社労士過去問 平成25年度 一般常識 第1問 問題と解説

平成25年度 一般常識 第1問 問題

労働契約法等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか?

【A】労働契約は、労働者及び使用者が仕事と生活の調和にも配慮しつつ締結し、又は変更すべきものとされている。

【B】使用者は、その雇用する労働者に従事させる業務を定めてこれを管理するに際し、業務の遂行に伴う疲労や心理的負荷等が過度に蓄積して労働者の心身の健康を損なうことがないよう注意する義務を負うとするのが、最高裁判所の判例である。

【C】いわゆる採用内定の制度の実態は多様であるため、採用内定の法的性質について一義的に論断することは困難と言うべきであり、採用内定の法的性質を判断するに当たっては、当該企業の当該年度における採用内定の事実関係に即してこれを検討する必要があるとするのが、最高裁判所の判例である。

【D】使用者が社内の多数労働組合の同意を得て就業規則を変更し、55歳以降の賃金を54歳時より引き下げつつ、定年年齢を引き上げた事案について、本件就業規則の変更は、多数労働組合との交渉、合意を経て労働協約を締結した上で行われたものであるから、変更後の就業規則の内容は、労働者の受ける不利益の程度、労働条件の変更の必要性等にかかわらず、労使間の利益調整がされた結果として合理的なものとみなすことができるとするのが最高裁判所の判例である。

【E】労働契約法第20条に定める、期間の定めがあることにより不合理な労働条件の禁止における「不合理性」は、有期契約労働者と無期契約労働者との間の労働条件の相違について、労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度(以下、本肢において「職務の内容」という)、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、個々の労働条件ごとに判断されるものであり、とりわけ、通勤手当、食堂の利用、安全管理などについて労働条件を相違させることは、職務の内容、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して特段の理由がない限り合理的とは認められないと解される。

「社労士過去問 平成25年度 一般常識 第1問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 労働保険徴収法(雇用) 第10問 問題と解説

平成25年度 労働保険徴収法(雇用) 第10問 問題

労働保険徴収法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか?

【A】政府が労働保険料その他労働保険徴収法の規定による徴収金を徴収する権利は、2年を経過したときは、時効によって消滅するとされているが、この時効には援用を要せず、また、その利益を放棄することができないとされていりので、時効成立後に納付義務者がその時効による利益を放棄して徴収金を納付する意思を有しても、政府はその徴収権を行使できない。

【B】所轄都道府県労働局歳入徴収官は、労働保険料その他労働保険徴収法の規定による徴収金を納付しない事業者に対して、期限を指定して催促を行うが、指定された期限までに納付しない事業主からは、指定した期限の翌日から完納の前日までの日数に応じ、所定の割合を乗じて計算した延滞金を徴収する。

【C】労働保険料を延滞する事業主に対する所轄都道府県労働局歳入徴収官の催促は、納付義務者に催促状を送付することによって行われるが、催促の法的効果として、

① 指定期日までに催促にかかる労働保険料を完納しないときは滞納処分をなすべき旨を予告する効力を有し、滞納処分の前提要件となるものであること

② 時効中断の効力を有すること

③ 延滞金徴収の前提要件となること

が挙げられる。

【D】事業主は、雇用保険の被保険者が負担すべき労働保険料相当額を被保険者の賃金から控除することが認められているが、この控除は、被保険者に賃金を支払う都度、当該賃金に応ずる額についてのみ行うことができるとされているので、例えば、月給制で毎月賃金を支払う場合に、1年間分の被保険者負担保険料額全額をまとめて控除することはできない。

【E】労働保険料その他労働保険徴収法の規定による徴収金の先取特権の順位は、国税及び地方税に次ぐものとされている。

「社労士過去問 平成25年度 労働保険徴収法(雇用) 第10問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 労働保険徴収法(雇用)第9問 問題と解説

平成25年度 労働保険徴収法(雇用)第9問 問題

労働保険料等の納付に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか?

