社労士過去問 平成23年度 厚生年金保険法 第6問 問題と解説

平成23年度 厚生年金保険法 第6問 問題

厚生年金保険法の時効に関する次の記述(ただし「厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付に係る時効の特例等に関する法律」が適用される場合を除く。)のうち、誤っているものはどれか。

A.保険料を徴収する権利は、2年を経過したとき、時効により消滅する。

B.保険料以外の、厚生年金保険法の規定による徴収金を徴収する権利は、2年を経過したとき、時効により消滅する。

C.保険給付を受ける権利は、5年を経過したとき、時効により消滅する。

D.年金たる保険給付を受ける権利の時効は、当該年金たる保険給付がその全額につき支給を停止されたときは、中断する。

E.保険料その他、厚生年金保険法の規定による徴収金の納入の告知又は第86条第1項の規定による督促は、民法第153条の催告に関する規定にかかわらず、時効中断の効力を有する。

 

 

 

平成23年度 厚生年金保険法 第6問 解説

A. 〇 正しい

【問】保険料を徴収する権利は、2年を経過したとき、時効により消滅する。

【解説】
厚生年金保険法92条1項
記述の通りです。

保険料を徴収する権利又は還付を受ける権利は2年を経過しとときに、
時効によって消滅します。

 

B. 〇 正しい

【問】保険料以外の、厚生年金保険法の規定による徴収金を徴収する権利は、2年を経過したとき、時効により消滅する。

【解説】
厚生年金保険法92条1項
記述の通りです。

問題文の保険料以外の、厚生年金保険法の規定による徴収金とは、不正利得の
徴収金などが該当します。

 

C. 〇 正しい

【問】保険給付を受ける権利は、5年を経過したとき、時効により消滅する。

【解説】
厚生年金保険法92条1項
記述の通りです。

 

D. × 誤り

【問】年金たる保険給付を受ける権利の時効は、当該年金たる保険給付がその全額につき支給を停止されたときは、中断する。

【解説】
厚生年金保険法92条2項
年金たる保険給付を受ける権利の時効は、年金たる保険給付がその全額につき
支給を停止されたときは、進行しません。

なお、中断するとは、それまで進行してきた時効期間の効力が失われて、
その中断事由が終了した後から新たに時効が進行することを言います。

 

E. 〇 正しい

【問】保険料その他、厚生年金保険法の規定による徴収金の納入の告知又は第86条第1項の規定による督促は、民法第153条の催告に関する規定にかかわらず、時効中断の効力を有する。

【解説】
厚生年金保険法92条3項
記述の通りです。

なお、審査請求及び再審査請求中の時効の中断に関しては、裁判上の請求と
みなされて、時効中断の効力を有します。

 

以上より、正解はとなります。

この問題は、もしかしたら正解肢Dで
迷ったかもしれませんが、

他の肢は、通常の勉強範囲ですから
消去法で、回答は可能だったと思います。

ランキングに参加しています。
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

平成23年(2011年)社労士試験 回答一覧

問題№ 科目 回答 難易度
№1 労働基準法
№2 労働基準法
№3 労働基準法
№4 労働基準法 やや難
№5 労働基準法 普通
№6 労働基準法 普通
№7 労働基準法
№8 労働安全衛生法
№9 労働安全衛生法
№10 労働安全衛生法
№1 労働災害補償法 普通
№2 労働災害補償法 普通
№3 労働災害補償法
№4 労働災害補償法
№5 労働災害補償法
№6 労働災害補償法 やや難
№7 労働災害補償法 普通
№8 労働保険徴収法 CとE 普通
№9 労働保険徴収法 普通
№10 労働保険徴収法 やや難
№1 雇用保険法
№2 雇用保険法
№3 雇用保険法
№4 雇用保険法 普通
№5 雇用保険法 普通
№6 雇用保険法 やや難
№7 雇用保険法
№8 労働保険徴収法
№9 労働保険徴収法
№10 労働保険徴収法 やや難
№1 労働保険一般常識
№2 労働保険一般常識
№3 労働保険一般常識
№4 労働保険一般常識
№5 労働保険一般常識
№6 社会保険一般常識
№7 社会保険一般常識 普通
№8 社会保険一般常識 普通
№9 社会保険一般常識
№10 社会保険一般常識 やや難
№1 健康保険法
№2 健康保険法
№3 健康保険法
№4 健康保険法
№5 健康保険法
№6 健康保険法
№7 健康保険法
№8 健康保険法
№9 健康保険法
№10 健康保険法
№1 厚生年金保険法
№2 厚生年金保険法
№3 厚生年金保険法 普通
№4 厚生年金保険法
№5 厚生年金保険法 B
№6 厚生年金保険法 D 普通
№7 厚生年金保険法
№8 厚生年金保険法
№9 厚生年金保険法
№10 厚生年金保険法
№1 国民年金法
№2 国民年金法 普通
№3 国民年金法
№4 国民年金法
№5 国民年金法 普通
№6 国民年金法 やや難
№7 国民年金法 普通
№8 国民年金法 普通
№9 国民年金法
№10 国民年金法

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す