社労士過去問 平成23年度 労働者災害補償保険法 第2問 問題と解説

平成23年度 労働者災害補償保険法 第2問 問題

航空機が墜落し、滅失し、又は行方不明となった際、現にその航空機に乗っていた労働者の生死が3か月間わからない場合の、遺族補償給付、葬祭料、遺族給付及び葬祭給付の支給に関する規定の適用において、当該労働者が死亡したものと推定する時期についての次の記述のうち正しいものはどれか。

A.航空機が墜落し、滅失し、又は行方不明となった日

B.航空機が墜落し、滅失し、又は行方不明となった日の翌日

C.航空機が墜落し、滅失し、又は行方不明となった日から14日後

D.航空機が墜落し、滅失し、又は行方不明となった日から1か月後

E.航空機が墜落し、滅失し、又は行方不明となった日から3か月後

 

 

 

平成23年度 労働者災害補償保険法 第2問 解説

労働者災害補償保険法10条
死亡の推定に関する問題ですが、死亡の推定は船舶の場合、沈没、転覆、
滅失若しくは行方不明となった際、現にその船舶に乗っていた労働者、

航空機の場合は、墜落し、滅失し又は行方不明となった際、
現にその船舶又は航空機に乗っていた労働者の生死が3か月間わからない場合に
行われるものとなります。

死亡したものと推定する時期は、船舶が沈没し、転覆し滅失し若しくは
行方不明となった日となります。

航空機では、墜落し、滅失し又は行方不明となった日となります。

 

以上より、正解はとなります。

社労士の試験科目には、民法はありませんが、
行政書士などの有資格者の方にとっては、
楽勝問題だったと思います。

基本中の基本のような問題ですから
ぜひ知っておいてください。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成23年(2011年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 回答 難易度
№1 労働基準法
№2 労働基準法
№3 労働基準法
№4 労働基準法 やや難
№5 労働基準法 普通
№6 労働基準法 普通
№7 労働基準法
№8 労働安全衛生法
№9 労働安全衛生法
№10 労働安全衛生法
№1 労働災害補償法 普通
№2 労働災害補償法 普通
№3 労働災害補償法
№4 労働災害補償法
№5 労働災害補償法
№6 労働災害補償法 やや難
№7 労働災害補償法 普通
№8 労働保険徴収法 CとE 普通
№9 労働保険徴収法 普通
№10 労働保険徴収法 やや難
№1 雇用保険法
№2 雇用保険法
№3 雇用保険法
№4 雇用保険法 普通
№5 雇用保険法 普通
№6 雇用保険法 やや難
№7 雇用保険法
№8 労働保険徴収法
№9 労働保険徴収法
№10 労働保険徴収法 やや難
№1 労働保険一般常識
№2 労働保険一般常識
№3 労働保険一般常識
№4 労働保険一般常識
№5 労働保険一般常識
№6 社会保険一般常識
№7 社会保険一般常識 普通
№8 社会保険一般常識 普通
№9 社会保険一般常識
№10 社会保険一般常識 やや難
№1 健康保険法
№2 健康保険法
№3 健康保険法
№4 健康保険法
№5 健康保険法
№6 健康保険法
№7 健康保険法
№8 健康保険法
№9 健康保険法
№10 健康保険法
№1 厚生年金保険法
№2 厚生年金保険法
№3 厚生年金保険法 普通
№4 厚生年金保険法
№5 厚生年金保険法 B
№6 厚生年金保険法 D 普通
№7 厚生年金保険法
№8 厚生年金保険法
№9 厚生年金保険法
№10 厚生年金保険法
№1 国民年金法
№2 国民年金法 普通
№3 国民年金法
№4 国民年金法
№5 国民年金法 普通
№6 国民年金法 やや難
№7 国民年金法 普通
№8 国民年金法 普通
№9 国民年金法
№10 国民年金法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す