【A】事業主が所定の納期限までに概算保険料申告書を提出しなかったことにより、所轄都道府県労働局歳入徴収官が行う認定決定の通知は、納入告知書によって行われる。

【B】事業主が所定の納期限までに確定保険料申告書を提出しなかったことにより、所轄都道府県労働局歳入徴収官が行う認定決定の通知は、納入告知書によって行われる。

【C】事業主が印紙保険料の納付を怠ったことにより、所轄都道府県労働局歳入徴収官が行う認定決定の通知は、納入告知書によって行われる。

【D】労働保険徴収法第17条第1項の規定に基づき概算保険料の追加徴収が行われる場合に、所轄都道府県労働局歳入徴収官は事業主に対して追加徴収する概算保険料の額の通知を行うが、当該徴収金の納付は、納付書によって行われる。

【E】労働保険徴収法第21条第1項の規定に基づき追徴金の徴収が行われる場合に、所轄都道府県労働局歳入徴収官が行う追徴金の額等の通知は、納入告知書によって行われる。

「社労士過去問 平成25年度 労働保険徴収法(雇用)第9問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 労働保険徴収法(雇用) 第8問 問題と解説

平成25年度 労働保険徴収法(雇用) 第8問 問題

労働保険事務組合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか?
なお、本問において「委託事業主」とは、労働保険事務組合に労働保険事務の処理を委託した事業主をいう。

【A】労働保険事務組合は、概算保険料の納期限が到来しているにもかかわらず、委託事業主が概算保険料の納付のための金銭を労働保険事務組合に交付しない場合、当該概算保険料を立て替えて納付しなければならない。

【B】公共職業安定所長が雇用保険法第9条第1項の規定による労働者が被保険者となったこと又は被保険者でなくなったことの確認をしたときの、委託事業主に対してする通知が、労働保険事務組合に対してなされたときは、当該通知は当該委託事業主に対してなされたものとみなされる。

【C】労働保険料の納付義務者である委託事業主に係る催促状を労働保険事務組合が受けたが、当該労働保険事務組合が当該委託事業主に対して催促があった旨の通知をしないため、当該委託事業主が催促状の指定期限までに納付できず延滞金を徴収される場合、当該委託事業主のみが延滞金の納付の責任を負う。

【D】労働保険徴収法第19条第4項の規定により委託事業主に対してする認定決定の通知が労働保険事務組合に対してなされた場合、その通知の効果については、当該労働保険事務組合と当該委託事業主との間の委託契約の内容によっては当該委託事業主に及ばないことがある。

【E】政府は、委託事業主に使用されている者又は使用されていた者が、雇用保険の失業等給付を不正に受給した場合に、それが労働保険事務組合の虚偽の届出、報告又は証明によるものであっても、当該委託事業主に対し、不正に受給した者と当該委託事業主が連帯して、失業等給付の返還又は納付を命ぜられた金額の納付をすることを命ずることとなり、当該労働保険事務組合に対してはその返還を命ずることはできない。

「社労士過去問 平成25年度 労働保険徴収法(雇用) 第8問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 雇用保険法 第7問 問題と解説

平成25年度 雇用保険法 第7問 問題

雇用保険制度に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか?

【A】行政庁は、雇用保険法施行のため必要があるときは、当該職員に、被保険者を雇用していた事業主の事務所に立ち入らせることができるが、この権限は、犯罪捜査のために認められたものと解釈してはならいない。

【B】事業主及び労働保険事務組合は、雇用保険に関する書類(雇用安定事業又は能力開発事業に関する書類及び労働保険徴収法又は労働保険徴収法施行規則による書類を除く)その完結の日から2年間(被保険者に関する書類にあっては、4年間)保管しなければならない。

【C】行政庁は、雇用保険法施行規則で定めるところにより、被保険者を雇用していた事業主に対して、雇用保険法の施行に関して必要な報告、文章の提出又は出頭を命ずることができるが、当該命令は、文章によって行うものとする。

【D】雇用安定事業のうち、雇用保険法第62条第1項第1号が規定する、景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた場合において、労働者を休業させる事業主その他労働者の雇用の安定を図るために必要な措置を講ずる事業主に対して、必要な助成及び援助を行う事業の実施に関する事務は、都道府県知事が行うこととされている。

【E】失業給付の支給を受け、又はその返還を受ける権利は、2年を経過したときは、時効によって消滅する。

「社労士過去問 平成25年度 雇用保険法 第7問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 雇用保険法 第6問 問題と解説

