社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第10問 問題と解説

平成25年度 国民年金法 第10問 問題

国民年金法等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか?

【A】障害基礎年金の受給権者が当該受給権を取得した後に18歳に達する日以後最初の3月31日までの間にある子を有することとなった場合には、その子との間に生計維持関係があっても、その子を対象として加算額が加算されることはない。

【B】付加年金の受給権は、老齢基礎年金の受給権と同時に発生し、老齢基礎年金の受給権と同時に消滅する。また、老齢基礎年金がその金額につき支給停止されているときは、その間、付加年金も停止される。

【C】原則として、給付を受けた金銭を標準として租税その他の公課を課することはできないが、老齢基礎年金及び付加年金には公課を貸すことができる。

【D】妻が、1人の子と生計を同じくし遺族基礎年金を受給している場合に、当該子が障害の状態に該当しないまま18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了したときは、当該遺族基礎年金の受給権は消滅する。

【E】被保険者の資格に関する処分に対する審査請求は、文章又は口頭ですることができるが、原処分があった日の翌日から起算して2年を経過したときはすることができない。

 

「社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第10問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第9問 問題と解説

平成25年度 国民年金法 第9問 問題

ある男性が学校を卒業後20歳で会社に就職し、厚生年金保険に7年間加入し会社を退職した。また、退職後は第1号被保険者として国民年金の保険料を27年間支払った。この男性が54歳で死亡した場合の死亡に関する給付等について、次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、男性は障害基礎年金の受給権を取得したことがない。

【A】男性が死亡した当時、生計を維持していた者が同居していた80歳の母(老齢基礎年金のみ受給中)だけである場合、母は遺族として、死亡一時金と遺族厚生年金の受給権を取得し、全て受給することができる。

【B】男性が死亡した当時、生計を維持していた者が結婚して以後25年間同居していた50歳の妻だけである場合、妻は遺族として、寡婦年金と死亡一時金と遺族厚生年金の受給権を取得するが、寡婦年金と死亡一時金はどちらか一方のみを選択することとなり、死亡一時金を選択した場合、遺族厚生年金も受給できる。

【C】男性が死亡した当時、生計を維持していた者が同居していた12歳と15歳の子だけである場合、当該子らは遺族として、遺族基礎年金と遺族厚生年金と死亡一時金の受給権を取得し、全て受給することができる。

【D】男性が死亡した当時、生計を維持していた者が同居していた50歳の弟と60歳の兄だけである場合、2人は遺族として、死亡一時金の受給権のみが発生するるが、その1人がした請求は、全員のためその全額につきしたものとみなし、その1人に対してした支給は全員に対してしたものとみなされる。

【E】男性が死亡した当時、生計を維持していた者が5年間同居していた内縁関係の45歳の妻と男性と養子縁組をしていない13歳の妻の連れ子だけである場合、妻は死亡一時金と遺族厚生年金の受給権を取得し、すべて受給することができるが、当該遺族には遺族基礎年金の受給権は発生しない。

 

「社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第9問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第8問 問題と解説

平成25年度 国民年金法 第8問 問題

次の記述のうち、正しいものはどれか?
なお、本問においてすべての者は昭和29年4月2日生まれとし、「現在」は平成25年4月12日とする。

【A】20歳前から引き続き日本に住所を有する外国籍の者が、30歳で日本人と結婚してその後永住許可を受けた。20歳から永住許可を受けた日の前日までの期間は合算対象期間となる。

【B】大学を卒業後22歳から50歳まで厚生年金保険に加入していた者が、会社を退職後50歳から55歳まで海外へ移住しその後帰国した。帰国後は国民年金の加入手続きをし保険料を納付している。海外へ移住していた期間は任意加入被保険者であったが、その期間の一部について保険料を納め忘れていた場合、この者は現在厚生労働大臣の承認を受け、納め忘れていた保険料を納付することができる。

【C】大学を22歳で卒業後就職し厚生年金保険の被保険者であった女性が、26歳で退職と同時に厚生年金保険の被保険者である会社員と結婚し被扶養配偶者となった。その後国民年金には未加入、昭和61年4月から第3号被保険者となり現在に至る。この者は60歳から報酬比例部分相当の老齢厚生年金の支給が開始されるため、60歳以降国民年金の任意加入の申出をしても任意加入被保険者となることができない。

