社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第2問 問題と解説

平成25年度 国民年金法 第2問 問題

被保険者等に関する次のアからオの記述のうち、正しいものの組合せは、後記AからEまでのうちどれか?

【ア】被用者年金各法の被保険者、組合員又は加入者は、60歳に達した日に国民年金の被保険者の資格を喪失する。

【イ】厚生年金保険の高齢任意加入被保険者は国民年金の第2号被保険者であり、当該高齢任意加入被保険者の収入により生計を維持する配偶者(第2号被保険者である者を除く)のうち20歳以上60歳未満の者は、第3号被保険者となる。

【ウ】日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の者は、日本国籍を有する限り、厚生労働大臣に申し出て被保険者となることができる。

【エ】日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者であっても、被用者年金各法に基づく遺族給付の受給権者は、第1号被保険者とはならない。

【オ】厚生年金保険の在職老齢年金を受給している夫が65歳に達した際、日本国内に住所を有する第3号被保険者である妻が60歳未満であれば、その妻は第1号被保険者となり、法定免除又は申請全額免除に該当しない限り、国民年金保険料を納付しなければならない。

【A】アとウ

【B】イとエ

【C】ウとオ

【D】アとエ

【E】イとオ

平成25年度 国民年金法 第2問 解説

【ア】 × 間違い

国民年金法9条3号
第2号被保険者が60歳に達しても、被保険者資格は喪失しません。

 

【イ】 〇 正しい

国民年金法7条1項,同法附則3条及び厚生年金法附則4条の3,同法附則4条の5
記述通りで正しいです。

 

【ウ】 × 間違い

国民年金法附則5条1項
日本国内に住所を有する者は、日本国籍を有しない者も
任意加入被保険者の対象となります。

 

【エ】 × 間違い

国民年金法7条1項1号,3号
被用者年金各法に基づく老齢給付等を受けることができる者は、
第1号被保険者となりませんが、被用者年金各法に基づく遺族給付の
受給権者は第1号被保険者となります。

 

【オ】 〇 正しい

国民年金法7条1項,同法附則3条,同法附則4条の2
記述通りで正しいです。

なお、問題文の夫は、65歳に達した日に老齢厚生年金及び老齢基礎年金の
受給権を取得するので、厚生年金保険の被保険者であっても、
65歳に達した日に被保険者の資格を喪失することになります。

ですから、問題文の妻は第2号被保険者の被扶養配偶者でなくなるため、
種別変更により第1号被保険者となります。

 

以上から、正しいものはイとオなり、
正解は【E】となります。

この問題も、通常の学習範囲で十分正解できる
問題だと思いました。

確実に1点ゲットしましょう!

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す