社労士過去問 平成25年度 厚生年金保険法 第6問 問題と解説

平成25年度 厚生年金保険法 第6問 問題

年金の内払に関する次の記述のうち、法令に照らして誤っているものはどれか?

【A】障害等級1級または2級の障害厚生年金の受給者が、新たに障害等級1級または2級に該当する障害を受け、厚生年金保険法第48条1項の規定に基づいて、前後の障害を併合した障害の程度による新たな障害厚生年金の受給権を取得した場合、従前の障害厚生年金の受給権が消滅した月の翌月以後の分として、従前の障害厚生年金の支払が行われたときは、その支払われた従前の障害厚生年金は、新たな障害厚生年金の内払とみなす。

【B】遺族厚生年金の受給権者が障害厚生年金の受給権を取得し、障害厚生年金の支給を選択した場合において、遺族厚生年金の支給を停止すべき事由が生じた月の翌月以後の分として遺族厚生年金が支払が行われたときは、その支払われた遺族厚生年金は、障害厚生年金の内払とみなす。

【C】老齢厚生年金の受給権者に対し、在職老齢年金の仕組みにより、年金の支給を停止すべき事由が生じたにもかかわらず、その停止すべき期間の分として年金が支払われたときは、その支払われた年金は、その後に支払うべき年金の内払とみなすことができる。

【D】同一人に対して国民年金法による寡婦年金の支給を停止して60歳台前半の老齢厚生年金を支給すべき場合において、老齢厚生年金を支給すべき事由が生じた月の翌月以後の分として寡婦年金の支払いが行われたときは、その寡婦年金は、老齢厚生年金の内払とみなすことができる。

【E】同一人に対して共済組合が支給する障害共済年金の支給を停止して遺族厚生年金を支給すべき場合において、遺族厚生年金を支給すべき事由が生じた月の翌月以後の分として障害共済年金の支払いが行われたときは、その障害共済年金は遺族厚生年金の内払とみなすことができる。

 

「社労士過去問 平成25年度 厚生年金保険法 第6問 問題と解説」の続きを読む…