社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第4問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第4問 問題

失業の認定に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A.受給資格者が基本手当を受給するためには、当該受給資格に係る離職の日の翌日から起算して28日以内に管轄公共職業安定所に出頭し、求職の申込みをした上で、最初の失業の認定を受けなければならない。

B.公共職業安定所長の指示した公共職業訓練等を受ける受給資格者に係る失業の認定は、1月に1回、直前の月に属する各日(既に失業の認定の対象となった日を除く。)について行われる。

C.管轄公共職業安定所の長は、失業の認定に当たり、受給資格者が提出した失業認定申告書に記載された求職活動の内容を確認するとともに、受給資格者に対し、職業紹介又は職業指導を行うものとされている。

D.受給資格者が病気のために公共職業安定所に出頭することができなかった場合、その期間が継続して20日であるときは、公共職業安定所に出頭することができなかった理由を記載した証明書を提出することによって、失業の認定を受けることはできない。

E.特例受給資格者が失業の認定を受ける場合、認定日に管轄公共職業安定所に出頭し、特例受給資格者失業認定申告書に特例受給資格者証を添えて提出した上で、職業の紹介を求めなければならない。

 

「社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第4問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第7問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第7問 問題

雇用保険制度に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A.一般被保険者の求職者給付は、基本手当、技能習得手当、寄宿手当、傷病手当の4つである。

B.公共職業安定所長が行った失業等給付に関する処分に不服のある者は、当該処分があったことを知った日の翌日から起算して60日以内に、労働保険審査会に対して審査請求をすることができる。

C.労働者が雇用保険法第8条に基づき公共職業安定所長に被保険者となったことの確認の請求をした場合、事業主がそれを理由に労働者を解雇することは禁止されており、当該解雇は無効となるが、事業主に対する罰則はない。

D.雇用保険法における「賃金」とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称のいかんを問わず、労働の対償として事業主が労働者に支払うものをいうが、通貨で支払われるものに限られる。

E.事業主が、雇用安定事業により支給される助成金について、偽りその他不正の行為により支給を受けた場合、政府は、支給した助成金の全部又は一部の返還を命ずるとともに、当該偽りその他不正の行為により支給を受けた助成金の額の2倍に相当する額以下の金額を納付することを命ずることができる。

 

「社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第7問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第6問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第6問 問題

教育訓練給付に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において「教育訓練」とは雇用保険法第60条の2第1項の規定に基づき厚生労働大臣が指定する教育訓練とし、「教育訓練の受講のために支払った費用」とは雇用保険法第60条の2第4項に規定する厚生労働省令で定める範囲内のものとする。

A.教育訓練給付対象者が初めて教育訓練給付金の支給を受ける場合については、当分の間、支給要件期間が1年以上あれば、受給が可能とされている。

B.支給要件期間15年の者が教育訓練の受講のために支払った費用が30万円である場合、受給できる教育訓練給付金の額は6万円である。

C.受講開始時に適用事業Aで一般被保険者として雇用されている者が、その前に適用事業Bで一般被保険者として雇用されていた場合、Bの離職後に基本手当を受給したことがあれば、教育訓練給付金の支給要件期間の算定に当たって、Bにおける雇用期間は通算されない。

D.一般被保険者であった者が教育訓練給付金を受給する場合、当該教育訓練の開始日は、原則として、その直前の一般被保険者でなくなった日から1年以内でなければならない。

E.教育訓練給付金の算定の基礎となる、教育訓練の受講のために支払った費用として認められるのは、入学料及び最大1年分の受講料のみである。

 

「社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第6問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第5問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第5問 問題

就職促進給付に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A.受給資格者が安定した職業に就いた日前3年以内の就職について常用就職支度手当を受給したことがある場合であっても、所定の要件を満たせば、再就職手当を受給することが可能である。

B.受給資格者が基本手当について離職理由に基づく給付制限を受け、その制限の期間内に広域求職活動を開始した場合には、広域求職活動費を受給することはできない。

C.就業手当の額は、現に職業に就いている日について、基本手当の日額に10分の4を乗じて得た額である。

D.再就職手当の額の算定に当たっては、当該受給資格者の本来の基本手当日額ではなく、基準日における年齢に応じて一律に定められた標準基本手当日額が用いられる。

E.特例受給資格者及び日雇受給資格者は、公共職業安定所の紹介した職業に就くために住所を変更する場合であっても、移転費を受給することはできない。

 