平成25年度  雇用保険法 第6問 問題

給付制限に関する次の記述のうち、正しいものはどれか?
なお、本問における「受給資格者」には、訓練延長給付、広域延長給付、全国延長給付又は個別延長給付を受けている者は除かれるものとする。

【A】日雇労働求職者給付金の支給を受けることができる者が公共職業安定所の紹介する業務に就くことを拒んだときは、正当な理由がある場合を除き、その拒んだ日から起算して1か月に限り、日雇労働求職者給付金を支給しない。

【B】偽りその他不正の行為により基本手当の支給を受けようとした者には、やむを得ない理由がある場合を除き、当該基本手当の支給を受けようとした日から起算して1か月間に限り、基本手当を支給しない。

【C】受給資格者が、正当な理由がなく、厚生労働大臣の定める基準に従って公共職業安定所が行うその者の再就職を促進するために必要な職業指導を受けることを拒んだときは、その拒んだ日から起算して1か月を超えない範囲内において公共職業安定所長の定める期間は、基本手当を支給しない。

【D】受給資格者が雇用保険法第21条に規定する待期の期間の満了前に正当な理由がなく公共職業安定所の紹介する業務に就くことを拒んだときは、当該拒んだ日以降の待期の期間を含め1か月間に限り、基本手当を受けることができない。

【E】日雇労働求職者給付金の支給を受けることができる者が、偽りその他不正の行為により就職促進給付の支給を受けたときは、やむを得ない理由がある場合を除き、その支給を受けた月及びその月の翌月から1か月間に限り、日雇労働求職者給付金を支給しない。

「社労士過去問 平成25年度 雇用保険法 第6問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 雇用保険法 第5問 問題と解説

平成25年度 雇用保険法 第5問 問題

雇用継続給付に関する次の記述のうち、正しいものはどれか?
なお、本問Aの「被保険者」には、短期雇用特例被保険者及び日雇労働被保険者は含めないものとし、本問C及びEの「被保険者」には、高年齢継続被保険者、短期雇用特例被保険者及び日雇労働被保険者は含めないものとする。

【A】事業主は、当該事業所の労働者の過半数で組織する労働組合(労働者の過半数で組織する労働組合がないときは、労働者の過半数を代表する者)との間に書面による協定がないときであっても、所定の要件を満たすことにより、被保険者に代わって、支給申請を行うべき月ごとに、高年齢雇用継続給付支給申請書の提出をすることができる。

【B】高年齢雇用継続給付受給資格確認票・(初回)高年齢雇用継続給付支給申請書に記載された事項については、事業主の証明を受けなければならない。

【C】被保険者は、初めて育児休業給付金の支給を受けようとするときは、育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書の提出を、やむを得ない理由がある場合を除き、雇用保険法第61条の4第3項に規定する支給単位期間の初日から起算して2か月を経過する日の属する月の末日までにしなければならない。

【D】高年齢雇用継続給付は、高年齢継続被保険者に支給されない。

【E】被保険者が同居し、又は、扶養している当該被保険者の祖父母、兄弟姉妹及び孫を介護するために被保険者が休業をし、所定の要件を満たしたときには、介護休業給付金が支給される。

「社労士過去問 平成25年度 雇用保険法 第5問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 雇用保険法 第4問 問題と解説

平成25年度 > 雇用保険法 第4問 問題

教育訓練給付に関する次のアからオの記述のうち、誤っているものの組合わせは、後記AからEまでのうちどれか?
なお、本問において「教育訓練」とは「雇用保険法第60条の2第1項の規定に基づき厚生労働大臣が指定する教育訓練」のことである。

【ア】教育訓練給付等の算定の基礎となる、教育訓練の受講のために支払った費用として認められるのは、入学料及び受講料(当該教育訓練の期間が1年を超えるときは、当該1年を超える部分に係る受講料を除く)である。

【イ】教育訓練給付金の支給を受けるためには、教育訓練を受け、当該教育訓練を修了したことが必要であるが、当該教育訓練を行った指定教育訓練実施者によりその旨の証明がされていない場合にも、所定の要件を満たすことにより、支給を受けることができる。

