で上位10位以内に入る。

【B】女性の年齢階級別労働率は、その形状から、M字カーブと呼ばれているが、有配偶者の労働力率が上昇してきたことが寄与して、M字のカーブが以前に比べ浅くなっている。

【C】女性の雇用労働者を雇用形態別に見ると、1980年代半ばから2010年頃まで一貫して、パート・アルバイトや派遣社員、契約社員等非正規雇用者の割合が正規の職員・従業員の割合を上回っていた。

【D】一般労働者における男女の平均所定内給与額の差は、長期的に縮小傾向にあり、特に、正社員・正職員の場合、2011年の男女の平均所定内給与額は、男性を100としたとき、女性は80まで上昇した。

【E】就業調整について、女性パートタイム労働者の約4分の1が「調整している」と回答したが、その理由として最も大きいのは、「一定額(130万円)を超えると、配偶者の健康保険、厚生年金等の被扶養者からはずれ、自分で加入しなければならなくなるから」であった。

平成25年度 一般常識 第3問 解説

【A】× 間違い

【問】2010年の女性の25~54歳層就業率は、OECD諸国の中で上位10位以内に入る。

【解説】
(平成24年版男女共同参画白書)
女性の25~54歳の就業率を他のOECD諸国と比較すると、
わが国は30か国中22位となっています。

 

【B】〇 正しい

【問】女性の年齢階級別労働率は、その形状から、M字カーブと呼ばれているが、有配偶者の労働力率が上昇してきたことが寄与して、M字のカーブが以前に比べ浅くなっている。

【解説】
(平成24年版男女共同参画白書)
記述の通りです。

 

【C】× 間違い

【問】女性の雇用労働者を雇用形態別に見ると、1980年代半ばから2010年頃まで一貫して、パート・アルバイトや派遣社員、契約社員等非正規雇用者の割合が正規の職員・従業員の割合を上回っていた。

【解説】
(平成24年版男女共同参画白書)
平成24年版男女共同参画白書の図をみると、女性の雇用労働者の
雇用形態別では、昭和60年、平成7年では正規の職員・従業員の割合が
過半数を占めていて、平成17年、平成22年では非正規雇用者の割合が
過半数を占めています。

 

【D】× 間違い

【問】一般労働者における男女の平均所定内給与額の差は、長期的に縮小傾向にあり、特に、正社員・正職員の場合、2011年の男女の平均所定内給与額は、男性を100としたとき、女性は80まで上昇した。

【解説】
(平成24年版男女共同参画白書)
正社員・正職員の場合における2011年の男女の平均所定内給与額は、
男性を100としたとき、女性は73.3となっています。

 

【E】× 間違い

【問】就業調整について、女性パートタイム労働者の約4分の1が「調整している」と回答したが、その理由として最も大きいのは、「一定額(130万円)を超えると、配偶者の健康保険、厚生年金等の被扶養者からはずれ、自分で加入しなければならなくなるから」であった。

【解説】
(平成24年版男女共同参画白書)
平成24年版男女共同参画白書の図より、問題文にある調整している
理由として最も大きいのは、「自分の所得税の非課税限度額(103万円)を
超えると、税金を支払わなければならないから」となっています。

問題文の理由は、2番目となっています。

 

以上から、正解は【B】となります。

この問題は、白書を見ながらでないと
答えは出せないぐらい、細かなことを聞いて来ています。

間違ってしょうがない問題だと思います。

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成25年(2013年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 正解肢 難易度
˜問1 労働基準法 普通
問2 労働基準法
問3 労働基準法
問4 労働基準法 普通
問5 労働基準法
問6 労働基準法
問7 労働基準法 普通
問8 労働安全衛生法 普通
問9 労働安全衛生法
問10 労働安全衛生法
問1 労働災害補償法
問2 労働災害補償法 普通
問3 労働災害補償法 普通
問4 労働災害補償法
問5 労働災害補償法
問6 労働災害補償法
問7 労働災害補償法 普通
問8 労働保険徴収法 普通
問9 労働保険徴収法
問10 労働保険徴収法 やや難
問1 雇用保険法
問2 雇用保険法 普通
問3 雇用保険法 普通
問4 雇用保険法
問5 雇用保険法
問6 雇用保険法 普通
問7 雇用保険法
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法 やや難
問10 労働保険徴収法 普通
問1 労働保険に関する一般常識 普通
問2 労働保険に関する一般常識 普通
問3 労働保険に関する一般常識
問4 労働保険に関する一般常識
問5 労働保険に関する一般常識
問6 社会保険に関する一般常識
問7 社会保険に関する一般常識
問8 社会保険に関する一般常識 普通
問9 社会保険に関する一般常識 普通
問10 社会保険に関する一般常識 普通
問1 健康保険法 普通
問2 健康保険法 やや難
問3 健康保険法 普通
問4 健康保険法 やや難
問5 健康保険法 普通
問6 健康保険法 やや難
問7 健康保険法 やや難
問8 健康保険法 普通
問9 健康保険法
問10 健康保険法 普通
問1 厚生年金保険法
問2 厚生年金保険法 普通
問3 厚生年金保険法 普通
問4 厚生年金保険法 やや難
問5 厚生年金保険法
問6 厚生年金保険法
問7 厚生年金保険法
問8 厚生年金保険法 普通
問9 厚生年金保険法 普通
問10 厚生年金保険法
問1 国民年金法
問2 国民年金法
問3 国民年金法 普通
問4 国民年金法
問5 国民年金法
問6 国民年金法
問7 国民年金法
問8 国民年金法 やや難
問9 国民年金法 やや難
問10 国民年金法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す