平成24年(2012年) 社労士 選択式 過去問 国民年金法 回答&解説

平成24年(2012年)国民年金法 問題

次の文中の(  )の部分を選択肢の中の適当な語句で埋め、法令に照らして完全な文章とせよ。

国民年金の第1号被保険者の保険料の額は、平成16年改正によって導入された保険料水準固定・給付水準自動調整の仕組みにより、平成17年度から平成( A )年度まで毎年度( B )円ずつ引き上げられ、平成( A )年度以降は月額( C )円で固定されることとされている(平成16年度価格)。

平成17年度以降の実際の保険料の額は、それぞれの年度ごとに定められた額(平成16年度価格)に( D )を乗じて得た額を10円未満で四捨五入した額とされ、平成24年度は月額( E )円である。

選択肢

① 29 ② 31 ③ 35
④ 37 ⑤ 220 ⑥ 250
⑦ 280 ⑧ 310
⑨ 14,980 ⑩ 15,010
⑪ 15,040 ⑫ 15,700
⑬ 16,380 ⑭ 16,660
⑮ 16,900 ⑯ 17,180
⑰ 実質賃金変動率 ⑱ 物価変動率
⑲ 保険料改定率 ⑳ 名目賃金変動率

「平成24年(2012年) 社労士 選択式 過去問 国民年金法 回答&解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第10問 問題と解説

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第10問 問題

遺族基礎年金等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A.死亡一時金を受けることができる遺族は、死亡した者の配偶者、子、父母、祖父母または兄弟姉妹であって、その者の死亡の当時その者と生計を同じくしていたものである。

B.遺族基礎年金の支給対象となる遺族としての要件の一つである、死亡した被保険者等との間での生計同一の要件については、住所が住民票上同一の場合であっても、住民票上の世帯が別である場合は含まれない。

C.遺族基礎年金の受給権者である妻の所在が1年以上明らかでないときは、遺族基礎年金の受給権を有する子の申請によって、申請した日の属する月の翌月から、その支給が停止される。

D.死亡日に被保険者であって、保険料納付要件を満たしていても、被保険者が日本国内に住所を有していなければ、遺族基礎年金は支給されない。

E.夫の死亡により遺族基礎年金の受給権を有していたことのある妻には、寡婦年金は支給されない。

 

「社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第10問 問題と解説」の続きを読む…

平成25年(2013年) 社労士 選択式 過去問 国民年金法 回答&解説

平成25年(2013年) 国民年金法 問題

次の文中の(  )の部分を選択肢の中の最も適切な語句で埋め、国民年金制度に照らして完全な文章とせよ。

平成24年10月1日から起算して( A )を経過する日までの間において、国民年金の被保険者又は被保険者であった者(国民年金法による( B )を除く。)は、厚生労働大臣の承認を受け、その者の国民年金の被保険者期間のうち、

国民年金の保険料納付済期間及び保険料免除期間以外の期間(承認の日の属する月前( C )以内の期間であって、当該期間に係る国民年金の保険料を徴収する権利が( D )しているものに限る。)の各月につき、当該各月の国民年金の保険料に相当する額に政令で定める額を加算した額の国民年金の保険料( E  )を納付することができる。

選択肢

① 1年 ② 2年
③ 3年 ④ 5年
⑤ 7年 ⑥ 10年
⑦ 15年 ⑧ 20年
⑨ 後納保険料 ⑩ 国民年金基金加入者
⑪ 時効によって消滅 ⑫ 処分によって失効
⑬ 滞納によって中断 ⑭ 追納保険料
⑮ 特別保険料 ⑯ 特例納付保険料
⑰ 任意加入被保険者 ⑱ 引き続き継続
⑲ 法定免除者又は申請全額免除者 ⑳ 老齢基礎年金の受給権者

「平成25年(2013年) 社労士 選択式 過去問 国民年金法 回答&解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第9問 問題と解説

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第9問 問題

障害基礎年金に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A.初診日が平成22年8月30日である場合、平成22年7月分までの1年間のうちに保険料の滞納がなければ、障害基礎年金の保険料納付要件を満たす。

