社労士過去問 平成25年度 厚生年金保険法 第4問 問題と解説

平成25年度 厚生年金保険法 第4問 問題

保険料その他厚生年金保険法(第9章を除く)の規定による徴収金(以下「保険料等」という)の催促及び滞納処分に関する次の記述のうち、法令に照らして誤っているものはどれか?

【A】保険料を滞納する者があるときは、厚生労働大臣は期限を指定して、これを催促しなければならない。ただし、保険料の操上徴収の規定により保険料を徴収するときは、この限りではない。

【B】保険料等の催促をしようとするときは、厚生労働大臣は、納付義務者に対して催促状を発する。保険料の催促状は、納付義務者が健康保険保険法第180条の規定によって催促を受ける者であるときは、同法同条の規定による催促状により、これに代えることができる。

【C】保険料等の催促状により指定する期限は、催促状を発する日から起算して10日以上を経過した日でなければならない。ただし、保険料の繰上徴収が認められる要件に該当する場合は、この限りではない。

【D】厚生労働大臣は、催促を受けた納付義務者が指定の期限までに保険料等を納付しないとき、国税滞納処分の例によってこれを処分し、又は納付義務者の居住地若しくはその者の財産所在地の市町村(特別区を含むものとし、地方自治法に規定される指定都市にあっては区とする。以下同じ)に対して、その処分を請求することができる。

【E】厚生労働大臣は、保険料の操上徴収が認められる要件に該当したことにより納期を繰り上げて保険料納入の告知を受けた者が、その指定の期限までに保険料を納付しないとき、国税滞納処分の例によってこれを処分し、又は納付義務者の居住地若しくはその者の財産所在地の市町村に対して、その処分を請求することができる。

 

「社労士過去問 平成25年度 厚生年金保険法 第4問 問題と解説」の続きを読む…