「社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第5問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第3問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第3問 問題

基本手当に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A.受給資格者が、当該受給資格に係る離職をした事業主Aのところで雇用される3か月前まで、他の事業主Bに被保険者として雇用されていた場合、Bでの離職により基本手当又は特例一時金の受給資格を得ていたならば、現実にそれらの支給を受けていなくても、Bで被保険者であった期間は、今回の基本手当の算定基礎期間として通算されない。

B.受給資格に係る離職日に満28歳である受給資格者の基本手当の日額は、原則として、その者について計算される賃金日額に、100分の80から100分の60までの範囲で厚生労働省令により定める率を乗じて得た金額である。

C.雇用保険法第22条第2項の「厚生労働省令で定める理由により就職が困難なもの」に該当する受給資格者の場合、その者が当該受給資格に係る離職日において満40歳であれば、算定基礎期間の長さや離職理由にかかわらず、基本手当の所定給付日数は300日となる。

D.受給資格者がその受給期間内に再就職して再び離職した場合に、当該再離職によって高年齢受給資格を取得したときは、前の受給資格に係る受給期間内であっても、その受給資格に係る基本手当の残日数分を受給することはできない。

E.受給資格者が、失業の認定に係る期間中に自己の労働による収入を得た場合、その収入の1日分に相当する額が賃金日額の100分の80に相当する額に達しなければ、当該収入の基礎になった日数分の基本手当の支給に当たり、支給額は減額されない。

 

「社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第3問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第2問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第2問 問題

雇用保険事務に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A.雇用保険の適用を受ける事業所を新たに設置した事業主は、その設置の日の翌日から起算して10日以内に、所定の事項を記載した届書を、事業所の所在地を管轄する公共職業安定所の長に提出しなければならない。

B.事業主は、その雇用する一般被保険者が離職したため雇用保険被保険者資格喪失届を提出するに当たり、当該被保険者が雇用保険被保険者離職票の交付を希望するならば、その者の離職時点における年齢にかかわりなく、雇用保険被保険者離職証明書を添付しなければならない。

C.公共職業安定所長は、雇用保険法第9条の規定により被保険者となったことの確認をした場合、その確認に係る者に雇用保険被保険者証を交付しなければならないが、この被保険者証の交付は、当該被保険者を雇用する事業主を通じて行うことができる。

D.事業主は、その雇用する一般被保険者のうち小学校就学前の子を養育する者に関して所定労働時間の短縮を行っていたときに当該被保険者が離職した場合、その離職理由のいかんにかかわらず、雇用保険被保険者休業・所定労働時間短縮開始時賃金証明書を、当該離職により被保険者でなくなった日の翌日から起算して10日以内に、事業所の所在地を管轄する公共職業安定所の長に提出しなければならない。(一部改正)

E.雇用保険被保険者離職証明書に当該被保険者の賃金額を記載するに当たっては、年2回、6月と12月に業績に応じて支給される賞与は除外しなければならない。

 

「社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第2問 問題と解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第1問 問題と解説

社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第1問 問題

雇用保険の被保険者に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、以下において「一般被保険者」とは高年齢継続被保険者、短期雇用特例被保険者及び日雇労働被保険者を除いた被保険者をいうものとする。

A.同居の親族のみを使用する事業は原則として適用事業から除外されるが、事業主が当該事業に使用される親族の2分の1以上の同意に基づき都道府県労働局長に任意加入の申請を行って認可を受けた場合には、それらの全員が被保険者となる。

B.日本に在住する外国人が、いわゆる常用型の派遣労働者として特定労働者派遣事業者である適用事業に週に40時間雇用されている場合には、外国公務員又は外国の失業補償制度の適用を受けていることが立証された者を除き、国籍(無国籍を含む。)のいかんを問わず被保険者となる。

C.通常の労働者の1週間の所定労働時間が40時間である適用事業で、1週間の所定労働時間を25時間、雇用契約の期間を2年間と定めて雇用された満62歳の労働者は、一般被保険者となることはできない。

D.満30歳の短期雇用特例被保険者が同一の事業主に引き続き6か月以上雇用されるに至った場合、その6か月以上雇用されるに至った日以後は、短期雇用特例被保険者ではなく一般被保険者となる。

E.適用区域外の地域に居住する日雇労働者が、適用区域内にある適用事業に雇用される場合、公共職業安定所長に任意加入の申請をして認可を受ければ、日雇労働被保険者となる。

