社労士過去問 平成25年度 労働基準法 第4問 問題と解説

平成25年度 労働基準法 第4問 問題

労働基準法に定める妊婦等に関する次のアからオの記述のうち、正しいもの組み合わせは、後記AからEまでのうちどれか?

【ア】派遣中の派遣労働者が、労働基準法67条1項の規定に基づく育児時間を請求する場合は、派遣元事業主に対してではなく、派遣先の事業主に対して行わなければならない。

【イ】使用者は、妊娠100日目の女性が流産した場合については、労働基準法65条に規定する産後休業を与える必要はない。

【ウ】労働基準法では、「妊産婦」は、「妊娠中の女性及び産後6か月を経過しない女性」とされている。

【エ】労働基準法65条3項においては、「使用者は妊娠中の女性が請求した場合においては、他の軽易な業務に転換させなければならない。」と規定されているが、派遣中の派遣労働者が同項の規定に基づく請求を行う場合は、派遣元事業主に対して行わなければならない。

【オ】使用者は、労働基準法66条2項の規定に基づき、妊産婦が請求した場合においては、同法33条1項及び3項並びに36条1項の規定に係わらず、または休日に労働させてはならない。

【A】ア-イ

【B】ア-オ

【C】イ-ウ

【D】ウ-エ

【E】エ-オ

「社労士過去問 平成25年度 労働基準法 第4問 問題と解説」の続きを読む…