社労士過去問 平成23年度 労働者災害補償保険法 第1問 問題と解説

平成23年度 労働者災害補償保険法 第1問 問題

二次健康診断等給付は、労災保険法第26条第1項の一次健康診断において、血圧検査、血液検査その他業務上の事由による脳血管疾患及び心臓疾患の発生にかかわる身体の状態に関する検査であって、厚生労働省令で定めるもの(①血圧の測定、②低比重リポ蛋白コレステロール(LDLコレステロール)、高比重リポ蛋白コレステロール(HDLコレステロール)又は血清トリグリセライドの量の検査、③血糖検査、④腹囲の検査又はBMI(BMI=体重(kg) /身長(m)の二乗の測定)が行われた場合において、一定の要件に該当する労働者(当該一次健康診断の結果その他の事情により既に脳血管疾患又は心臓疾患の症状を有すると認められるものを除く。)に対し、当該労働者の請求に基づいて行うものである。この場合の一定の要件として、次のうち正しいものはどれか。

A.上記検査項目のいずれかの項目に異常の所見があると診断されたとき

B.上記検査項目の2つ以上の項目に異常の所見があると診断されたとき

C.上記検査項目の3つ以上の項目に異常の所見があると診断されたとき

D.上記検査項目の④及び①から③のいずれかの項目に異常の所見があると診断されたとき

E.上記検査項目のいずれの項目にも異常の所見があると診断されたとき

 

 

 

平成23年度 労働者災害補償保険法 第1問 解説

労働者災害補償保険法26条1項
二次健康診断は、
①血圧測定
②低比重リポ蛋白コレステロール(LDLコレステロール)、
高比重リポ蛋白コレステロール(HDLコレステロール)又は
血清トリグリセライドの量の検査
③血糖検査
④腹囲の検査又はBMI測定(肥満度)
が行われた場合において、この検査を受けた労働者が「いずれの項目にも
異常の所見があると診断されたときに、この労働者(一定の症状を有する
と認められるものを除く)に対し、その請求に基づいて行うものとなります。

 

よって以上より、回答はとなります。

長文でしかも医学的な用語が並べられていましたので、
結構時間を取られたかもしれませんが、

二次健康診断は、まず飛ばす方はいないと思いますから
正解された方が多かったものと思います。

ただ、この問題で間違ったとしても
あまり気にすることはないと思います。

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成23年(2011年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 回答 難易度
№1 労働基準法
№2 労働基準法
№3 労働基準法
№4 労働基準法 やや難
№5 労働基準法 普通
№6 労働基準法 普通
№7 労働基準法
№8 労働安全衛生法
№9 労働安全衛生法
№10 労働安全衛生法
№1 労働災害補償法 普通
№2 労働災害補償法 普通
№3 労働災害補償法
№4 労働災害補償法
№5 労働災害補償法
№6 労働災害補償法 やや難
№7 労働災害補償法 普通
№8 労働保険徴収法 CとE 普通
№9 労働保険徴収法 普通
№10 労働保険徴収法 やや難
№1 雇用保険法
№2 雇用保険法
№3 雇用保険法
№4 雇用保険法 普通
№5 雇用保険法 普通
№6 雇用保険法 やや難
№7 雇用保険法
№8 労働保険徴収法
№9 労働保険徴収法
№10 労働保険徴収法 やや難
№1 労働保険一般常識
№2 労働保険一般常識
№3 労働保険一般常識
№4 労働保険一般常識
№5 労働保険一般常識
№6 社会保険一般常識
№7 社会保険一般常識 普通
№8 社会保険一般常識 普通
№9 社会保険一般常識
№10 社会保険一般常識 やや難
№1 健康保険法
№2 健康保険法
№3 健康保険法
№4 健康保険法
№5 健康保険法
№6 健康保険法
№7 健康保険法
№8 健康保険法
№9 健康保険法
№10 健康保険法
№1 厚生年金保険法
№2 厚生年金保険法
№3 厚生年金保険法 普通
№4 厚生年金保険法
№5 厚生年金保険法 B
№6 厚生年金保険法 D 普通
№7 厚生年金保険法
№8 厚生年金保険法
№9 厚生年金保険法
№10 厚生年金保険法
№1 国民年金法
№2 国民年金法 普通
№3 国民年金法
№4 国民年金法
№5 国民年金法 普通
№6 国民年金法 やや難
№7 国民年金法 普通
№8 国民年金法 普通
№9 国民年金法
№10 国民年金法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す