社労士過去問 平成25年度 厚生年金保険法 第4問 問題と解説

平成25年度 厚生年金保険法 第4問 問題

保険料その他厚生年金保険法(第9章を除く)の規定による徴収金(以下「保険料等」という)の催促及び滞納処分に関する次の記述のうち、法令に照らして誤っているものはどれか?

【A】保険料を滞納する者があるときは、厚生労働大臣は期限を指定して、これを催促しなければならない。ただし、保険料の操上徴収の規定により保険料を徴収するときは、この限りではない。

【B】保険料等の催促をしようとするときは、厚生労働大臣は、納付義務者に対して催促状を発する。保険料の催促状は、納付義務者が健康保険保険法第180条の規定によって催促を受ける者であるときは、同法同条の規定による催促状により、これに代えることができる。

【C】保険料等の催促状により指定する期限は、催促状を発する日から起算して10日以上を経過した日でなければならない。ただし、保険料の繰上徴収が認められる要件に該当する場合は、この限りではない。

【D】厚生労働大臣は、催促を受けた納付義務者が指定の期限までに保険料等を納付しないとき、国税滞納処分の例によってこれを処分し、又は納付義務者の居住地若しくはその者の財産所在地の市町村(特別区を含むものとし、地方自治法に規定される指定都市にあっては区とする。以下同じ)に対して、その処分を請求することができる。

【E】厚生労働大臣は、保険料の操上徴収が認められる要件に該当したことにより納期を繰り上げて保険料納入の告知を受けた者が、その指定の期限までに保険料を納付しないとき、国税滞納処分の例によってこれを処分し、又は納付義務者の居住地若しくはその者の財産所在地の市町村に対して、その処分を請求することができる。

 

 

 

平成25年度 厚生年金保険法 第4問 解説

【A】 〇 正しい

【問】保険料を滞納する者があるときは、厚生労働大臣は期限を指定して、これを催促しなければならない。ただし、保険料の操上徴収の規定により保険料を徴収するときは、この限りではない。

【解説】
厚生年金保険法86条1項
記述通りで正しいです。

 

【B】× 間違い

【問】保険料等の催促をしようとするときは、厚生労働大臣は、納付義務者に対して催促状を発する。保険料の催促状は、納付義務者が健康保険保険法第180条の規定によって催促を受ける者であるときは、同法同条の規定による催促状により、これに代えることができる。

【解説】
厚生年金保険法86条3項
健康保険法の規定による「催促状により、これに代えることができる」
でなくて、「催促状と併記して発することができる」となります。

 

【C】〇 正しい

【問】保険料等の催促状により指定する期限は、催促状を発する日から起算して10日以上を経過した日でなければならない。ただし、保険料の繰上徴収が認められる要件に該当する場合は、この限りではない。

【解説】
厚生年金保険法86条4項
記述通りで正しいです。

 

【D】〇 正しい

【問】厚生労働大臣は、催促を受けた納付義務者が指定の期限までに保険料等を納付しないとき、国税滞納処分の例によってこれを処分し、又は納付義務者の居住地若しくはその者の財産所在地の市町村(特別区を含むものとし、地方自治法に規定される指定都市にあっては区とする。以下同じ)に対して、その処分を請求することができる。

【解説】
厚生年金保険法86条5項
記述通りで正しいです。

 

【E】 〇 正しい

【問】厚生労働大臣は、保険料の操上徴収が認められる要件に該当したことにより納期を繰り上げて保険料納入の告知を受けた者が、その指定の期限までに保険料を納付しないとき、国税滞納処分の例によってこれを処分し、又は納付義務者の居住地若しくはその者の財産所在地の市町村に対して、その処分を請求することができる。

【解説】
厚生年金保険法86条5項
記述通りで正しいです。

 

以上から、正解は【B】となります。

この問題の肢A,C,Dは、通常の勉強範囲で
ラクに判断がつく問題でしたが、

正解肢Bと肢Eについては、ここまで細かい部分まで
勉強する方は、そういないと思いました。

これは、間違ってもしょうがいない問題だと思います。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成25年(2013年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 正解肢 難易度
˜問1 労働基準法 普通
問2 労働基準法
問3 労働基準法
問4 労働基準法 普通
問5 労働基準法
問6 労働基準法
問7 労働基準法 普通
問8 労働安全衛生法 普通
問9 労働安全衛生法
問10 労働安全衛生法
問1 労働災害補償法
問2 労働災害補償法 普通
問3 労働災害補償法 普通
問4 労働災害補償法
問5 労働災害補償法
問6 労働災害補償法
問7 労働災害補償法 普通
問8 労働保険徴収法 普通
問9 労働保険徴収法
問10 労働保険徴収法 やや難
問1 雇用保険法
問2 雇用保険法 普通
問3 雇用保険法 普通
問4 雇用保険法
問5 雇用保険法
問6 雇用保険法 普通
問7 雇用保険法
問8 労働保険徴収法
問9 労働保険徴収法 やや難
問10 労働保険徴収法 普通
問1 労働保険に関する一般常識 普通
問2 労働保険に関する一般常識 普通
問3 労働保険に関する一般常識
問4 労働保険に関する一般常識
問5 労働保険に関する一般常識
問6 社会保険に関する一般常識
問7 社会保険に関する一般常識
問8 社会保険に関する一般常識 普通
問9 社会保険に関する一般常識 普通
問10 社会保険に関する一般常識 普通
問1 健康保険法 普通
問2 健康保険法 やや難
問3 健康保険法 普通
問4 健康保険法 やや難
問5 健康保険法 普通
問6 健康保険法 やや難
問7 健康保険法 やや難
問8 健康保険法 普通
問9 健康保険法
問10 健康保険法 普通
問1 厚生年金保険法
問2 厚生年金保険法 普通
問3 厚生年金保険法 普通
問4 厚生年金保険法 やや難
問5 厚生年金保険法
問6 厚生年金保険法
問7 厚生年金保険法
問8 厚生年金保険法 普通
問9 厚生年金保険法 普通
問10 厚生年金保険法
問1 国民年金法
問2 国民年金法
問3 国民年金法 普通
問4 国民年金法
問5 国民年金法
問6 国民年金法
問7 国民年金法
問8 国民年金法 やや難
問9 国民年金法 やや難
問10 国民年金法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す