社労士過去問 平成25年度 健康保険法 第3問 問題と解説

平成25年度 健康保険法 第3問 問題

保険者に関する次の記述のうち、正しいものはどれか?

【A】健康保険組合は、合併しようとするときは、組合会において組合会議員の定数の3分の2以上の多数により議決し、厚生労働大臣の認可を受けなければならない。

【B】健康保険組合が厚生労働大臣から特定健康保険組合の認可の取消を受けようとするときは、組合会において組合会議員の定数の3分の2以上の多数により議決しなければならない。

【C】全国健康保険協会は、業務上の余裕金の運用に関して、事業の目的及び資金の性質に応じ、安全かつ効率的にしなければならないと言う定めに基づき、信託業務を営む金融機関への金銭信託を行うことは認められていない。

【D】健康保険組合が解散する場合において、その財産をもって債務を完済することができないときは、当該健康保険組合は、設立事業所の事業主に対し、当該債務を完済するために要する費用の全部に相当する額の負担を求めることができるが、破産手続開始の決定その他特別の理由により、当該事業主が当該費用を負担することができないときは、健康保険組合は組合会において組合会議員の定数の4分の3以上の多数による議決により、これを減額し、又は免除することができる。

【E】厚生労働大臣は、全国健康保険協会の財務及び会計その他全国健康保険協会に関し必要な事項について厚生労働省令を定めようとすときは、あらかじめ全国健康保険協会の運営委員会に協議しなければならない。

平成25年度 健康保険法 第3問 解説

【A】× 間違い

【問】健康保険組合は、合併しようとするときは、組合会において組合会議員の定数の3分の2以上の多数により議決し、厚生労働大臣の認可を受けなければならない。

【解説】
(健康保険法23条1項
問題文の「3分の2以上」は「4分の3以上」の間違いとなります。

 

【B】〇 正しい

【問】健康保険組合が厚生労働大臣から特定健康保険組合の認可の取消を受けようとするときは、組合会において組合会議員の定数の3分の2以上の多数により議決しなければならない。

【解説】
(健康保険法施行令25条
記述の通りです。

 

【C】× 間違い

【問】全国健康保険協会は、業務上の余裕金の運用に関して、事業の目的及び資金の性質に応じ、安全かつ効率的にしなければならないと言う定めに基づき、信託業務を営む金融機関への金銭信託を行うことは認められていない。

【解説】
(健康保険法7条の33及び同法法施行令1条
全国健康保険協会の業務上の余裕金の運用に関し、信託業務を営む
金融機関への金銭信託を行うことができます。

 

【D】× 間違い

【問】健康保険組合が解散する場合において、その財産をもって債務を完済することができないときは、当該健康保険組合は、設立事業所の事業主に対し、当該債務を完済するために要する費用の全部に相当する額の負担を求めることができるが、破産手続開始の決定その他特別の理由により、当該事業主が当該費用を負担することができないときは、健康保険組合は組合会において組合会議員の定数の4分の3以上の多数による議決により、これを減額し、又は免除することができる。

【解説】
(健康保険法26条3項及び同法施行令27条
健康保険組合の解散は、問題文の「組合会において組合会議員の
定数の4分の3以上の多数による議決」ではなく「厚生労働大臣の承認」
となります。

 

【E】× 間違い

【問】厚生労働大臣は、全国健康保険協会の財務及び会計その他全国健康保険協会に関し必要な事項について厚生労働省令を定めようとすときは、あらかじめ全国健康保険協会の運営委員会に協議しなければならない。

【解説】
(健康保険法7条の42
問題文のように厚生労働省令で定めようとするときは、あらかじめ
「財務大臣」と協議することになりますので、問題文は間違いとなります。

 

以上から、正解は【B】となります。

正解肢Bと肢Aは、簡単だったと思いますが、

その他の肢は、結構細かな個所からの出題で
難しかったと思います。

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成25年(2013年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 正解肢 難易度
˜問1 労働基準法 普通
問2 労働基準法
問3 労働基準法
問4 労働基準法 普通
問5 労働基準法
問6 労働基準法
問7 労働基準法 普通
問8 労働安全衛生法 普通
問9 労働安全衛生法
問10 労働安全衛生法
問1 労働災害補償法
問2 労働災害補償法 普通
問3 労働災害補償法 普通
問4 労働災害補償法
問5 労働災害補償法
問6 労働災害補償法
問7 労働災害補償法 普通
問8 労働保険徴収法 普通
問9 労働保険徴収法
問10 労働保険徴収法 やや難
問1 雇用保険法
問2 雇用保険法 普通
問3 雇用保険法 普通
問4 雇用保険法
問5 雇用保険法
問6 雇用保険法 普通
問7 雇用保険法
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法 やや難
問10 労働保険徴収法 普通
問1 労働保険に関する一般常識 普通
問2 労働保険に関する一般常識 普通
問3 労働保険に関する一般常識
問4 労働保険に関する一般常識
問5 労働保険に関する一般常識
問6 社会保険に関する一般常識
問7 社会保険に関する一般常識
問8 社会保険に関する一般常識 普通
問9 社会保険に関する一般常識 普通
問10 社会保険に関する一般常識 普通
問1 健康保険法 普通
問2 健康保険法 やや難
問3 健康保険法 普通
問4 健康保険法 やや難
問5 健康保険法 普通
問6 健康保険法 やや難
問7 健康保険法 やや難
問8 健康保険法 普通
問9 健康保険法
問10 健康保険法 普通
問1 厚生年金保険法
問2 厚生年金保険法 普通
問3 厚生年金保険法 普通
問4 厚生年金保険法 やや難
問5 厚生年金保険法
問6 厚生年金保険法
問7 厚生年金保険法
問8 厚生年金保険法 普通
問9 厚生年金保険法 普通
問10 厚生年金保険法
問1 国民年金法
問2 国民年金法
問3 国民年金法 普通
問4 国民年金法
問5 国民年金法
問6 国民年金法
問7 国民年金法
問8 国民年金法 やや難
問9 国民年金法 やや難
問10 国民年金法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す