【ウ】教育訓練給付金の支給を受けようとする者は、やむを得ない理由がある場合を除いて、当該教育訓練給付金の支給に係る教育訓練を修了した日の翌日から起算して1か月以内に、教育訓練給付金支給申請書に所定の書類を添えて、管轄公共職業安定所の長に提出しなければならない。

【エ】教育訓練給付金の額として算定された額が5,000円となるときは、教育訓練給付金は、支給されない。

【オ】管轄公共職業安定所の長は、教育訓練給付金の支給を決定したときは、その日の翌日から起算して7日以内に教育訓練給付金を支給する。

【A】アーイ

【B】イーウ

【C】イーエ

【D】ウーオ

【E】エーオ

「社労士過去問 平成25年度 雇用保険法 第4問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 雇用保険法 第3問 問題と解説

平成25年度 雇用保険法 第3問 問題

基本手当の延長給付に関する次の記述のうち、正しいものはどれか?

【A】受給資格者であって、当該受給資格に係る離職後最初に公共職業安定所に求職の申込みをした日以後、正当な理由なく、公共職業安定所の紹介する職業に就くことを拒んだことがある者についても、当該受給資格に係る個別延長給付が支給されることがある。

【B】受給資格者が公共職業安定所長の指示した公共職業訓練等(その期間が2年を超えるものを除く)を受ける場合には、その者が当該公共職業訓練等を受けるため雇用保険法第21条に規定する待機している期間内の失業している日についても、当該公共職業訓練等を受け始める日の前日までの引き続く30日間を限度として、所定給付日数を超えてその者に基本手当を支給することができる。

【C】広域延長給付を受けている受給資格者については、当該広域延長給付が終わった後でなければ全国延長給付は行わず、全国延長給付を受けている受給資格者について広域延長給付が行われることとなったとき、広域延長給付が行われる間は、その者について全国延長給付は行わない。

【D】全国延長給付は、連続する4月間の各月における基本手当の支給を受けた受給資格者の数を、当該受給資格者の数に当該各月の末日における被保険者の数を加えた数で除して得た率が、それぞれ100分の3となる場合には、支給されることがある。

【E】厚生労働大臣は、広域延長給付の措置を決定するためには、その地域における雇用に関する状況等から判断して、その地域内に居住する求職者がその地域において職業に就くことが困難であると認める地域について、求職者が他の地域において職業に就くことを促進するための計画を作成し、関係都道府県知事及び公共職業安定所長に、当該計画に基づく広範囲の地域にわたる職業紹介活動を行わせなければならない。

「社労士過去問 平成25年度 雇用保険法 第3問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 雇用保険法 第2問 問題と解説

平成25年度 > 雇用保険法 第2問 問題

基本手当の受給手続に関する次のアからオの記述のうち、正しいものの組合わせは、後記AからEまでのうちどれか?

【ア】受給資格者は、失業の認定を受けようとするときは、失業の認定日に、管轄公共職業安定所に出頭し、正当な理由がある場合を除き離職票に所定の書類を添えて提出した上、職業の紹介を求まなければならない。

【イ】受給資格者は、失業の認定日に、民間の職業紹介事業者の紹介に応じて求人者に面接するために公共職業安定所に出頭することができなかったときは、その理由を記載した証明書を提出することによって、公共職業安定所に出頭しなくても、失業の認定を受けることができる。

【ウ】管轄公共職業安定所の長は、受給資格者証を提出した受給資格者に対して失業の認定を行った後、正当な理由があるときは、受給資格者証を返付しないことができる。

【エ】受給資格者(口座振込受給資格者を除く)が疾病、負傷、就職その他やむを得ない理由によって、支給日に管轄公共職業安定所に出頭することができないときは、その代理人が当該受給資格者に支給されるべき基本手当の支給を受けることができる。

【オ】受給資格者は、受給期間内に就職し、その期間内に再び離職し、当該受給期間内に係る受給資格に基づき基本手当の支給を受けようとするときは、管轄公共職業安定所に出頭し、その保管する受給資格者証を離職票又は雇用保険被保険者資格喪失確認通知書に添えて提出しなければならない。

【A】アーイ

【B】アーオ

【C】イーウ

【D】ウーエ

【E】エーオ

「社労士過去問 平成25年度 雇用保険法 第2問 問題と解説」の続きを読む…