B.20歳未満の初診日において厚生年金保険の被保険者であって保険料納付要件を満たしている場合、障害認定日が20歳未満であってその障害認定日において障害等級に該当すれば障害厚生年金の受給権が発生するが、障害基礎年金については障害等級に該当していても受給権の発生は20歳以降である。

C.初診日に厚生年金保険の被保険者で、保険料納付等の要件を満たし、3級の障害厚生年金の受給権を取得した者が、その後、障害の程度が増進し2級以上となり、65歳に達する日の前日までに障害厚生年金の額の改定が行われたときは、当該者は障害基礎年金に係る事後重症の請求を行えば、障害基礎年金の受給権が発生する。

D.障害基礎年金の受給権者の子についての加算額は、当該受給権者が再婚し、当該子がその再婚の相手の養子になったときは、加算額は減額される。

E.障害基礎年金の受給権者に対して更に障害基礎年金を支給すべき事由が生じたときは、前後の障害を併合した障害の程度による障害基礎年金を支給し、併合した障害の程度にかかわりなく、従前の障害基礎年金の受給権は消滅する。

 

「社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第9問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第8問 問題と解説

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第8問 問題

国民年金法等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A.被保険者がその資格を取得した日の属する月にその資格を喪失したときは、その月を1か月として被保険者期間として算入するが、その月にさらに被保険者の資格を取得したときは、後の被保険者期間のみをとって1か月として算入する。

B.被保険者の種別ごとに被保険者期間を計算する場合には、被保険者の種別に変更があった月は、変更後の種別の被保険者であった月とみなし、同月中に2回以上の種別変更があったときは、その月は最後の種別の被保険者であった月とみなす。

C.年金給付の支払い時に端数が生じたときは、50銭未満の端数が生じたときは、50銭未満の端数は切捨て、また、50銭以上1円未満の端数は1円に切り上げられる。

D.年金給付の支給を停止すべき事由が生じたときは、その事由が生じた日の属する月の翌月からその事由が消滅した日の属する月までの分の支給を停止する。ただし、これらの日が同じ月に属する場合は、支給を停止しない。

E.厚生労働大臣が老齢基礎年金の受給権を裁定した場合において、その受給権者が老齢厚生年金の年金証書の交付を受けているときは、当該老齢厚生年金の年金証書を当該老齢基礎年金の年金証書とみなす。

 

「社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第8問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第7問 問題と解説

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第7問 問題

被保険者資格の取得及び喪失に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A.日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の在外邦人は、申出をした日に任意加入被保険者の資格を取得する。

B.日本国内に住所を有しない20歳以上60歳未満の在外邦人で任意加入していない者が第2号被保険者の被扶養配偶者になったときは、その日に第3号被保険者の資格を取得する。

C.日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の在外邦人で任意加入している者が保険料を滞納したとき、保険料を納付することなく2年経過した日に被保険者資格を喪失する。

D.日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の在外邦人で任意加入している者が日本国籍を失ったとき、その翌日に被保険者資格を喪失する。

E.日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の任意加入被保険者が、日本国内に住所を有しなくなった日に第2号被保険者に該当するに至ったときは、その日に第1号被保険者の資格を喪失し、その日に第2号被保険者の資格を取得する。

 

「社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第7問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第6問 問題と解説

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第6問 問題

被保険者の届出等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A.第1号被保険者期間を有する老齢基礎年金に係る裁定請求の受理及びその請求に係る事実についての審査に関する事務は、市町村長(特別区の区長を含む。)が行う。

B.障害基礎年金に係る裁定請求の受理及びその請求に係る事実についての審査に関する事務は、共済組合員または私立学校教職員共済制度の加入者であった間に初診日がある者等も含めて、日本年金機構が行う。

C.第1号被保険者及び任意加入被保険者の異動に関して、住民基本台帳法による転入、転居または転出の届出がなされたときは、その届出と同一の事由に基づくものについては、その届出があったものとみなされる。

