社労士過去問 平成25年度 一般常識 第10問 問題と解説

平成25年度 一般常識 第10問 問題

児童手当に関する次のアからオの記述のうち、誤っているものの組合せは、後記AからEまでのうちどれか?

【ア】「児童」とは、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者であって、日本国内に住所を有するもの又は留学その他厚生労働省令で定める理由により日本国内に住所を有しないものをいう。

【イ】児童手当の支給を受けている一般受給資格者(個人である場合に限る)は、厚生労働省令で定めるところにより、市町村長又は特別区の区長に対し、前年の所得の状況及びその年の7月1日における被用者又は被用者等でない者の別を記載した届出を毎年7月1日から同月末日までの間に提出しなければならない。

【ウ】児童手当の支給は、受給資格者が児童手当法第7条の規定による認定の請求をした日の属する月の翌月から始め、児童手当を支給すべき事由が消滅した日の属する月で終わる。ただし、受給資格者が住所を変更した場合又は災害その他やむを得ない理由により認定の請求をすることができなかった場合はこの限りではない。

【エ】都道府県知事又はその委任を受けた者が認定をした地方公務員に対する児童手当の支給に要する費用(当該地方公務員が施設等受給資格者である場合にあっては、中学校修了前の施設入所等児童に係る児童手当の額に係る部分を除く)は、国と当該都道府県がそれぞれ50%ずつを負担する。

【オ】児童手当を支給すべきでないにもかかわらず、児童手当の支給としての支払が行なわれたときは、その支払われた児童手当は、その後に支払うべき児童手当の内払いとみなすことができる。

【A】アーウ

【B】アーオ

【C】イーエ

【D】イーオ

【E】ウーエ

平成25年度 一般常識 第10問 解説

【ア】〇 正しい

【問】「児童」とは、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者であって、日本国内に住所を有するもの又は留学その他厚生労働省令で定める理由により日本国内に住所を有しないものをいう。

【解説】
児童手当法3条1項
記述通りで正しいです。

 

【イ】× 間違い

【問】児童手当の支給を受けている一般受給資格者(個人である場合に限る)は、厚生労働省令で定めるところにより、市町村長又は特別区の区長に対し、前年の所得の状況及びその年の7月1日における被用者又は被用者等でない者の別を記載した届出を毎年7月1日から同月末日までの間に提出しなければならない。

【解説】
児童手当法26条1項及び同法施行規則4条1項
問題文にある、「7月1日」は「6月1日」の間違いです。

 

【ウ】〇 正しい

【問】児童手当の支給は、受給資格者が児童手当法第7条の規定による認定の請求をした日の属する月の翌月から始め、児童手当を支給すべき事由が消滅した日の属する月で終わる。ただし、受給資格者が住所を変更した場合又は災害その他やむを得ない理由により認定の請求をすることができなかった場合はこの限りではない。

【解説】
児童手当法8条2項
記述通りで正しいです。

なお、問題文のただし書きの支給開始月は、受給資格者が住所を変更した日
又はやむを得ない理由により本来の認定の請求をすることができなくなった
日の属する月の翌月となります。(住所を変更した後又はやむを得ない理由が
やんだ後15日以内に請求する必要がある)

 

【エ】× 間違い

【問】都道府県知事又はその委任を受けた者が認定をした地方公務員に対する児童手当の支給に要する費用(当該地方公務員が施設等受給資格者である場合にあっては、中学校修了前の施設入所等児童に係る児童手当の額に係る部分を除く)は、国と当該都道府県がそれぞれ50%ずつを負担する。

【解説】
児童手当法18条4項2号
問題文の費用は、都道府県知事が100%負担します。

 

【オ】〇 正しい

【問】児童手当を支給すべきでないにもかかわらず、児童手当の支給としての支払が行なわれたときは、その支払われた児童手当は、その後に支払うべき児童手当の内払いとみなすことができる。

【解説】
児童手当法13条
記述通りで正しいです。

なお、児童手当の額を減額して改定すべき事由が生じたにもかかわらず、
その事由が生じた日の属する月の翌月以降の分として減額の児童手当が
支払われた場合における当該児童手当の当該減額すべきであった部分に
ついても、その後に支払うべき児童手当の内払いとみなすことができます。

 

以上から、イエの記述が誤っており
正解は【C】となります。

児童手当については、興味深い手当でも
あると思いますから、結構あなたも勉強してる思います。

この問題も、過去問等をしっかりやっていれば
正解できた問題だったと思います。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成25年(2013年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 正解肢 難易度
˜問1 労働基準法 普通
問2 労働基準法
問3 労働基準法
問4 労働基準法 普通
問5 労働基準法
問6 労働基準法
問7 労働基準法 普通
問8 労働安全衛生法 普通
問9 労働安全衛生法
問10 労働安全衛生法
問1 労働災害補償法
問2 労働災害補償法 普通
問3 労働災害補償法 普通
問4 労働災害補償法
問5 労働災害補償法
問6 労働災害補償法
問7 労働災害補償法 普通
問8 労働保険徴収法 普通
問9 労働保険徴収法
問10 労働保険徴収法 やや難
問1 雇用保険法
問2 雇用保険法 普通
問3 雇用保険法 普通
問4 雇用保険法
問5 雇用保険法
問6 雇用保険法 普通
問7 雇用保険法
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法 やや難
問10 労働保険徴収法 普通
問1 労働保険に関する一般常識 普通
問2 労働保険に関する一般常識 普通
問3 労働保険に関する一般常識
問4 労働保険に関する一般常識
問5 労働保険に関する一般常識
問6 社会保険に関する一般常識
問7 社会保険に関する一般常識
問8 社会保険に関する一般常識 普通
問9 社会保険に関する一般常識 普通
問10 社会保険に関する一般常識 普通
問1 健康保険法 普通
問2 健康保険法 やや難
問3 健康保険法 普通
問4 健康保険法 やや難
問5 健康保険法 普通
問6 健康保険法 やや難
問7 健康保険法 やや難
問8 健康保険法 普通
問9 健康保険法
問10 健康保険法 普通
問1 厚生年金保険法
問2 厚生年金保険法 普通
問3 厚生年金保険法 普通
問4 厚生年金保険法 やや難
問5 厚生年金保険法
問6 厚生年金保険法
問7 厚生年金保険法
問8 厚生年金保険法 普通
問9 厚生年金保険法 普通
問10 厚生年金保険法
問1 国民年金法
問2 国民年金法
問3 国民年金法 普通
問4 国民年金法
問5 国民年金法
問6 国民年金法
問7 国民年金法
問8 国民年金法 やや難
問9 国民年金法 やや難
問10 国民年金法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す