 

「社労士過去問 平成21年度 雇用保険法 第1問 問題と解説」の続きを読む…

平成24年(2012年) 社労士 選択式 過去問 雇用保険法 回答&解説

平成24年(2012年) 雇用保険法 問題

次の文中の(  )の部分を選択肢の中の最も適切な語句で埋め、完全な文章とせよ。

1.雇用保険法第64条は、「政府は、( A )の就職に必要な能力を開発し、及び向上させるため、能力開発事業として、職業訓練の実施等による( B )の就職の支援に関する法律(平成23年法律第47号)第4条第2項に規定する( C )を行う者に対して、同法第5条の規定による助成を行うこと及び同法第2条に規定する( B )に対して、同法第7条第1項の職業訓練受講給付金を支給することができる。」と規定している。

2.雇用保険法においては、求職者給付たる( D )並びに雇用継続給付たる高年齢雇用継続基本給付金及び( E )に要する費用については、事務の執行に要する経費を除き、国庫負担の規定から除外されている。

選択肢

① 育児休業給付金 ② 介護休業給付金 ③ 求職者
④ 教育訓練給付金 ⑤ 公共職業訓練 ⑥ 高年齢求職者給付金
⑦ 高年齢再就職給付金 ⑧ 雇用調整助成金
⑨ 就職困難者 ⑩ 職業訓練 ⑪ 対象職業訓練
⑫ 特定求職者
⑬ 特定就職困難者 ⑭ 特例一時金 ⑮ 認定職業訓練
⑯ 被保険者 ⑰ 被保険者であつた者及び被保除者
⑱ 被保険者であった者及び被保険者になろうとする者
⑲ 被保険者になろうとする者
⑳ 日雇労働求職者給付金

「平成24年(2012年) 社労士 選択式 過去問 雇用保険法 回答&解説」の続きを読む…

平成25年(2013年) 社労士 選択式 過去問 雇用保険法 回答&解説

平成25年(2013年) 雇用保険法 問題

次の文中の(  )の部分を選択肢の中の最も適切な語句で埋め、完全な文章とせよ。

雇用保険法第42条は、同法第3章第4節において( A )とは、( B )又は( C )以内の期間を定めて雇用される者のいずれかに該当する労働者(前2月の各月において( D )以上同一の事業主の適用事業に雇用された者及び同一の事業主の適用事業に継続して( E )以上雇用された者(雇用保険法第43条第2項の認可を受けた者を除く。)を除く。)をいう旨を規定している。

選択肢

① 2か月 ② 4か月
③ 4か月以内の期間を定めて雇用される者
④ 6か月 ⑤ 7日
⑥ 11 日 ⑦ 13 日
⑧ 15 日 ⑨ 18 日
⑩ 26 日 ⑪ 28 日
⑫ 30 日 ⑬ 31 日
⑭ 31日以上雇用されることが見込まれない者
⑮ 季節的に雇用される者 ⑯ 短期雇用特例被保険者
⑰ 特定受給資格者 ⑱ 特例受給資格者
⑲ 日々雇用される者 ⑳ 日雇労働者

「平成25年(2013年) 社労士 選択式 過去問 雇用保険法 回答&解説」の続きを読む…

社労士過去問 平成22年度 雇用保険法 第7問 問題と解説

社労士過去問 平成22年度 雇用保険法 第7問 問題

雇用保険制度に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A.教育訓練給付に要する費用については、原則として、その8分の1を国庫が負担するものとされている。

B.失業等給付は、求職者給付、教育訓練給付及び雇用継続給付の3つである。

C.過去6か月以内に、雇用する被保険者を特定受給資格者となる理由により離職させた事業主は、その数が一定の基準を超える場合には、いわゆる雇用保険二事業(雇用安定事業及び能力開発事業)の対象から除外され、これらの事業による一切の助成金、奨励金等の支給を受けることができない。

D.高年齢雇用継続給付は、賃金の減少分を補うものであり、賃金に準じる性格を有するので、所得税及び住民税の課税対象とされている。

E.雇用保険法では、教育訓練給付対象者や、未支給の失業等給付の支給を請求する者に関しても、一定の行為について懲役刑又は罰金刑による罰則を設けている。

 

「社労士過去問 平成22年度 雇用保険法 第7問 問題と解説」の続きを読む…