社労士を勉強する量にビビった w( ▼o▼ )w

canvas社労士の受験を決めて、教材を申し込んだら
そのあまりの量に驚いた!ビビった!

w( ▼o▼ )w

そんな方々の声が届いています。

 

 

わたしの場合は、独学でしたので
テキスト類は、1冊づつ購入していたため
このような驚きはなかったのですが、

確かに、一気に届くとビビりますよね^^

それに今は、CDやDVDなども付いている
講座もありますから、余計だと思います。

ビビる気持ちはわかりますが、
でもそこで引いていては、先に全く進めませんよ。

この量の教材を1日2日で、やると言うわけではありませんから、

日々継続して積み上げて行くだけです。

しかし、残念ながら、この量に圧倒されて、
それまでのやる気が吹っ飛ぶ方も多くいます。

残ったのは、教材のローンのみ
これでは、あまりにも悲し過ぎます。

 

社労士に限らず、他の難関資格と言われる
資格に挑戦しようとする場合、

その資格が難関になるに比例して、
勉強する量が増えるのが、当たり前ですから

量にビビっていては、難関と言われる資格に
挑戦すること事態、間違っているのです。

先日書きました、過去問の勉強のやり方の中で
10年分ぐらいの選択式の解答は全て、暗記しましょうと書きましたが、

そんなに覚えられなーい??
と言う方がいらっしゃいました。

その方には申し訳ないですが、
やって見て、覚えられなかったと言うのなら
アドバイスも可能ですが、

ただ量だけを見て、これは無理となっては、
じゃぁ、ヤメテおいたら としか言いようがありません。

決してわたしは、無茶な量を暗記してとは言っていません。
こんなバカな高卒のわたしにできたのですから、
あなたできないはずがない、と思って言っているのです。

 

社労士は膨大な量の勉強をして、
膨大な量の暗記をしなくては、
合格できない試験だと言うことを、
理解していただきたいのです。

量にビビっている暇はありませんよ。

マイナス思考はやめて
どーんと来い!やってやる!
こんな感じで、プラス思考に切り替えて行ってください。

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

 

ランキングに参加しています。
記事に共感していただけたら
クリックを、できたらお願いします m(._.)m
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

詳細は画像をクリック (広告)

コメントを残す