【D】20歳から23歳まで会社に就職し厚生年金保険に加入していた女性が、23歳で会社を退職する際に当該期間に該当する脱退手当金を受給した。その後現在まで国民年金の保険料納付済期間及び保険料免除期間がない場合、現在において脱退手当金を受給した期間は合算対象期間となる。

【E】20歳から現在まで引き続き国民年金の被保険者とし保険料を滞納することなく納付している者が、現在、第1号被保険者として地域型国民年金基金に加入している場合、希望すれば60歳以降も、最長で65歳まで、引き続き当該国民年金基金に加入することができる。なお、この者は、保険料免除の適用を受けたことがない。

 

「社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第8問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第7問 問題と解説

平成25年度 国民年金法 第7問 問題

国民年金法第30条の4に規定する20歳前傷病による障害基礎年金に関する次のアからオの記述のうち、正しいものの組合せは後記AからEまでのうちどれか?

【ア】受給権者本人の前年の所得が政令で定められた金額を超えるときは、その年の8月から翌年7月までの間、年金額の全部、又は、年金額の4分の3、2分の1若しくは4分の1に相当する部分の支給が停止される。

【イ】労働者災害補償保険法による年金たる給付の受給権者であってその全額が支給停止されているときは、20歳前傷病による障害基礎年金は支給停止されない。

【ウ】受給権者が日本国内に住所を有しないときは支給停止される。

【エ】受給権者が障害者福祉施設に入所しているときは支給停止される。

【オ】震災、風水災、火災その他これらに類する災害により、自己又は所得税法に規定する控除対象配偶者若しくは扶養親族の所有に係る住宅、家財又は政令に定めるその他の財産につき被害金額がその価格の概ね3分の1以上である損害を受けた者がある場合は、その損害を受けた年の前年又は前々年における当該被災者の所得を理由とする支給停止は行わない。

【A】アとイ

【B】アとウ

【C】イとウ

【D】ウとエ

【E】エとオ

 

「社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第7問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第6問 問題と解説

平成25年度 国民年金法 第6問 問題

次の記述のうち、老齢基礎年金の合算対象期間に算入されるものはどれか?

【A】昭和61年4月1日前の旧国民年金法の被保険者期間のうち保険料の免除を受けた期間。

【B】昭和61年4月1日前に被用者年金各法の通算遺族年金の受給者であった20歳以上60歳未満の期間。

【C】60歳以上65歳未満の期間を含む国会議員であった期間のうち、昭和36年4月1日から昭和55年3月31日までの期間。

【D】昭和36年5月1日以後、国籍法の規定により日本国籍を取得した者(20歳に達した日の翌日から65歳に達した日の前日までの間に日本国籍を取得した者に限る。以下同じ)で日本に住所を有していた20歳以上60歳未満の期間のうち、国民年金の適用除外とされていた昭和36年4月1日から昭和61年4月1日前の期間。

【E】昭和36年5月1日以後、国籍法の規定により日本国籍を取得した者で日本に住所を有していなかった20歳以上60歳未満の期間のうち、昭和36年4月1日から日本国籍を取得した日の前日までの期間。

 

「社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第6問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第5問 問題と解説

平成25年度 国民年金法 第5問 問題

国民年金制度に関する次のアからオの記述のうち、正しいものの組合せは後記AからEまでのうちどれか?
なお、本問において「配偶者から暴力」とは、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律に規定するものをいう。

【ア】日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の外国人で第2号及び第3号被保険者に該当しない者のうち、適法に3か月を超えて在留する者であって住民基本台帳に記録された者は、第1号被保険者として適用を受ける。

【イ】外国人で住民基本台帳に記録されない短期滞在者については、日本国内に住所を有することが明らかになった者であっても第1号被保険者としては適用されない。

【ウ】外国人である第1号保保険者が日本国内に住所を有しなくなったときの資格喪失年月日は、原則として、出国の日とする。

【エ】配偶者からの暴力を受けた第3号被保険者については、当該被保険者がその配偶者の収入により生計を維持しなくなった場合であっても、第1号被保険者への種別変更の届出は不要である。

【オ】配偶者からの暴力を受けた第1号被保険者からの保険料の免除申請については、配偶者の所得は審査の対象としない。

【A】アとエ

【B】アとオ

【C】イとウ

【D】イとエ

【E】ウとオ

 

「社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第5問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第4問 問題と解説

平成25年度 国民年金法 第4問 問題

国民年金法第5条第8項に定める「婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者」(いわゆる事実婚関係にある者)の認定基準及び認定の取扱いに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか?

