社労士の過去問をやるコツ!

canvasこれまで、このブログで過去問は大事です
と言うお話をさせていただきましたが、

じゃぁ!その過去問はどのように勉強すれば
いいのでしょうか?

それを本日、お話したいと思います。

 

まず、社労士の過去問は何年ぐらいまで
遡ってやる必要があるか?

わたしとしては、あまり遡っても
しょうがないと思っています。

3年分では、少な過ぎますし、
5年分もちょっと物足りないような気がします。

できれば10年分はやっておきたいところです。

 

では、本題の過去問をどのように解いて行くかですが、

選択式の場合は、ズバリ!回答を暗記して行ってください。
10年分でも、そんなに量はありませんから
完璧に覚え込んでください。

回答を覚えたら、次にその選択式の問題文の中で、
あなた自身がこれ問題に出そうと思う単語や数字を
覚えるようにしてください。

過去問(選択式)文章中の単語を黒く塗りつぶして行くのです。
これも完璧に覚えましょう。

ここまでやれば、選択式の過去問は制覇です。

 

そして択一式の場合は、ある程度問題を覚えるまで、
慣れるまでは、一問一答で解くようにしてください。

過去問自体は5択ですが、肢問を一問と考えて
解くようにしてください。

そして、一問解くごとに、回答と解説を
必ず読むようにしていきましょう。

なぜこのようなことをするかと言うと、
「鉄は熱いうちに打て」です。

問題文がしっかり頭に残っているうちに、
回答と解説を見れば、理解が早まるからです。

5択全部回答し終わってから、解説を読んでも
この肢どんな問題だっけ?とまた問題文を
読み返すことになり、時間的にロスが出てしまいます。

また、5択全部回答して回答や解説を見てしまうと、
迷った肢だけに、集中してしまい
他の肢がおろそかになってしまう恐れがあるからです。

解説を読んでも、理解に苦しむ箇所は、
テキストなどに帰って理解するようにしてください。

ただ、ある程度問題を覚えてきたら、
5択まとめて解いた方が、時間的に効率が上がります。

 

何回過去問をやればいいですか?

わたしの場合は、過去問を何度もやらなくて済むように
ある工夫をしましたので、何回やれば大丈夫と言うような
ことは言えませんが、

過去問は受験日前日まで、回せるだけ回してください。

もう過去問は満点だからいいと思わず、
時間を見つけて、やり続けることが大事です。

もう過去問は飽きた、これもダメです。

 

過去問に限らず、社労士の受験生が失敗することは、
「継続」です。

もうできるから、
もう覚えたから次をやる。

次をやっても構わないのですが、
次以降、過去問をやらないようになるのです。

やらなければ、当然忘れます。

忘却の防止は、繰返し暗記することです。
覚えても覚えても、繰返しやることなのです。

この繰返しを怠らないようにしてください。

 

一度覚えてしまったことは、そう易々とは
忘れはしませんが、定期的に記憶の確認は必要です。

本試験になって、あー忘れたでは、
もったいないですからね^^

 

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
記事に共感していただけたら
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す