D.在外邦人に対する国民年金の適用に関する諸手続きの事務は、本人の日本国内における住所地等に係わりなく、東京都千代田区長が行う。

E.学生等であって保険料を納付することを要しないものとされた被保険者が、卒業等により政令で定める学生でなくなったときは、必要な事項を記載した届書に、国民年金手帳を添えて、これを年金事務所等に提出しなければならない。

 

「社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第6問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第5問 問題と解説

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第5問 問題

国民年金法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A.保険料納付確認団体は、当該団体の構成員その他これに類する者である被保険者からの委託により、当該被保険者に係る保険料滞納事実の有無について確認し、その結果を当該被保険者に通知する業務を行うものとする。

B.日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者で、第2号被保険者及び第3号被保険者のいずれにも該当しない外国人は、被用者年金各法に基づく老齢給付等を受けることができない場合、原則として第1号被保険者となる。

C.被保険者は、厚生労働大臣に対し、被保険者の保険料を立て替えて納付する事務を適正かつ確実に実施できると認められる者であって、指定代理納付者から納付される番号、記号、その他の符号を通知することにより、その指定代理納付者をして当該被保険者の保険料を立て替えて納付することを希望する旨の申出をすることができる。

D.障害厚生年金の支給を停止し、老齢基礎年金を支給すべき場合に、支給を停止すべき月の翌月以降の分として障害厚生年金が支払われた場合であっても、両年金は、異なる制度の年金であるので、障害厚生年金を老齢基礎年金の内払とみなすことはできない。

E.第3号被保険者の資格取得の届出をしなかった期間(平成17年4月1日以後の期間に限る。)は、原則として、届出をした日の属する月の前々月までの2年間を除いて、保険料納付済期間に算入しない。

 

「社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第5問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第4問 問題と解説

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第4問 問題

国民年金法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A.昭和15年4月1日以前に生まれた者は、保険料納付済期間、保険料免除期間及び合算対象期間を合算した期間が21年から24年あれば、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしたものとして取り扱われる。

B.死亡一時金については、当該給付の支給事由となった事故について受給権者が損害賠償を受けた場合であっても、その損害賠償額との調整は行われない。

C.国民年金基金が支給する年金額は、200円に加入員の加入月数を乗じて得た額を超えるものでなければならないが、国民年金基金の支給する一時金の額については下限は定められていない。

D.船舶が行方不明になった際に現にその船舶に乗船し、行方不明となった者の生死が分からない場合は、その船舶が行方不明となった日から3か月を経過した日にその者は死亡したものと推定する。

E.老齢基礎年金の受給権者の配偶者が障害等級1級の障害厚生年金の受給権者であり、加給年金額を受けていたことにより当該老齢基礎年金に加算される振替加算の額は、その配偶者が障害等級2級に該当するときの額の1.25倍の額になる。

 

「社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第4問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第3問 問題と解説

社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第3問 問題

国民年金法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A.日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の者が、任意加入被保険者となる申出を行おうとする場合には、口座振替納付を希望する旨の申出または口座振替納付によらない正当な事由がある場合として厚生労働省令で定める場合に該当する旨の申出を、厚生労働大臣に対して行わなければならない。

B.脱退一時金の額は、改定率の改定による自動改定(賃金・物価スライド)の対象とされないが、保険料の額の引上げに応じて、毎年度改定される。

C.老齢厚生年金または障害厚生年金の加給年金額の計算の基礎となっていた配偶者が、老齢基礎年金の受給権を取得したときは、その者の老齢基礎年金の額に加算額を加算する特例が設けられている。

D.年金たる給付(付加年金を除く。)については、経過措置により、平成16年改正後の規定により計算された額が、平成12年改正後の規定により計算された額に0.978を乗じて得た額(平成25年度価額)に満たない場合には、後者の額がこれらの給付額とされる。

E.国民年金基金が支給する年金は、少なくとも、当該基金の加入員であった者が老齢基礎年金の受給権を取得したときから3年を限度に、その者に支給されるものでなければならない。

 

「社労士過去問 平成22年度 国民年金法 第3問 問題と解説」の続きを読む…