【A】事実婚関係にある者とは、いわゆる内縁関係にある者をいうのであり、内縁関係とは、婚姻の届出を欠くが、社会通念上、夫婦としての共同生活と認められる事実関係をいい、①当事者間に社会通念上、夫婦の共同生活と認められる事実関係を成立させようとする合意があること、②当事者間に、社会通念上、夫婦の共同生活と認められる事実関係が存在すること、の要件を備えることを要する。

【B】当該内縁関係が反倫理的な内縁関係である場合については、原則としてこれを事実婚関係にある者とは認定しない。

【C】離婚の届出がなされ、戸籍簿上も離婚の処理がなされているにもかかわらず、その後も事実上婚姻関係と同様の事情にある者については、その者の状態が所定の要件に該当すれば、これを事実婚関係にある者として認定する。

【D】届出による婚姻関係にある者が重ねて他の者と内縁関係にあり、届出による婚姻関係において、一方の悪意の遺棄によって夫婦としての共同生活が行われておらず、その状態がおおむね5年程度以上継続しているときは、届出による婚姻関係がその実体を全く失ったものとなっているとみなし、内縁関係にある者を事実婚関係にある者として認定する。

【E】内縁関係が重複している場合については、先行する内縁関係がその実体を全く失ったものとなっているときを除き、先行する内縁関係における配偶者を事実婚関係にある者として認定する。

 

「社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第4問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第3問 問題と解説

平成25年度 国民年金法 第3問 問題

国民年金法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか?

【A】65歳以上の者に支給される障害基礎年金と老齢厚生年金は併給されるが、65歳以上に支給される老齢基礎年金の受給権者が遺族厚生年金の受給権を取得したときは、併給の調整によりどちらか一方の年金給付は支給停止される。

【B】併給の調整により支給停止された年金給付について、いわゆる選択替えをすることができるのは、毎年、厚生労働大臣が受給権者に係る現況の確認を行う際に限られる。

【C】68歳に達する年度前にある受給権者についての改定率の改定は、原則として、名目手取り賃金変動率を基準として毎年行われるが、調整期間中においては、この改定は行われず、改定率は据え置かれる。

【D】第1号被保険者は、国民年金基金に対し加入員となる申出をした日に当該加入員の資格を取得し、加入員資格の喪失の申出が受理された日にその加入員の資格を喪失する。

【E】第2号被保険者のうち、共済組合の組合員又は私立学校職員共済制度の加入者については、国民年金原簿への記録管理は行われていない。

 

「社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第3問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第2問 問題と解説

平成25年度 国民年金法 第2問 問題

被保険者等に関する次のアからオの記述のうち、正しいものの組合せは、後記AからEまでのうちどれか?

【ア】被用者年金各法の被保険者、組合員又は加入者は、60歳に達した日に国民年金の被保険者の資格を喪失する。 「社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第2問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第1問 問題と解説

平成25年度 国民年金法 第1問 問題

国民年金法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか?

【A】保険料を前納した後、当該前納に係る期間の経過前において被保険者がその資格を喪失した場合又は保険料の免除を受けた場合は、その者の請求に基づき、前納した保険料のうち未経過期間に係るものを還付する。

【B】老齢基礎年金の受給権者は、住所又は氏名を変更したときは、日本年金機構に所定の事項を記載した届書を提出しなければならないが、厚生労働大臣が住民基本台帳ネットワークシステムにより当該受給権者に係る本人確認情報の提供を受けることができる者については、当該届書を提出する必要はない。

【C】基礎年金拠出金の算定基礎となる「被用者年金保険者に係る被保険者」とは、厚生年金保険の管掌者たる政府にあっては、厚生年金保険の被保険者である第2号被保険者をいい、その被扶養配偶者である第3号被保険者は含まない。

【D】遺族基礎年金の受給権者である妻が死亡した場合の未支給の年金について、妻の死亡の当時、当該遺族基礎年金の支給の要件となり、又はその額の加算の対象となっていた被保険者又は被保険者であった者は子は、当該妻と養子縁組をしていなくても、未支給の年金の支給を請求することができる子となみなされる。

【E】昭和36年4月1日から昭和61年3月31日までの間の厚生年金保険の被保険者期間は、老齢基礎年金の受給資格期間に関して、そのすべての期間が国民年金の保険料納付済期間とみなされる。

 

「社労士過去問 平成25年度 国民年金法 第1問 問題と解説」の続きを読む…